国 弁護士による犯罪の隠避(いんぴ)

  • 頁名: 日誌/進捗/平成30年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 重要
  • 状態: 調査、鑑査中
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2018-03-16 (金) 13:14:25
  • 段階、参照:

趣旨

 近年において、犯罪者の隠避(いんぴ)を、試みる弁護士が、増えている可能性を、疑う。

補足
 日本放送協会や、その背景に在る Freemasonry(フリーメイソンリー) 等、特定の宗教や思想に基づく、『情報の操作』(国民の『不安感を煽る』等、大衆の心理が、操作されている事)を、疑うにも至る。
事例
 僕が、提起を行った民事の事件において、「(A)被告が、刑事にも、着手を行っていた疑いが、明確と、成り、(B)それを、弁護する、三人の弁護士が、協同で、隠避や工作を、試みられ、(C)裁判所も、それらを、制する事が、無く、(D)被告側(被告人と、弁護士)の利益性を、認めた」との事例(体験)が、有り、『(E)関係する全人員(弁護士、裁判所の職員)の共通性(通謀性、職権上の権利に伴う、命令の経路や、工作の思案)等を、調査する必要性』も、生じていた程。
 殺人の事件における報道で、「死体の発見が、話題と成る割に、犯行者の逮捕に関する情報が、提供されてない事件」が、増えている。つまり、一般人の心情における、『(A)恐怖感を、煽りつつ、(B)警察への不信感を、抱かせる』為の情報操作工作と、判断。各種の宗教団体では、信者の不安感を、煽る頃で、『寄付金を、要求する種』に、する事が、有る事も、解っている。

関連する事件


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-04-26 (金) 12:45:02 (398d)