国 加糖な国民の生活

  • 頁名: 日誌/進捗/平成30年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 普通
  • 状態: 調査、鑑査中
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2018-09-17 (月) 11:51:36
  • 段階、参照:

趣旨

 現状における先進国の多くが、「加糖な生活と成っており、その誘導(背景)にも、宗教や思想が有る」と、判断。

 よって、『(一)憲法に照らせば、精神病質性が高い、『宗教、思想』(組織外の人員を、堕落させ、排他する攻撃性)の正当防衛的な排除と、(ニ)国民による健康の維持』を、促進する戦略』を、必要とする。

定義
 本件の課題では、本節の定義を、設定する。
著作物
 本件の課題において、紹介される著作物、資料の詳細。
医師が教える食事術
 牧田 善二 著 ダイヤモンド社 平成29(皇紀 2677;2017)年12月15日 第10刷発行

関連する課題

簡易的な調査(人の健康に関する学習を、兼ねる)

 現状における、一般的な家庭(単身者を含む)における食生活の事情を把握する。

補足
 実は、既に『健康増進法』の設置を、国民の一人と言う観点から、国家に促す事を行っている。
解説
 『自殺対策基本法』の設置における第二段階で、「民が、心身共に、健康を維持する環境を作る事」が、目的と成る。僕的には、「主に、『精神を害された(または、『(A)精神病質、(B)知的障害』等の)者が、犯罪に着手する状況を抑制する事』を焦点に、心情の健康を、促進する事」を基礎に、国家へと求めていた。
追記
 「自殺を防止する環境が有っても、『自殺を行わない代わりに、他者を殺傷する輩が(a)居たり、(b)増えたりする』との環境では、意味が無い」ので、その制御を行う法規と言う形式で、設置を求めている。また、「全国民規模での糖尿病が、十年以上も前から懸念されており、それの警戒を兼ねての要望と成っていた。

平成30(皇紀 2678;2018)年09月21日 現在

 近年に市販された書籍でも、『(甲)糖質の過剰な摂取、(乙)気分的な関係、(丙)病気との繋がり』(特に、糖質の過剰な摂取による中毒性)に付いて、明記されている事を、確認。

(乙)気分的な関係
 特に、気分が、昂揚(こうよう)する等の観点は、「覚醒剤など、違法な薬物によって『気分の向上を図る状態』と、類似する心情(快感)に陥るであろう事が、医学的にも(だいぶ前に)解明されていた」と、判断。
参照
 医師が教える食事術 32頁 『現代人の多くが、実は、糖質中毒である』
補足
 僕が学生の時に、食費を節約する等*1の関係から、「清涼飲料水で、『(A)空腹、(B)気分』を満たす事は、日常的に有った」ので、本節の著書が記す事情に付いては、「身をもって知る」に至っている。
追記
 また、その実体験や、『(C)遺伝的な脅威(きょうい)*2』や、世間的な事情でも、世代的に『(D)成人病、(E)中年太り』等への注意が、促されている。
僕による問題への着手は、だいぶ前から
 僕が、糖質の摂取に関する件に着手を行ったのは、「十年ぐらい前から」で、既に国家(機関)側へも指摘を行っており、「国民による、自衛的な健康の維持を促進する事を、公的な機関が補助する事」を求めていた。
参照
 自由な研究/万学 2 - No.210 国民の健康診断を義務化する 等
+  余談 附子(ぶす)

平成30(皇紀 2678;2018)年09月22日 現在

 現状での本邦では、加糖な飲食物を生産する大企業は、意外にも限られている。

 また、その背景に有る西洋的な思想(宗教)など、「宗教的な戒め」も有り、それによって利益を得ている事も、解る。

参考
 医師が教える食事術 45頁 『あなたを蝕む清涼飲料水という悪魔』、47頁 『低所得層ほど糖質に走る理由』
+  余談 古くから西洋でも、甘味に付いての警戒を、おとぎ話(映画)等を介する形式で、広く一般に伝えている。

