立川市役所 避難行動要支援者(登録)の推移

  • 頁名: 日誌/進捗/平成30年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 重要
  • 状態: 完了、終了
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2018-03-11 (日) 15:11:12
  • 段階、参照: 再調査(追求)

趣旨

 『立川市役所 避難行動要支援者の数(日誌/進捗/平成30年度/31)』の返答(立広聴・平成29(皇紀 2677;2017)年度・第593号)において、数値的な異常性を感知。

数値的な異常性
 制度の開始時である『(甲)平成27(皇紀 2675;2015)年度には、5844名だったが、(乙)後の平成29(皇紀 2677;2017)年度では、4812名と、 (丙)1032名も減っている』との状態にある。
一般的な感覚
 高齢化の事情に伴い、普通であれば「安定期まで増える傾向にある」と想われるが、それと反比例する。
判断
 よって、「一般的統計の予測とは、異なる数値」と判断。

 再確認(追求)を行う。

関する、課題

他の参考

再確認

文面の作成

立川市役所からの返答

確認の結果

 「登録者に、避難行動を行える、65歳以上の高齢者が含まれていた」等の事情から、立川市役所が、登録の精査を行った結果、「条件に適さない者が、登録から排除され、減少」との主旨で、返答が有った事を確認。

  • 平成30(皇紀 2678;2018)年04月13日

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-12-10 (月) 03:51:58 (535d)