国 再犯率の高い加害者を発生させる刑事裁判官の罷免

  • 頁名: 日誌/進捗/平成30年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 重要
  • 状態: 調査、鑑査中
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2018-03-02 (金) 09:41:32
  • 段階、参照:

趣旨

 本邦での再犯率は、警察の白書によると高い(他国のや国際的な平均と言う観点での比較と異なり、一般人が数字を見て想う高さ)と想える。

 その主原因に、「裁判官が、適切な刑罰を与えてないから」と判断できる。

 また、裁判官による裁量が、『(甲)加害者の性格に合う内容と異なり、(乙)過去の判例(機械的な平均性)を基に裁く関係から、(丙)加害者が予めに、罪の重さを把握する状態(刑罰を受ける覚悟)で、犯罪に着手を行う(確信犯)』との状態では、刑罰の設置における効果が軽減するに至る。

 よって、刑罰の適正(再犯に着手を行わず、社会的に適応する人格を形成する)が保てる裁量が、裁判官に求められるが、AIでも審判が行えるような裁判は、不適切と想える。

 なお、「事前に民事(労働)の裁判が適切に行われていれば、(労働)刑事の事件が防げた」との場合でも、『裁判官の裁量が無い』と判断でき、家庭裁判所の判事に付いても類似する。


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-12-10 (月) 03:51:57 (536d)