国 地方自治体における経済的研究の活性化

  • 頁名: 日誌/進捗/平成30年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 普通
  • 状態: 調査、鑑査中
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2018-03-02 (金) 09:34:47
  • 段階、参照:

趣旨

 既に、特別区(特区)の設置なら有るが、各地方、及び市町村の自治単位での経済的研究に付いては、不十分と想える。

 特に、『(あ)大学が在る自治体と、(い)無い自治体』では、有利性に差が有ると想われる。

 よって、「まず国から地方自治体、及び市町村自治体の順で、経世済民的研究の活性化を促す事で、その地域で特有の経済性を、独自に研究、追求を行え、それが国際的にも認められるならば、それを世界的規模で共有する事で、国際的経済にも役立つ」と判断するに至っている。

 なお、「小さな市町村で、自らの自治性すらも危うい」と、消極的な自治体は、好まれず、小さい自治であっても、国際的に認められるような経済の活動が可能と想われ、逆に「大きい自治よりも、小さい自治の方が、経済的研究を一般人が行う(参加する)には、有利だ」と想える。


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-12-10 (月) 03:51:57 (535d)