学習 Internet を介する事業の把握

  • 頁名: 日誌/進捗/平成30年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 普通
  • 状態: 調査、鑑査中
  • 種別: 事業部
  • 投稿日: 2018-10-28 (日) 23:37:39
  • 段階、参照:

趣旨

 既に、色々な学習を行っているが、運営に付いてを、仮想的に体験する。

簡易的な調査

業務の流れや仕組みを、把握する

事業体の設置

調査(学習を兼ねる)の開始
 平成30(皇紀 2678;2018)年11月01日
  1. 開発
    1. 人が集まる環境を作る
      1. 人が利用を行う事を、欲する物を設置
      2. 利用者の間で、自然的な交流を深める環境を維持する
  2. 収益源
    1. 広告の設置
      1. 広告の依頼を受ける。
    2. 利用者から、利用料を回収する。
      1. 可能な限り、無料で提供を行いつつ、必要に応じて、出資的に回収を行う。
    3. 他業種との合同
      1. 他の事業体との協同で、事業を開発する。
  3. 人材の管理
    1. 開発者
      1. 利用物の開発
    2. 保守者
      1. 一般的に、仕組みの保守は、開発者が兼ねるが、利用者の影響による制御は、別の単調者を設置する。(例えば、掲示板への書き込みを、削除する役割など)
    3. 管理
      1. 利用物の保守
    4. 人材の教育
      1. 初めから優秀な人材を雇用する時は、その人材が離職する可能性を、予めに考慮する。逆に、派遣の人材など『使い捨て人材』*1を用いて、一時的な業務の効率性を上げる事が、可能。
      2. 能力の無い人材を雇い、育てる事で、『育ての親的な関係を形成』する。それによって、離職の可能性を減少させる。仮に、人材の離職が生じても、その者が得た能力は、『当企業による教育』と、成る*2
  4. 商品の分類 - (事業体の『本体、付属』に分けての運用)
    1. 検索
    2. 情報の配信
    3. 意見の掲示板
    4. Website の運用
    5. 掲示板
    6. 対話式の掲示板( Chat )
    7. Podcast
    8. 動画
    9. 情報の共有 - 写真、動画、資料など
  5. 株式と、事業体の合併、分離
    1. 基礎となる事業体
      1. 他社(他者)の事業体を、買収する事が、可能。
      2. 基礎と成る事業体は、他社(他者)に買収される危険性が、有る。
    2. 付属的な配下の事業体
      1. 配下の事業体は、『分離させる事』(売却)が、可能。

*1 主に、事業的な戦略で用いられ、軍事で言う『傭兵(ようへい)』に、該当する。
*2 教育が優れている企業での職歴は、転職時に有利と成る事も有る。逆に、『教育の方針における違い』から、避けられる事も、生じる。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-12-10 (月) 03:51:56 (535d)