立川市役所 人口の推移

  • 頁名: 日誌/進捗/平成30年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 普通
  • 状態: 完了、終了
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2018-03-15 (木) 11:29:07
  • 段階、参照:

趣旨

 広報たちかわ 平成30(皇紀 2678;2018)年10月25日 No.1450 の十二面に、『人口と世帯』の枠が(右上に)有り、統計が記載されている。

 普通(生物学の観点:自然界的な出生率の観点)だと、「比較的に男性の方が多く成る傾向に有る」と想われるが、立川市役所の場合だと、若干に女性が多い状態に有る事を確認。

 また、「男女での比較において、女性の方が長寿である」との事は、世間的にも言われており、高齢化に伴う影響も有るのかと想われるが、もともとの出生率において、女子の誕生が多く成っているのかとも想える。

 よって、『(あ)男女の出生率、(い)総人口の推移』等の事情を確認する。

 なお、『ふれあい交流会〜若手農家との出会いを立川野菜を使った、お食事会で(嫁を求めているのであろう出会い系)』に付いても、広報たちかわ 平成29(皇紀 2677;2017)年度10月25日 No.1450 の十面に記載されている事から、「女性の存在が多い割に、男性側からの求婚の事情には、(男性側の職種にもよるが)困っている」との事が解る。

