国 津波(つなみ)波浪(はろう)高さにおける認識

  • 頁名: 日誌/進捗/平成30年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 普通
  • 状態: 調査、鑑査中
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2018-10-10 (水) 00:23:21
  • 段階、参照:

趣旨

 『(甲)国家、(乙)各地方、(丙)市町村』の各機関(関連する機関を、含む)は、「津波波浪に付いて、『認識を、間違っている事』が、有る」のかと、想われる。

 よって、『(一)国(内閣府)』から、『(ニ)各種の機関(地方、市町村の自治体、及び関連する機関)』へ、適切な指導が、行われるように、求める。

 なお、本邦の国土は、「(あ)海に囲まれており、(い)場所によっては、地上高よりも、海底の方が、深く成っている地形」に、注意(警戒)が、求められる。

簡易的な調査

平成30(皇紀 2678;2018)年10月10日

Internet

簡易的な確認(一例を、得る為の確認)

文面の作成

立川市役所からの返答

結果

平成31(皇紀 2679;2019)年03月20日

 立川市役所では、「津波による被害は、想定されてない」との事。

 つまり、「『河川の逆流』等による、危機感は、抱いて、無い」と、想える。

+  YouTube

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-03-20 (水) 22:32:37 (434d)