情報通信振興会 法規の表記における確認

  • 頁名: 日誌/進捗/平成30年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 早急
  • 状態: 完了、終了
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2018-03-08 (木) 14:51:07
  • 段階、参照:

趣旨

 法の表記に誤りが有るのかと想われるので確認を行う。

関連する、課題

確認

一般財団法人 情報通信振興会

 (ご意見、ご要望が有りました事を)解りました。

  • 平成30(2678;2018)年03月08日

概要

(一)
 Internet 上に在る、大手の検索から、『振幅変調』を調べていたら、御社の頁に辿り着いた。

 御社の頁に、(電波法施行規則 第4条の2 第1項 第1号)と記載されているが、その番号では、不適切に想える。

  • 参照
    • 法規の明記に付いて - 情報通信振興会 - よろずや Blog 経済の活動::鑑査 平成30(2678;2018)年03月08日(木)16時46分

 よって、確認を行いたい。

 正確には、電波法施行規則 第4条の2 第1項 第1号 (2)と思われる。

 なお、該当の括弧書には、Link が貼ってあり、それを辿った先に『電波法施行規則 第4条の2 第1項 第1号 (2)』の条文が明確にされているが、『振幅変調』の頁に記載されている、『 電波法施行規則 第4条の2 第1項 第1号 』だけでは、「(あ)解り難く、(い)誤解される」のかとも想えるので、『(2)』までもを表記する事を、検討されたい。

(ニ)
 条文の構成に付いては、『国(側の主管する部署)が悪い』と思えるが、御社のような組織が、積極的に『条文における、項、号の分け方に付いて、改善するように』と、行政の機関へと働きかけられたい。

条文における、項、号
 本件で該当する条文の構成は、他の省庁で作成されている『条文における、項、号の分け方』よりも、「(あ)階層が深い割に、(い)同じ漢数字、Arabic Mumerals(あらびあ 数字) が使われており、解り難い」との状態にある。

関連する、法規

電波法施行規則 抄(電子的政府)

平成二十九年九月五日公布(平成二十九年総務省令第六十一号)改正

第二条

 電波法に基づく命令の規定の解釈に関しては、別に規定せられるもののほか、次の定義に従うものとする。

電波法施行規則 抄(電子的政府)

平成二十九年九月五日公布(平成二十九年総務省令第六十一号)改正

第二条

 電波法に基づく命令の規定の解釈に関しては、別に規定せられるもののほか、次の定義に従うものとする。

第四条の二

 電波の主搬送波の変調の型式、主搬送波を変調する信号の性質及び伝送情報の型式は、次の各号に掲げるように分類し、それぞれ当該各号に掲げる記号をもつて表示する。ただし、主搬送波を変調する信号の性質を表示する記号は、対応する算用数字をもつて表示することがあるものとする。

 一号
  主搬送波の変調の型式 記号

  (1)
     無変調 N

  (2)
   振幅変調

   (一)
    両側波帯 A

   (ニ)
    全搬送波による単側波帯 H

   (三)
    低減搬送波による単側波帯 R

   (四)
    抑圧搬送波による単側波帯 J

   (五)
    独立側波帯 B

   (六)
    残留側波帯 C


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-12-10 (月) 03:51:57 (532d)