清涼飲料水の企業

 本邦では、菓子、清涼飲料水の大企業が複数有り、その運営には、常に西洋的な思想との連帯性が、見られる。

+  補足 清涼飲料水における事情

菓子の企業

 本邦の文化的歴史では、古来から「(甲)化学的合成による甘味よりも、(乙)自然的な甘味が用いられ、(丙)比較的に高価な物と、成っていた」ので、庶民が口にする機会も、あまり無かった。

自然の甘味
 主に、『(あ)果実、(い)(いも)類、(う)穀物の加工』が主流で、それらの糖質が、『(え)酒』にと加工される傾向に有る。(お)蜂蜜(はちみつ)に付いては、あまり聞かないが、『蜂の子を食べる習慣』は、地方によって有るとの事。
昔の女性は、芋が好き
 女性は、『(イ)芋、(ロ)(くり)、(ロ)南瓜(かぼちゃ)』が、好きだと言われており、落語(まくら)でも説明される事が、有る。
+  余談 グリコ・森永事件(Wikipedia

本邦の『(A)国家、(B)医師会』は、「これ迄に、なぜ、国民に注意を、促さなかったのか」が、問われる

 僕が過去に、『健康の推進を求めた時(万学 2 No.210)』には、「献血(血抜き)の装置と、同等か、それ以上に、透析の環境が展開され、その医療費が膨大に求められる事」を、父親から事情を聞いて、把握。

 政府側では、『生活習慣病』等と定義する傾向に有ったが、実質的には、政府が提供する生活環境下での事で、「菓子、清涼飲料水の大企業と、連帯性の有る政治的組織や、人間的繋がりにより、抑制されなかった」とも、想える。

平成30(皇紀 2678;2018)年09月29日 現在

糖質の中毒は、薬物による中毒と、同等

 糖質の中毒性は、『刑務所の事情』からも、解る通りで、その外に、前出の『医師が教える食事術』にも、記載されている。

補足
 過去の課題で、『薬物中毒者への教育』、『刑務所の運営』の調査時に、法務省 矯正局から、色々な事情を、確認。
薬物中毒者への教育
 『薬物の乱用から、更生する為の教育』に付いて、その確認を行っている時に、甘味糖質とは、異なる観点)に付いて、意見を行った事が、有る。
解説
 当時の僕は、『甘味を、(異常に)求める心理の説明』を、法務省に行っていた。また、「糖質との繋がり」は、然程に無く、代わりに、糖尿病との関連性を、健康の観点(『全国民へ、心身共に健康を維持させる課題』にも、繋がっている)で、結び付けていた。
追記
 とある死刑囚に付いては、その犯行における実態が、判決後も、世間的に問題視されており、『無罪の可能性』(推定無罪:Wikipedia)を、報道や雑誌社を介する形式で、大衆の意識が、誘導(操作)されていた(『判決が、推定的な無罪に、成らなかった事』を、疑問視させる工作が、展開:と、僕の経世済民的な活動では、判断;司法側の『仕込み(工作性)』を疑う*4にも、至っている)。また、後に「その死刑囚は、糖尿病が、発症するに至っている」との情報も有り、「医療費の負担を、誰が、支払うのか」と言う観点から、僕的に『保釈(ほしゃく)』を、勧めた。現在、『死刑囚で有りながらも、異例の保釈』と成っている。つまり、その案件でも、糖尿病(糖質による影響)が、関係する。

平成30(皇紀 2678;2018)年10月03日

人が、甘味を感じる仕組み

 現在では、「あらゆる分野で、科学的に研究されている」と、想われる。

 また、本来ならば、『(A)過剰な糖質への欲求、(B)甘味の依存症』を生じさせない、代替的な物質を、研究(開発)する事も、求められるが、それに着手を行っている企業の存在は、未だ(僕的に)不明。

+  参考 動画(YouTube) jstscience channel

本邦の食文化(調理の文化)

