国 故意に、民への理解を困難にする表現 - 統括的課題

  • 頁名: 日誌/進捗/平成30年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 重要
  • 状態: 調査、鑑査中
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2018-03-17 (土) 12:05:48
  • 段階、参照:

趣旨

 学術的な観点で、やもえない『(あ)公式、(い)専門的用語』ならば解るが、それを用いずとも、表現を行えるにも関わらず、一般人からすると、『故意に、暗号化と同じような効果を発する校正で、表現を行う』のは、「専門の知識を有する、特定の民だけに、理解されるが、他の民に理解されないのだから、違憲*1であり、公的な機関による表現と言う観点では、不適切な表現に値する」と判断。

 また、あらゆる機関の Website(ウェブサイト) 等で、確認が行える。

 よって、公的な機関による表現に付いては、一般人にも判るように、記載を行うように求める。

 なお、『(ア)多言語、(イ)文字の表記を適切に行う』との事は、現行の日本国では、標準に求められ、日本国 憲法 第十二二十一条が基礎と成るのであり、公共の福祉に反するような表現までもを、自由と認める理由は、無い。

解説

 近年に、表見的な(似非)Christianity(キリスト教)*2を中心に、司法*3、医学*4、資本(金融の全般:営業の許可が必要な事業の資格)の分野で、本邦の文化を侵害する、違憲で不法な工作の活動を感知するに至っているが、本件の条文における構成も、その類と想われる。

 また、中華人民共和国(現在では、主たる主義が共産)の歴史でも、類似する展開が見受けられ、その類でも疑える。

 つまり、「(A)故意に複雑化を行い、(B)それを理解する者だけが、優位性を保持するが、(C)資本で、資格を買うかの如くの講習も設置されている事が多く、(D)『(B)が、(C)の参加者を、講師する』との商業の形式も成り立っている事も有り、(E)結果的に、特定者優位性の形式で成り立っている(『自由、平等、博愛』には、程遠い)」との形式は、司法、資本(金融)、医学(医療)の分野で、共通する(Guild(ギルド)) 体型と成っている。

Guild
 本邦では、西洋的思想に基づく商工(商業)の体制と成が、「機能的には、同胞主義者と同じ」で、共産主義などでも展開されており、「共和主義の競合性における観点から、Freemasonryが、対立を行っていた」に過ぎず、現在では、『共和、共産の同種的(経世済民的:経済的)な観点』から、協力的な国際的政治の体制が構築されている。

 なお、近年の本邦では、「医学の分野においては、既に robot(ロボット) による治療に、保険が適用される」と言う時代を迎えている状態に有り、更に「人の過剰な特技的技能(特に、記憶力)などは、電算機(Computer(コンピューター)) に劣る*5」と言われている程、人材の存在における価値が、人工的知能などと比較されるような時代を迎えている事を、懸念する必要が有る。

注意
 高度な技術者と想われるような、社会的な地位に有る者も、実質的に然程の技能が無い事も多く、「どのような人材を、総司令、及び統括者と言う観点で支持するのか」の責任も問われる。また、「予めに不祥事が生じる事が想定され、それに備えた責任者を設置する工作(これは、犯罪の組織でも、昔から展開されている)」も有るが、『それを該当の責任者と成った者が、解っているのか』に付いては、個々の事案(事件)、事情によって異なる。
本節の注意では、あらゆる事に類推される
 特に政治などに付いては、真剣に考慮を行い、国民の個々(一人、一人に)課せられた責任の重さを理解されてないと、大規模な災害や事故、あらゆる被害からの防御性に欠けるような人格と成り、「自衛力に欠けている部分を、同胞的に、及び宗教的に救済する」と称する者との依存性が強まり、人が奴隷化する事例は、本邦において途絶える事が無く、逆に派生的に増えている傾向が有る。
病気に例えるならば
 本邦の経済性は、「後天性免疫不全症に似た状態に陥っている」と、数年前から判断するにも至っている程の状態に有り、『言葉を適切に使えない*6』のは、「共通の言語を使うと言う事以前に、利己性の問題が生じている」と判断できる。

世間的な動向(傾向)

 GAME 等を介する形式で、指摘されている事が有る。

関連する、課題

※ 統括の対象と成る課題を除く

対応を行った事案

 10年以上も前から、本件の趣旨における活動を行っているが、平成30(2678;2018)年度からは、『(甲)個別*7な課題と、(乙)統括的な課題の設定を行い、(丙)各行政機関ごとに、統計的な事案の管理を行う事』を試みる。

総務省

総合通信基盤局 電波部 移動通信課

関連する、法規

日本国 憲法(電子的政府)

第十二条

 この憲法が国民に保障する自由及び権利は、国民の不断の努力によつて、これを保持しなければならない。又、国民は、これを濫用してはならないのであつて、常に公共の福祉のためにこれを利用する責任を負ふ。

第二十一条

 集会、結社及び言論、出版その他一切の表現の自由は、これを保障する。

二項
 検閲は、これをしてはならない。通信の秘密は、これを侵してはならない。

*1 憲法 前文 第二段落目の主旨に反する
*2 その実態に、Freemasonry(フリーメイソンリィ)等を疑うに至る
*3 司法の資格に限らず、行政書士、税理士、宅地建物取引士などを含む:弁護士の資格を得た時に、得られる業務的管轄の範疇
*4 看護師、歯科(助手)、薬剤師、整体師なども含まれる
*5 実際には、人の方が、圧倒的に性能的に優れているが、それを使いこなせないのも、現代人における実情。
*6 先天性の疾患から、「適切に、発話が行えない。言葉の理解が行えない。」と異なり、疾患が無いのに、(くせ)や、習慣、方言などを除き、故意で発話、言葉ん表現を、個性的に変化させ、暗号化を試みるような性格
*7 細部的

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-12-10 (月) 03:51:58 (532d)