国 ひかりの輪に対する脅威感

  • 頁名: 日誌/進捗/平成30年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 重要
  • 状態: 調査、鑑査中
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2018-03-15 (木) 12:22:28
  • 段階、参照:

趣旨

 国際的脅威団体のオウム真理教から派生するに至り、現在でも活動を続けている団体。

+  YouTube

 近年だと Internet を介する形式で、布教的活動、及び団体の存在を主張(広報)する活動を、偶然に確認。

 よって、「国(行政の機関)による抑止力が無い」のかと疑うに至り、司法の機関を鑑査する。

 なお、オウム真理教に関連する『人や物』との接触は、一切に行わない。

補足
 実は、以前からオウム心理教系(または、それを偽装する)による、『擦り寄り』を体験するに至っている。
現状では、派生の団体を育てている事が解っている。
 オウム真理教の集団は、憲法で保障される、『結社を形成する自由』では、違憲に該当する。
解説
 まず、日本国 憲法 で言う自由は、第十二条によって制限されている。次いで、それに基いて、各種の自由が保障されている。よって、日本国 憲法 第十二条に違憲と成る、以下の条文における自由を、保障する理由が無く、『(あ)解散の請求、(い)結成の禁止』が求められる。
Freemasonry(フリーメイソン) との関係
 オウム真理教、及び派生するに至った団体は、敵対を主張する傾向に有る。
主張と、行動、及び結果
 「実質的に、Freemasonry(フリーメイソン)へ被害が生じていると想えず、逆に利益を生じさせている想える」との現状に有る。
芸能と宗教の宣伝
 当時に、各種の番組で、取り上げられ、芸能人も支持するに至っていた。
+  YouTube

Mosaic(モザイク) 化の事例

関する、課題

行政の機関に対する不審点

情報の減少

 本件の対象と成っている団体の情報は、悪い部分において、『(A)一般人による投稿を除き、(B)報道の機関などにより提供されている事実は、削除されている傾向に有る』と、判断するに至っている。

該当の団体における代表者の学歴

 信用性に欠けるが、Internet 上による情報に基づけば、「学歴の関連で、国家や思想の団体から、間接的な保護を受けている可能性が有る」と判断するに至る。

比較的に、観察の度合いが低い

 他人の心理を操作するには、『聴覚、視覚、体感』が重要視されるが、対象の団体は、それらを免れている傾向に有る。

Freemasonry(フリーメイソン) でも使われる、人を騙す手口

 軍事では、Project MK-ULTRA(MKウルトラ計画)が、広く知られており、外にも、各国で研究が行われている。

7割以上の事実と、3割以下の不実、及び予測
 人は、情報の内容において、「7割以上が真実だと、残りの三割における事実性が未確認の予測(または、不実)も、事実であろう」と、思い込み易い傾向に有る。
事例
 世界の各国で、大規模な事例が有る。
米国
 同時多発破壊事件において、「The Pentagon)(ペンタゴン)へ旅客機が激突を行った」と、報道された事例が有る。
日本国
 国会の法案において、主たる(目的の)法案を通すために、大事件を発生させ、国民の意識を牽制する傾向に有る。(一般的には、政治的戦略と呼ばれるが、報道や情報の操作が含まれる)

 本件の課題を設置するに至った理由に、本節の動向を、該当の団体に確認。

 「同胞の人間的関係を深めつつ、同胞の拡大、及び隷従の関係を形成する目的が有る」と判断するに至っている。

近年の 『思想に伴う、破壊(殺傷)工作』における動向
 「犯行者が、日常において、劣等感を抱きつつ、他人への嫉妬心を、正当化する事が、主根に成っている。」との事が多いと判断。その『劣等感を正当化するのに、宗教(または、同胞の思想による勝手な評価)が用いられている」と判断するに至っている。(本節は、刑事の研究を行っている者であれば、さらなる詳細を把握されているのかと想われる:僕が主張をするのは、世間的に一般人でも知り得られる範囲)