 主にが、重要視されている。

+  参考 動画(YouTube) jstscience channel福井県観光連盟

 また、甘煮(あまに)甘露煮(かんろに)Wikipedia)等と言う調理の方法も、有る。

 更に、薬膳(Wikipedia)の料理も、有る。

+  参考 動画(YouTube) 薬膳キッチンCloverOne

国内の傾向

加糖な生活の事情環境

 本邦に限らず、先進国で見られる現象に、「民に、砂糖を与える」と言う戦略を展開する、思想、及び宗教が有る事を把握するに至っている。

 本邦だと、「敵に、塩を送る」と言う、戒めの言葉も有るが、戦略的には、その逆を行っており、「相手に気付かれないように、数十年を費やす形式(戦略)で、殺傷する攻撃」と、成る。

脅威と成っている、思想、及び宗教
 Freemasonry(フリーメイソンリィ)、及び配下の Slave(スレーブ)*5宗教、日本共産党(に付いては、『国 日本共産党に、解散の請求 - 日誌/進捗/平成30年度/109』を、参照)と、成る。
解説
 主に、「人の欲望に対する戒め」が、目的と判断。
僕の一般人的な、単独の経世済民的研究の課題で、解った事
 十年以上も前に、『刑事の発生が、無い街造り』の課題へと取り組んだ時*6、刑務所に付いても調べおり(刑務所の構造や、更生の事情*7、死刑の制度を国民に理解させる等)、二つの非常に危険な仕組みが、既に刑務所へ導入されている事を把握、『その一つが、甘味欲』と、成る。
刑務所と、甘味欲の関係
 「刑務所に入ると、甘い物が、無性に食べたく成る」と、その体験を行った者、その関係者、他者等から聞いている。また、その事情に付いては、「映画(『刑務所の中』等)でも、間接的に伝えられている」と、把握するにも至っている。
参照されたい課題
 国 刑務所の運用 - 日誌/進捗/平成30年度/149

報道

平成31(皇紀 2679;2019)年04月11日 現在

世界的な事情

 糖尿病問題は、世界的規模で、生じている。

令和元(皇紀 2679;2019)年06月26日 現在

 日本貿易振興機構(JETRO:Wikipedia)でも、『健康に、関連する貿易で、糖尿病が、焦点と、成っている産業も、有る事』に、触れている。

  • 補足
    • රී ලංකා ප්‍රජාතාන්ත්‍රික සමාජවාදී ජනරජය(スリランカ民主社会主義共和国)外務省Wikipedia
      • 平成28(皇紀 2676;2016)年08月、政府によって、『 Sugar Labeling(シュガー ラベリング) 制度』の導入が、行われた事も、紹介されている。
    • Republika ng Pilipinas(フィリピン共和国)外務省Wikipedia
      • 糖尿病において、適切な治療を、受けず、足を、切断する事例と、それに、伴う、義足の産業が、紹介されている。
+  YouTube

報道

令和元(皇紀 2679;2019)年10月13日 現在

関連する法規

日本国 憲法(電子的政府

前文

 日本国民は、正当に選挙された国会における代表者を通じて行動し、われらとわれらの子孫のために、諸国民との協和による成果と、わが国全土にわたつて自由のもたらす恵沢を確保し、政府の行為によつて再び戦争の惨禍が起ることのないやうにすることを決意し、ここに主権が国民に存することを宣言し、この憲法を確定する。そもそも国政は、国民の厳粛な信託によるものであつて、その権威は国民に由来し、その権力は国民の代表者がこれを行使し、その福利は国民がこれを享受する。これは人類普遍の原理であり、この憲法は、かかる原理に基くものである。われらは、これに反する一切の憲法、法令及び詔勅を排除する。

 日本国民は、恒久の平和を念願し、人間相互の関係を支配する崇高な理想を深く自覚するのであつて、平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した。われらは、平和を維持し、専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去しようと努めてゐる国際社会において、名誉ある地位を占めたいと思ふ。われらは、全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免かれ、平和のうちに生存する権利を有することを確認する。

 われらは、いづれの国家も、自国のことのみに専念して他国を無視してはならないのであつて、政治道徳の法則は、普遍的なものであり、この法則に従ふことは、自国の主権を維持し、他国と対等関係に立たうとする各国の責務であると信ずる。

