立川市役所 救援物資配送に関する協定

  • 頁名: 日誌/進捗/平成30年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 重要
  • 状態: 調査、鑑査中
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2018-03-15 (木) 10:50:43
  • 段階、参照:

趣旨

 広報たちかわ 平成29(皇紀 2677;2017)年度10月25日 No.1450 の三面に、『救援の物資配送に関する協定』の見出と、説明の掲載が、有る。

 特定の業者と、協定を、締結(ていけつ)するに、至った、事の明記が、有っても、『(あ)特定の業者を、限定で、協定の締結を、行った』のか、『(い)該当の業者に、社会的な問題が、有ると、世間一般でも、知られて、いる』、が、『(う)今回の締結が、社会的な害の助長にも、想える』、等の確認を、行う。

事件例
 (一)『やふおく』で、落札を、行ったのに、(ニ)誰だか、解らない 店舗 ID から、(三)本人が、本人宛に、Amazon Gift を、送ったように、偽装が、行われ、商品の発送が、行われる、事が、有り、(四)その件で、本件の企業に、問合せを、行っても、「送り主が、誰なのか」、絶対に、答えない』、等との状態が、該当の企業(ちなみに、送り主が、不明なので、受取の拒否で、対処)。(五)挙句の果に、『やふおく』で、知り得た情報が、運送の業者と、異なる、第三者(本件の企業:ヤマト運輸、Amazon )へと、勝手に、提供され(流通の記録が、残り、仮に、発注者の ID が、削除されても、記録が、残る)、(六)その情報を、基に、ヤマト運輸は、宅急便約款 第三条、一号、並びに、五号、十二号、乃至十六号に、反する、形式で、輸送を、行って、いる。(六)その件を、国土交通省 自動車交通局 貨物課 へ、確認を、行いつつ、(七)「行政的指導を、行われたい」との要望を、行っても、(八)現状の通り、改善されて、無い。
補足
 なお、『(A)このような取引において、出品者が、『返金するので、口座の番号を、教えて、下さい』と、丁寧な言葉を、使いつつも、強要が、行われ、(B)「現金書留(送料は、出品者が、負担:出品者が、一方的に、取引を、解消する、過失にm基づく、出品者の債務不履行、等)で、商品の送付先に、返金を、行う、事」の申出にも、応じず、返金が、行われ、無い、事』も、生じて、いる。(事件例 平成31年(少コ)第8号 - 代金返還請求、及び損害賠償請求、提起後に、移送 平成31年(ワ)第243号 - 判決は、和解。)
留意
 (あ)無許可で、第三者に、個人情報を、提供する、輩へ、新たに、『口座の番号を、教える、事』は、危険。(い)本件と、同種の事件を、『近年に、何回か、被害に、遭って、いる』が、(え)それ以後において、『僕の Yahoo ! Japan の ID に、不正な接続を、『試みられたような、痕跡( ID、Password の入力時に、一回目で、再入力:新たな文字の入力を、含む)を、求められる、事』も、頻繁に、生じ、(う)現在、約1万8千円(半年も、経過)も、返金されて、無い、状態』と、成って、いた。

傾向の観察

報道

令和02(皇紀 2680;2020)年04月07日 現在


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-04-07 (火) 15:14:18 (295d)