補足

 日本国の文化における、男女の出生に関する観点は、古事記(こじき)などからも、奇妙(独特)な表現が有り、世界の各国でも、色々と有る事が解っている。

古事記
 本邦では、古来から比較的に『生と死』と言う観点よりも、『性と、黄泉帰り』と言う発想を広めている文化である。
人命が消耗される観点と、産屋
 古事記では、不思議な発想が有り、「一日に千人殺す、一日に千五百の産屋(うぶや)を建てよう」との展開が有る。
産屋が、千五百も在っても
 『一日に、千五百人の赤子を産ませよう』ならば解るが、なぜか、『産屋』と成っている不思議が有る。
男子は、知らずに生涯を終える事が可能
 実は、「宗教などにおいて、異性に関する事を、隔離的に情報を断つと、それを知らずに生涯を終える事が有る」のかと想えつつ、それを逆に、神秘的に想っている人達も居るのかと想わる。
女性の性欲と、男性の性欲
 男性の性欲は、必ず出産(受胎)に繋がると、限らない。比較的に、女性による性欲の場合には、出産に繋がる事が有る。
本邦は、男性的な社会と言われているのは、何時からか
 本邦では、女性が男性を建てている文化で有る事は、古事記(女神を祀る観点)からも解る。また、「生存的戦略の観点で想うならば、どのような人間の関係が有利に成るのか」を追求すると、やはり女性が家庭を護る方が、有利に成る。
男性的社会の実質
 恋愛に不自由な女性には、男性的社会が、嫌と想われるが、もてる女性は、旦那が他の女性と浮気や、子供を作ろうと、然程に問題する傾向に無く、『愛人との間で産まれた子供の社会的な地位は、本妻との間に産まれた子供が有利と成る事が解っているから』で、それが危ぶまれると、嫉妬などに至る傾向に有り、古来から女性の方が、出産に関する血統の選択肢は、優位性が有る(本邦における政略的結婚の事情など、研究すると面白い:一般人における恋愛的事情も、物語的に現在でも色々と残っている)。
主たる問題は、人口の減少と異なる。
 これまでの人類は、労働者(Robot)を得る為の人口増が求められていたが、機会化が進む事で、人の存在的価値が問われるように成った。
人と機械の価値
 第二次世界大戦に、産業好景気を迎えた本邦では、工場の機械化が進む事で、『人材と機械の価値』が問われていた時代が有り、その企業で有名なのが、各自動車産業である。
自動車産業と、人材
 『走る棺桶(かんおけ)』とも呼ばれる程に、自動車事故による死者が増えた時期、車両の製造における工程も、機械が進んでいた。その時期に、あえて人材を多く使う事で、『自動車の愛着(人が作った物)と言う印象を維持する(自動車の大衆的な購買の意欲を維持する)為の戦略』が展開され、同時に自動二輪車も、(第二期の*1)女性向け販売の戦略が展開されている。つまり、「自動車産業など人命を奪う事が有りながら、高価で資本的効果(企業的には、利益を得る成果)を得る為にと、故意に人材を使って『人の手で造らられた』と演出する事で、購買力の維持を図った」とも想える。
第一期*2 女性を対象とする販売戦略時期
なぜ、人口の問題で、産業の事情を解くのか
 結果的に、『物を産む、創り出す』との観点で、『男性と女性、各々の性格』で異なり、『何の為に人口が増えて事を望むのか』が問われつつ、「あらゆる産業でも、多産をすれば、それによって滅びる事が有る」のも現実であり、それを「女性が、どのように理解するのか」が問われる。
殿や王と、女性
 人類の歴史では、男性的社会と言われる文化の背景に、『賢い女性』の逸話が、太古から残っている文化も多い。
王妃の優位性
 「王妃が、自分が産む子供と、自らの優位性を維持する事を想う時、どのような戦略を展開するか」が問われる。
社長の愛人
 実は、『社長と愛人』の発想でも解る事であり、『男性的社会だから、女性が不利』と言うのは、世間の仕組みを理解するに至ってないからで、世間の仕組みを知っている賢い女性は、あらゆる面で、有利な立場を追求する(事が、面白く成る)のかと想える。つまり、『女性が、女性を評価するだけに留まらず、男性からも悪く評価されて、嫉妬する女性にとって、不利な世間』であって、「学力が有っても理想の人と、結婚が行えない(男性でも、同じ)」では、その結果から『人口の生産』に繋がらないが、「心身共に健康的で、未来的にも有望な人ならば、男女に限らず、もてる傾向に有るのが現代である」のだから、『その観点を現代人が、どう想うのか』が問われる。
経世済民的な観点で言う、環境の維持
 人口の増減における問題は、「自らの生活が、『楽に成らない』との危機感によって、生じる」のかと想える。
働き手を得る為の出産
 仕事手を増やす為の出産は、第二次世界大戦まで続いていたと、僕の経世済民的観点では、判断するに至っている。
何の為の出産か
 とある女子大の講師(独身女性講師)に、「『行かず後家』と『行けず後家』の違いを教えてやりたい」と思った時期も有ったが、『(H)基本的に発情的性交と、(I)計画的な出産*3』の観点が有りつつ、『(G)(H、I)の調和的な性交』が、物語的に神秘化されつつ、主に女性が憧れ的に追求する傾向に有るが、近代文明で求められているのは、比較的に(I)である
補足
 高度経済成長期には、「 H の後に、I が有る」との発想が、広まっていた。
恋愛と人口
 『知性の高い文化では、同性愛者が増える傾向に有る』事は、古来から知られている。
知性と人口
 「知性が高い女性は、多産を行わないのか」との観点では、どのように想うのかを、これもまた、「とある女子大の講師(女性)に聞いてみたい」と思った事も有るが、「人に限らず、動植物でも、環境に応じて、出産を調整する種類が有る」との判断と、「出産(動植物による自産)の調整を行わない物は、捕食される等の消耗を、『自然的に仕方がない』と、合理的に考える傾向に有る」とも判断するにも、僕的に至っている。
僕の事だけど
 こんな文面を記載する事に時間と労力を、費やす事。
僕の結婚は、どうなるのか
 こんな事が解っても、結婚を行えなければ、堅物と成りうる世間的な事情。
こんな僕の発想が
 「結婚を考える」との点で、妨げに成っている可能性を、我ながら疑う。
恋愛や異性との交際歴
 誤解が無いように*4、記すが、これまで29人ぐらいの女性と、付き合った事が有る。
その俺が、っだ。
 「なんで、こんな事に、時間と労力を費やすに至っているのか、君に解るか」っと、一夜明けた自分に問いたいので、ここに記す。

