国 公安調査庁の再編成を請求

  • 頁名: 日誌/進捗/平成30年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 普通
  • 状態: 調査、鑑査中
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2018-03-02 (金) 20:18:29
  • 段階、参照:

趣旨

 長年に、「法務省 公安調査庁による、活動の観察を、行って、いた」が、資料や、その活動における、評価を、国民の一人と、言う、観点で、行う、ならば、「一般の民間における、報道の機関よりも、情報の収集力が、劣って、いる」と、判断。

 また、「行政的(憲法や法律に、基づく)中立性も、無く、自民党、民主党、等、西洋的思想の前衛的(他の思想を、威嚇する:現状では、仏教を、威嚇する)組織で、品質的には、Christianity(キリスト教)Mission(ミンション) 活動*1に、劣るが、その助長を、行う、程度の機関と、成って、いる」とも、判断。

 つまり、「新聞社、等が、『(A)情報を、収集』、『(B)及び、文字、文面を、用いた、政治、思想的な工作』よりも、劣って、いる」と、判断するに、至り、「(a)オウム真理教から、派生するに、至った、各団体、(b)指定暴力団、(c)外』、等の観察を、行って、いる、状態に、有っても、「国民に、被害が、及ぶ、事を、抑制するに、至って、無い」(『(a)、(b)、(c)の集団に、一般の民が、取り込まれる、事』、等も、含む)のが、現状。

 よって、「被害の規模が、拡大するにも、至って、いる」だのから、「該当の部署が、存在する、価値(効果)が、無い』と、評価感を、抱くに、至って、いる。

 なお、公安調査庁の資料に基づかなくても、その資料における内容に付いては、広く一般的にも雑誌などを介する形式で、警戒されている事であって、それに付いて非難する観点も無く、『(あ)情報の真否性や、(い)工作性』に付いての評価だけの観点で、経費(税金)の無駄と判断する事から、「民間に劣るのだから、有っても意味が無い」と評価するだけの事であり、反政府(特定の思想に伴う団体を贔屓する事と異なり、本邦の政治における制度に反する事を意味する:特定の思想や主義、宗教の優位性の保持とは、異なる)活動者を排除する類では、何ら効果が無い機関と、評価をするに至る。

留意
 「現状の人事における配置に問題が有る」とも判断するに至っており、それにおける観点から、広報課全員の所属する宗教、及び性格上の適正を調査するように別途で求めつつ、特定の人格(実質的には、憲法、及び法律的に適さない人格)を有する者が選抜されている可能性を疑うにも至っており、調査の依頼を別途で行う。
解説
 「故意に行政の機関(司法の機関)へ、不信感を抱かせる思惑に基き、構成された人事」と判断でき、近年だと、裁判所、警察でも、感知するに至っており、その背景に宗教(僕の観察では、実質的に所属を行っているだけで、只単に自己優位性の観点で所属を行っていると判断:己の行動を正当化する為の動機づけ(Motivation)で、所属を行っている程度)や思想の団体が有るとも判断。単体であっても、外部から意識の調整が行われている人格を有するとも判断。結果的に、憲法や法に基づく行動と異なるのだから、公務員という観点では、不適切な人格に該当するので、排除の対照と判断できる。

関する、課題

今回の観察における評価の対照

 以下の資料における内容を見て、その乏しさに愕然とするに至っている。

経過的問題

 オウム真理教から派生するに至った段位の抑制力も無く、逆に規模が拡大するに至っている。
 他の、Terrorism(テロリズム) に関する情報に付いては、一般の情報誌などから収集を行っている僕にも劣るだけに留まらず、警視庁、警察庁、外務省の活動にも劣るのかと想われ、何の目的で情報の収集を行っているのか不明。
 自民党、民主党など、Freemasonry (フリーメイソン)(共和主義推奨の)優位性に基づく、情報機関化するに至っている可能性も疑えつつ、何ら現行の本邦(日本国憲法、並びに各法律)に利益の有る活動を行っていると感じられない。
 「(甲)仮に、公安調査庁が無かった場合、どのような損失が生じるのかは、想像が行えず、(乙)逆に、公安調査庁が有る事によって、税金が無駄使いされ、(丙)且つ調査的意識が強い、過剰な正義感を有する馬鹿を飼い殺すには、都合の良い機関(実は、米国でも同じ現象が生じている事を、だいぶ前から関知するに至っており、その発症が英国と想えつつも、英国での事情は、公開されておらず、不明。:また、本邦では、警察、消防、自衛隊でも確認され、それらの背景に公明党(創価学会)の存在を疑っており、長年に観察を対策を行っているが、それに限らず、各宗教団体の関与や、それらの共通点における、Freemasonry の存在に懸念、数年前から粗悪な Freemasonry の観察と、対策を展開するにも至っている。)」のであり、公安調査庁の設置における趣旨が満たされて無い。
補足
 米国による Vietnam War(べとなむ 戦争)戦争時において、兵を募る時に行われた工作にも、現状の公安調査庁における人員の募集が似ている感じがする。
 Website上に、Mail Address が不適切に表示されている。その件に付いては、総務省 行政評価局 にも通報を行い、現状を確認。
異常性
 上記までの展開から想えば、公安調査庁の存在が、故意に非適切な状態を保っている事が解るが、不自然である。
工作性
 「もともと、オウム真理教、指定暴力団、似非宗教団体、及びなどを育てたのは、警察庁、及び警視庁である(政治的な実権を有するのは、自民党で、(似非)民主党は、あからさまに、Freemasonry(フリーメイソリー) 政党を、一般的に想わせているが、その(Freemasonry(フリーメイソリー)の)本丸は、自民党。)事には、変わりない」が、それを行った理由(背景)には、他宗教団体でも、各事件が、頻繁に生じており、それらを誤魔化す為に、工作(大きな事件が生じれば、それ以下の小さな事件の存在は、緩和される工作:情報の操作でもある)が展開された可能性も疑え、その工作を行う活動を担っている機関であるならば、憲法や法律に照らすと、破壊活動防止法団体規制法における効果が無いのだから、必要とされてない。