 日本国民は、国家の名誉にかけ、全力をあげてこの崇高な理想と目的を達成することを誓ふ。

第二十五条

 すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。

二項
 国は、すべての生活部面について、社会福祉、社会保障及び公衆衛生の向上及び増進に努めなければならない。

健康増進法(電子的政府

平成二十九年五月三十一日公布(平成二十九年法律第四十一号)改正

第一条(目的)

 この法律は、我が国における急速な高齢化の進展及び疾病構造の変化に伴い、国民の健康の増進の重要性が著しく増大していることにかんがみ、国民の健康の増進の総合的な推進に関し基本的な事項を定めるとともに、国民の栄養の改善その他の国民の健康の増進を図るための措置を講じ、もって国民保健の向上を図ることを目的とする。

第二条(国民の責務)

 国民は、健康な生活習慣の重要性に対する関心と理解を深め、生涯にわたって、自らの健康状態を自覚するとともに、健康の増進に努めなければならない。

第三条(国及び地方公共団体の責務)

 国及び地方公共団体は、教育活動及び広報活動を通じた健康の増進に関する正しい知識の普及、健康の増進に関する情報の収集、整理、分析及び提供並びに研究の推進並びに健康の増進に係る人材の養成及び資質の向上を図るとともに、健康増進事業実施者その他の関係者に対し、必要な技術的援助を与えることに努めなければならない。

第四条(健康増進事業実施者の責務)

 健康増進事業実施者は、健康教育、健康相談その他国民の健康の増進のために必要な事業(以下「健康増進事業」という。)を積極的に推進するよう努めなければならない。

第五条(関係者の協力)

 国、都道府県、市町村(特別区を含む。以下同じ。)、健康増進事業実施者、医療機関その他の関係者は、国民の健康の増進の総合的な推進を図るため、相互に連携を図りながら協力するよう努めなければならない。

第六条(定義)

 この法律において「健康増進事業実施者」とは、次に掲げる者をいう。

一号
 健康保険法(大正十一年法律第七十号)の規定により健康増進事業を行う全国健康保険協会、健康保険組合又は健康保険組合連合会
二号
 船員保険法(昭和十四年法律第七十三号)の規定により健康増進事業を行う全国健康保険協会
三号
 国民健康保険法(昭和三十三年法律第百九十二号)の規定により健康増進事業を行う市町村、国民健康保険組合又は国民健康保険団体連合会
四号
 国家公務員共済組合法(昭和三十三年法律第百二十八号)の規定により健康増進事業を行う国家公務員共済組合又は国家公務員共済組合連合会
五号
 地方公務員等共済組合法(昭和三十七年法律第百五十二号)の規定により健康増進事業を行う地方公務員共済組合又は全国市町村職員共済組合連合会
六号
 私立学校教職員共済法(昭和二十八年法律第二百四十五号)の規定により健康増進事業を行う日本私立学校振興・共済事業団
七号
 学校保健安全法(昭和三十三年法律第五十六号)の規定により健康増進事業を行う者
八号
 母子保健法(昭和四十年法律第百四十一号)の規定により健康増進事業を行う市町村
九号
 労働安全衛生法(昭和四十七年法律第五十七号)の規定により健康増進事業を行う事業者
十号
 高齢者の医療の確保に関する法律(昭和五十七年法律第八十号)の規定により健康増進事業を行う全国健康保険協会、健康保険組合、市町村、国民健康保険組合、共済組合、日本私立学校振興・共済事業団又は後期高齢者医療広域連合
十一号
 介護保険法(平成九年法律第百二十三号)の規定により健康増進事業を行う市町村
十二号
 この法律の規定により健康増進事業を行う市町村
十三号
 その他健康増進事業を行う者であって、政令で定めるもの

第七条(基本方針)