確認

文面の作成

立川市役所からの返答

不審点

 立川市役所から、「立川市における過去五年間の集計が無い」(立広聴・平成29(皇紀 2677;2017)年度・第680号 )との旨を、返答されたが、僕の経験だと「情報公開係にて、人口などの統計が管理されている」(実は、別資料の関係で、問い合わせを行った事が有る)と判断、改めて再調査を行う。

簡易的な再調査

 立川市役所による返答に、不審(立川市役所は、「立川市における過去五年間の集計が無い」と返答された件)な点が有るので、簡易的な再調査を行った。

立川市役所 文書法政課 情報公開係 - 平成30(皇紀 2678;2018)年03月26日

(一)
 有ります。

(ニ)
 立川市役所において把握を行っているのは、『(あ)住民基本台帳への登録者で、(い)登録が無い者(住民票の登録が無く、立川市役所の管内で居住する者)』は、解り得ません。

 その点では、「国勢調査の統計だと、住民票の登録が無い者の数値も含まれている」と想われ、『実質的な数値』と言う点では、国勢調査の統計の方が正確かとも想えます。

(三)、(簡易的な苦情の申立て)
 (ご意見、ご要望が有った事を)解りました。

概要

(前提)
 『独身、夫婦、及び男女の世帯的な人口における推移』の確認を、広報課を介する形式で行っており、その時に『立広聴・平成29(皇紀 2677;2017)年度・第680号』の返答を得ている。

 その返答の内容に、不審な点が有る。

(一)
 以前から、情報公開係において色々な統計や資料が管理されている事を知っており、何回か利用も行っているが、それらの情報に「人口の推移も含まれていた」と想われる。

 よって、「立川市役所の管内における人口の推移に付いての統計が有るのか」を確認する。

(ニ)
 ※ 本件の問い合わせに至った経緯の説明を行った。

(三)
 事情は、解ったが、国勢の調査でも『(ア)それに答えない者や、(イ)不実に答える』等の問題も有り、それらの『注意(説明)を、理解するに、至っている』と、言う認識が、無ければ、情報の利用者が、過信する可能性も、有る。

 よって、公務員(国勢の情報を推奨する者)の立場からは、説明の時に、留意されたい。

簡易的な苦情の申立 - 補足

 本件の問い合わせは、『立広聴・平成29(皇紀 2677;2017)年度・第680号』の内容に、「不審な部分が、有った事」が、起因する。

 また、それを、事前に防ぐには、相応の認識が、必要とされ、「広報課においては、情報の管理における能力に、欠ける」と、想われるので、留意。

 更に、情報の管理(どこの部署が、どのような情報を有するのか)に付いては、課長の地位では、一般的な認識と言う意味で、把握をする必要が有り、その認識に欠けるが故に、本件のような事態に陥っていると想われる。

 よって、『課長の地位における教育に、原因が有ると想える』ので、その点に付いて改めるように求める。

 なお、『課長の地位における教育に、原因が有ると想える』と言っても、今時代で言う情報の管理における知識の事で有り、40代以上の者が理解するのも困難と想えるが、「文具が、どこに有るのか」と類似する観点で教育を行う事と、理解されたい。

資料の確認 - 平成30(皇紀 2678;2018)年04月17日

 各情報を確認。

※ 注意
 保安の関係から、PDF 外の File を、安易に、開く事は、推奨されない。
理由
 Macro(Wikipedia)に、悪意の有る設定を、組み込まれる事が、有る。

*1 第一期は、別
*2 僕の経済的研究での定義
*3 人の製造
*4 今の自分に、言い聞かせる為にも

添付ファイル: fileH26_小分類1人口.pdf 8件 [詳細] fileH27_人口.pdf 3件 [詳細] fileH28_人口.pdf 5件 [詳細]

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-09-16 (月) 09:52:07 (325d)