立川市役所 北方の領土に関する看板は、誰が設置を行ったのか

  • 頁名: 日誌/進捗/平成30年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 普通
  • 状態: 完了、終了
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2018-02-25 (日) 23:34:51
  • 段階、参照: 再調査(追求)

趣旨

 自由な研究/鑑査/立川市・立広聴・平成29(皇紀 2677;2017)年度・第566号において、「市役所は、看板の設置を行ってない。」との趣旨で返答が有った。

 そう成ると、『(あ)誰が設置を行ったのか、(い)複数、設置されているのか。』との疑問が生じる。

 よって、再確認を行う。

関する、課題

再確認

文面の作成

立川市役所からの返答

補足

 本件の問合せを行った当時における、立川市役所の人事は、『立川市役所 平成29(皇紀 2677;2017)年11月01日現在の人事(日誌/進捗/平成30年度/15)』の通り。

  • 追記
    • 平成30(2678;2018)年03月24日

簡易的な追求(調査)

 立川市役所からの返答では、「独立行政法人 北方領土問題対策協会によって設置されている」との返答が有った。

 よって、独立行政法人 北方領土問題対策協会に付いてを、簡易的に調べる。

調査

 Internet上にて公開されている情報は、以下の通り。

結果

 (A)莫大な予算が費やされており、(B)主に貸付金業務などを行っているようだが、(C)特定の思想(主に、Freemasonry(フリーメイソン)Χριστιανισμός(キリスト教)系)に基づく、企業との連帯性が多く見られる。

補足
 北海道における開拓には、映画などでは、『本土からの移民』を刷り込む展開が試みられていると判断するが、実質的に、Χριστιανισμός を前衛とする、Freemasonry による開拓(在日外国人を労働者に使う、企業も有ったとも想える)が行われたと判断。その名残は、人の名前など、色々な部分で確認を行える。

 その観点から想えば、「税金を合法的に、優位な展開で、利己的(特定の企業が、利益を得る目的で)に使っている」とも判断するに至っている。
拓殖銀行、及び拓殖大学
 Χριστιανισμός では、あからさまな思想の展開を工作する学校と言う意味で、公に成っているが、Freemasonry 系の工作的学校には、俗に言う六大学を筆頭に、各種が有り、初期の前衛に、Χριστιανισμός 系、後に仏教系(実施的には、似非部な仏教と判断*1)の学校を、前衛に展開を行っているとも判断。

 その Freemasonry 系大学に、拓殖大学が含まれつつ、拓殖銀行も Freemasonry と判断するに至っている。
開拓の要素(目的:利益の回収)が無くなれば
 「自然的に、運営が成り立たない状態に陥り、破綻するが、それを『自然的な流れ』と受け止める傾向が有る」とも判断。
僕の判断
 既に、Freemasonry による開拓の活動は、『(A)भारत गणराज्य(インド)、(B)Āfrica(アフリカ)、(C)中東の地域』に移っており、本邦では、日系の保守派*2が、仕切っているが、汚点の責任を課せられている自覚が無いのかとも想え、捨て駒的に使われている*3とも判断するに至っている。
結論的には、
 Freemasonry の御都合団体と判断。

 それの全てが悪いとも言えないが、国交や治安の事情に付いては、露西亜との間で矛盾を見せるが、中華人民共和国、朝鮮半島との工作的事情よりは、好いのかと想われる。
留意
 露西亜は、オウム真理教の侵入を許すに至っていた時期も、過去に有るが、後に一斉の取締が行われている。また、武器などの密輸入が行われており、北海道警察では、他県警では、「交通違反取締における半強制的に与えられた基準量が有るのと同じく、拳銃など武器の密輸入、所持の摘発に、半強制的に与えられた基準量が有る」と、雑誌で指摘されていた時期も有る。
第二次世界大戦後の露西亜
 「(一)民が、資本的な観点からの向上を図れず、(ニ)不経済が続いた傾向にあり、(三)露西亜人側が、積極的に密輸入に参加する等の事情が有った(旧 Союз Советских Социалистических Республик(ソビエト 社会主義 共和国 連邦) の国民における倫理性の低下が見られた)」との状態に有る。