 厚生労働大臣は、国民の健康の増進の総合的な推進を図るための基本的な方針(以下「基本方針」という。)を定めるものとする。

二項
 基本方針は、次に掲げる事項について定めるものとする。
一号
 国民の健康の増進の推進に関する基本的な方向
二号
 国民の健康の増進の目標に関する事項
三号
 次条第一項の都道府県健康増進計画及び同条第二項の市町村健康増進計画の策定に関する基本的な事項
四号
 第十条第一項の国民健康・栄養調査その他の健康の増進に関する調査及び研究に関する基本的な事項
五号
 健康増進事業実施者間における連携及び協力に関する基本的な事項
六号
 食生活、運動、休養、飲酒、喫煙、歯の健康の保持その他の生活習慣に関する正しい知識の普及に関する事項 七 その他国民の健康の増進の推進に関する重要事項
三項
 厚生労働大臣は、基本方針を定め、又はこれを変更しようとするときは、あらかじめ、関係行政機関の長に協議するものとする。
四項
 厚生労働大臣は、基本方針を定め、又はこれを変更したときは、遅滞なく、これを公表するものとする。

第八条(都道府県健康増進計画等)

 都道府県は、基本方針を勘案して、当該都道府県の住民の健康の増進の推進に関する施策についての基本的な計画(以下「都道府県健康増進計画」という。)を定めるものとする。

二項
 市町村は、基本方針及び都道府県健康増進計画を勘案して、当該市町村の住民の健康の増進の推進に関する施策についての計画(以下「市町村健康増進計画」という。)を定めるよう努めるものとする。
三項
 国は、都道府県健康増進計画又は市町村健康増進計画に基づいて住民の健康増進のために必要な事業を行う都道府県又は市町村に対し、予算の範囲内において、当該事業に要する費用の一部を補助することができる。

*1 僕の学生的生活は、一般人よりもかなり長い:短大を卒業後、通信教育制の大学にも在籍:外に、大学で主催されている講座、公開無料講座の受講も有る。
*2 「父親が他界する数年前から、糖尿病に付いて、聞かされていた」等。
*3 僕の記憶だと、小学校の高学年だった頃。
*4 法学部に在籍中、『本節における事件の事実性』が、学習会の講義で話題に成っており、外に『名張毒ぶどう酒事件(Wikipedia)』、『エホバの証人輸血拒否事件(Wikipedia)』も、有った。
*5 Freemasonry の構成員が、居る。
*6 東京都 八王子市 在住中:当時には、『(A)覚醒剤の乱用者、(B)重悪な事件の発生』が、多発する自治体に住んでいた。大学の数も異常に多く、各大学に法学部も在った割に、自治性が異常に低く、法学部での学習を止めて、単独の研究により取り組んだ。(甲)重悪的犯罪における公訴時効的消滅の撤廃、(乙)犯罪者情報に対する報奨金制度の(再:「嘗ては、有った」ので、それを基礎に)導入、(丙)死刑に対する国民への理解を広める』等にも着手。;大学で研究を行わなくても、それぐらいの(経世済民的な)事は、日本国の民ならば、一般人でも行える事の立証を兼ねていた。:故に、国立大学を公務から除外する事も、国家へと求めつつ、後に、国立大学法人化に成功。それらは、僕の経世済民的な戦略論(つまり、戦略:仕掛け)に基づいて、展開されつつ、実っている。:同時期に、大規模災害の対策にも着手、大型避難訓練を東京都、次いで八王子市へと求めた事も有り、更なる序でに、『住所不定者の処理』にも着手、生活保護制度の活性化、並びに就労支援活性化も着手。それらの類から、各省庁の公務員には、色々を協力を得ている。その流れから、国民の『自殺の防止、健康の促進』へと、繋がっている。なお、僕の『経世済民的な戦略』における基を辿れば、「現行の日本国憲法に繋がっている事も、解る」のであり、僕が人と言う立場で、何か特別な事を行っている訳でもなく、「只単に、国民の一人と言う立場から、日本国 憲法に添う生活の追求と、その戦略で、世間に挑んでいるだけ」の事。
*7 『再犯率(精神病質性)が、高い人格』の問題などを、含む。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-10-13 (日) 14:46:03 (36d)