『インコの会』 ひかりの輪脱会者 友の会

平成30(皇紀 2678;2018)年09月10日 現在

 僕的には、「必要とされない団体」と、評価。

評価の理由

 犯罪(学)の分野において、『詐欺の被害を、何度でも受ける性格』が、注意点と成っている。

解説
 「何だかの詐欺に遭った人は、外でも詐欺の被害に遭う可能性が、有る事」を、意味する。
詳細
 例えば、『(A)架空な請求、(B)振り込め詐欺』等の被害に遭った人で、『(a)別の詐欺事件被害にも遭っていた、(b)被害を受けた後、新たに外の加害者から被害を受けた』等も、生じている。
防御力の有無
 『(甲)初期(事前)の防御力、(乙)被害を受けた後に形成された防御力、(丙)第三者から注意、指導を受けた後の防御力』等、「相応の防御力を、得ているのか」が、重要視される。それら『(甲)、(乙)、(丙)』の欠如と成る場合には、再度(加害者からの攻撃時)に、被害を受ける可能性が有る事も、解る。

 『詐欺の被害を受けやすい性格』との部分において、「既に、『意識の操作、洗脳を、受けた人材』は、特徴の有る性格を有する事が多く、その特徴を解消する事(脆弱性の克服)を行えない場合は、『加害者からの攻撃に、無防備なのだから、被害に遭う事』も、論理的に解る」と、想われる。

 つまり、「『(特定の)集団で、生活する事の洗脳、及び意識的操作を受けた人』は、『(a)元の集団に戻りたい意識が強まったり、(b)代替の集団を、求める』等、集団的生活での意識が、植え込まれている為に、自立心の欠如が、克服されない限りは、『洗脳、意識的操作』(自立、独立の意識が、阻害されている事)による被害を解消する事も、行えない」と、僕的に判断する。

 よって、本節の事案に限らず、「基本的に、(何だかの)被害者の会へと参加を行う事は、日本国の民、その一人と言う観点から、他者に勧める事は、無い」。

 なお、「本邦の憲法(前文 第二段落目)では、『専制と隷従、圧迫と偏狭は、排除の対象』と成っており、それに付いて『神仏、精霊、思想、教祖、指導者などを、除く』とは、記載されて無い事」も、留意する必要(理解する義務)が、国民に有る。

傾向の観察

雑誌

平成30(皇紀 2678;2018)年07月10日 現在

報道

令和02(皇紀 2680;2020)年10月27日 現在

平成31(皇紀 2679;2019)年02月28日 現在

関する、法規

日本国 憲法

前文

第一段落目
 日本国民は、正当に選挙された国会における代表者を通じて行動し、われらとわれらの子孫のために、諸国民との協和による成果と、わが国全土にわたつて自由のもたらす恵沢を確保し、政府の行為によつて再び戦争の惨禍が起ることのないやうにすることを決意し、ここに主権が国民に存することを宣言し、この憲法を確定する。そもそも国政は、国民の厳粛な信託によるものであつて、その権威は国民に由来し、その権力は国民の代表者がこれを行使し、その福利は国民がこれを享受する。これは人類普遍の原理であり、この憲法は、かかる原理に基くものである。われらは、これに反する一切の憲法、法令及び詔勅を排除する。
第二段落目
 日本国民は、恒久の平和を念願し、人間相互の関係を支配する崇高な理想を深く自覚するのであつて、平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した。われらは、平和を維持し、専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去しようと努めてゐる国際社会において、名誉ある地位を占めたいと思ふ。われらは、全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免かれ、平和のうちに生存する権利を有することを確認する。
第三堕落目
 われらは、いづれの国家も、自国のことのみに専念して他国を無視してはならないのであつて、政治道徳の法則は、普遍的なものであり、この法則に従ふことは、自国の主権を維持し、他国と対等関係に立たうとする各国の責務であると信ずる。
第四段落目
 日本国民は、国家の名誉にかけ、全力をあげてこの崇高な理想と目的を達成することを誓ふ。

第十条

 日本国民たる要件は、法律でこれを定める。

第十九条

 思想及び良心の自由は、これを侵してはならない。

第二十条

 信教の自由は、何人に対してもこれを保障する。いかなる宗教団体も、国から特権を受け、又は政治上の権力を行使してはならない。

二項
 何人も、宗教上の行為、祝典、儀式又は行事に参加することを強制されない。
三項
 国及びその機関は、宗教教育その他いかなる宗教的活動もしてはならない。

第二十一条

 集会、結社及び言論、出版その他一切の表現の自由は、これを保障する。

二項
 検閲は、これをしてはならない。通信の秘密は、これを侵してはならない。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-10-27 (火) 00:18:42 (38d)