国 創価学会に対する鑑査の請求

  • 頁名: 日誌/進捗/平成30年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 重要
  • 状態: 調査、鑑査中
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2018-01-19 (金) 03:24:23
  • 段階、参照:

趣旨

 地方において、成人式を荒らす者や、暴走族、不良な集団などを形成する人材に付いて、創価学会に所属する家庭が有る事を、何件かの事例で把握するに至っている。

補足
 正確には、僕が少年期の頃から把握するに至っており、近年だと在日外国人が加害者と成っている事例も有る事を確認するに至っている。

 それらの事例から、改まりが有るのかと長期に観察を行っているが、その気配を感じられず、「新たに在日外国人の子孫などを含めて、凶暴化するに至っている」と、判断するに至っている。

 よって、公安上の問題からも、監査を行う必要性が有るのかと、日本国の民、その一人と言う立場で、判断するに至る。

 なお、外に複数の宗教を観察する。

関する、課題

観察の判断

一般的な観察

 日常における生活からの観点で、観察を行う。

平成30(皇紀 2678;2018)年07月08日

 『暗示的に刷り込まれている似非な正義感』に伴う、反射的反応を、長年に調査。

暗示的に刷り込まれている似非な正義感
 長年の観察から、日本共産主義(日本共産党員)とも、同じ反応を示す事が、長年に疑問だっが、外に、Jehovah's Witnesses 等とも、同じ反応を示す事が解り、Freemasonry の支援等を疑うにも至っている。
補足
 後に、中華人民共和国の共産党との連対性が有った事も解りつつ、「それは、自民党の真似を行いつつ、過剰な結びつきを得た」と判断。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-12-10 (月) 03:51:56 (541d)