対策

 人員を自衛隊から募る事を、求める。

 また現状では、人格操作工作の活動も行っている(人の感情を操作する活動も行っている:公務上で認められて無いと想われる。)と判断。

 よって、「人材的な品質(人格:精神病質性を疑う等)に問題が有る」のだから、人選に付いては、『主に自衛官からの起用』を求める。

 なお、司法系の人員は、昔から問題が有ることが解っており、その特徴的な人格を発見(関知)次第に、『(ⅰ)再教育、(ⅱ)配置の転換、(ⅲ)排除』を求めており、嘗て(十五年以上も前から)は、地元の警察、警視庁、警察庁、裁判所(主に東京の最高、高等、地方、簡易*2、法務省で確認を行っており、個々の人員に対する(ⅰ)〜(ⅲ)の要求を行い、現在だと殆どの部署で改善されている。

理由

 警察官や司法系の人員には、あからさまな特徴(精神病質性が高くて、倫理観が低い)が有る。

 法律系や、犯罪心理学などの学習に基づく(反射的)行動だと想われるが、実績的な観点(観察中に生じた、被害者の発生など、事件の発生)でおもえば、効果が無いのは、明白である。

補足
 警察から出向の職員による工作性を疑うにも至る。
本節における工作性とは、
 警視庁は、法務省に有る『公安調査庁が邪魔』と判断するに至っている可能性が有る。
僕の観点
 オウム真理教を育てたのは、政治や宗教の思惑だ(都合だ:それによって優位に成っている宗教、政治の団体が有る)と解るが、現場の人員(公務)的には、どうにも成らないのが、現状なのかと想われる。
憲法の観点では、団体の形成を阻止する事が行える
 憲法では、前文の建前が有る関係から、それ以下の条文には、制限が有る事も解るが、一般人に解り難いのかと想われる。
憲法
 憲法の前文の条件に伴えば、第二十一条における『集会、結社及び言論、出版その他一切の表現の自由は、これを保障する。』は、指定暴力団(似非右翼を含む)など、犯罪、反社会、反政府(例外的に、「国家が、違憲な活動を行っている場合、それを阻止する場合の活動は、正当性が有る」と想われる)の組織には、適用されない(二十一条の適用を、認める理由が無い)。故に、指定暴力団、及び不適切な団体には、解散の命令を行う事が可能。
僕の経世済民的活動における対処
 現在では、『国民権の剥奪(実質的には、国籍の剥奪:それ以後において、基本的に国外への退去命令に従うまでは、難民の扱いに成る)』を、国家に求める準備(世情の動向における観察)を行っている。初期には、『(α)在日特権者の権利の剥奪(永住権の剥奪)から、(β)不良な民の国民権(本邦の国籍)を剥奪する事』の段階で求める事を、ここ数年において検討中(その時期を見計らっている)。

関連する法律

憲法(電子的政府

昭和二十一年憲法

前文

 日本国民は、正当に選挙された国会における代表者を通じて行動し、われらとわれらの子孫のために、諸国民との協和による成果と、わが国全土にわたつて自由のもたらす恵沢を確保し、政府の行為によつて再び戦争の惨禍が起ることのないやうにすることを決意し、ここに主権が国民に存することを宣言し、この憲法を確定する。そもそも国政は、国民の厳粛な信託によるものであつて、その権威は国民に由来し、その権力は国民の代表者がこれを行使し、その福利は国民がこれを享受する。これは人類普遍の原理であり、この憲法は、かかる原理に基くものである。われらは、これに反する一切の憲法、法令及び詔勅を排除する。

 日本国民は、恒久の平和を念願し、人間相互の関係を支配する崇高な理想を深く自覚するのであつて、平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した。われらは、平和を維持し、専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去しようと努めてゐる国際社会において、名誉ある地位を占めたいと思ふ。われらは、全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免かれ、平和のうちに生存する権利を有することを確認する。

 われらは、いづれの国家も、自国のことのみに専念して他国を無視してはならないのであつて、政治道徳の法則は、普遍的なものであり、この法則に従ふことは、自国の主権を維持し、他国と対等関係に立たうとする各国の責務であると信ずる。

 日本国民は、国家の名誉にかけ、全力をあげてこの崇高な理想と目的を達成することを誓ふ。

第十二条

 この憲法が国民に保障する自由及び権利は、国民の不断の努力によつて、これを保持しなければならない。又、国民は、これを濫用してはならないのであつて、常に公共の福祉のためにこれを利用する責任を負ふ。

第二十一条

 集会、結社及び言論、出版その他一切の表現の自由は、これを保障する。

二項
 検閲は、これをしてはならない。通信の秘密は、これを侵してはならない。

破壊活動防止法(電子的政府

団体規制法(電子的政府


*1 日系による、独特な活動で、聖書に、基いて、いる、訳では、無い。
*2 八王子と立川

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-09-18 (金) 16:05:48 (43d)