 その実態に付いては、『ベレンコ中尉亡命事件』で公にされているのが通説である。

 近年では、Русская Православная Церковь(露西亜正教)等の宗教も、改めて公認されつつ、それによって社会的治安の維持を試みている傾向に有るのかと想われつつも、徐々に改善されているとも想える。

 また、現状の露西亜と、本邦の民間企業における貿易や、営利的産業の関係では、健全な外交が進んでいる。

 嘗て*4は、Сахалин-2(サハリン2)の計画が有り、それに日系 Freemasonry 系の企業が参加するも、破綻するに至ったとの認識が有る。

 最近では、「露西亜の現行大統領が、Freemasonry との対立を公言」との話題も、雑誌で見かけているが、「それ以後の観察では、過剰に対立を行っている状態(人体的医学で言う、Allergie(アレルギー) の如くな症状で、僕的に、『政治的、思想的な Allergie 』と呼称する事が有る)も見られず、本邦の自動車産業とも友好(有益)な関係を維持するに至っているとも判断。
Freemasonry の戦略
 「現行の露西亜と本邦が、政治的対立を続けていると、一般的に想わせつつも、同胞の優位性を保持する、情報の工作が展開されていた」とも想えるが、それによって、ある程度の治安が維持されていた」とも、僕の経済的観点だと想える。
もっと解り易く表現するならば
 似非な右翼であれ、一般人であれ、情報に操作されていた、『国民と言うよりも、Freemasonry に飼いならされた牧民の愚かさ』を、恥じる必要が有ると判断。

 似非な右翼の活動に付いては、在日外国人を含む、指定暴力団の一種と分類されるが、『(1) القاعدة(アルカイダ))、(2)オウム真理教、(3)法輪功(ルビ)』を影で支え、現行の政府への Resistance(レジスタンス)活動へと誘導させる戦略に、陥る民(本邦の事情に限らない)も愚かと想える(つまり、「結果的には、Freemasonry による利益の為に、活動を行っているのに、その自覚が無い」と想える)。

 よって、「 Freemasonry による戦略的展開の全てが悪いとも言えず、公害の問題*5などを含め、悪い部分だけの指摘をする事が、僕的に有るが、『その高度な戦略性に、負けた方も悪い』と思う外に無い状態なども現状であって、最近の僕は、『第三の選択』を定義する事で、競合的対立を試みている」のが、僕の経世済民的活動であって、その中に、行政に対する鑑査の活動も含まれる。

再々的な調査

 結果的に、新たな疑問が、複数に生じているので、改めて確認を行う。

関する、法規

日本国 憲法(電子的政府)

前文 第二段落目

 日本国民は、恒久の平和を念願し、人間相互の関係を支配する崇高な理想を深く自覚するのであつて、平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した。われらは、平和を維持し、専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去しようと努めてゐる国際社会において、名誉ある地位を占めたいと思ふ。われらは、全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免かれ、平和のうちに生存する権利を有することを確認する。

独立行政法人北方領土問題対策協会法(電子的政府)


*1 仏教に限らず、何だかの宗教を基礎に派生させ、主たる活動の内容は、僕民化、及び:憲法の前文、第二段落目の趣旨に反する事から、違憲と判断できる。
*2 然程に、開拓の能力を必要とされない人材:一部は、大韓民国、台湾、上海などへと、工作の活動に着手を行った者が居るとも判断
*3 まるで、泥舟へと、故意に乗せたかの如く
*4 僕が、埼玉大学 経済短期大学部の学生だった頃
*5 現状において、本邦では、中華人民共和国からの大気的汚染問題が、報道の機関を介する形式で公にされているが、日本国や大韓民国など、中華人民共和国の外と成る企業も、公害を発生させている:嘗ては、森林の過剰な伐採の件で、国際的に本邦が、避難されていた事も有る。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-12-10 (月) 03:51:57 (535d)