国 車両の走行時における前後の撮影を標準化

  • 頁名: 日誌/進捗/平成30年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 重要
  • 状態: 調査、鑑査中
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2018-03-19 (月) 21:37:55
  • 段階、参照:

趣旨

 過去に、要望を行った事が有る、『(あ)でぃーぜる車両の触媒を強化、それの標準化、(い)Idling Stop(アイドリング ストップ)』と同じ要領で、『(ア)法的な制限を求めるのでわなく、(イ)時代的相応の標準化』を求める戦略で、「車両の走行時における前後の撮影を標準化」を、国家に求める。

解説
 「今時代であれば、新作の車両には、走行時撮影機が標準で備わっている』との観点で、行政の機関が自動車業界に促す事を求める。
補足
 前出の『(あ)、(い)』を行政の機関へと求めた時も、「法律的な観点よりも、時代的相応な文化的倫理(国民が、時代相応に自然的な倫理感を得る事)の観点で検討されたい」と求めていた。
説明
 「『何でも』を、法律化する事は、不自由*1の原因と成る」ので、『(甲)法の設置を行わず、(乙)管轄する行政の機関から、指針を示す事で、(丙)各自動車産業が自主的に、製造の段階で、相応の機能を備えた物を、標準の装備と言う形式で販売する』事で、消費者には、必然的に商品を購入すれば、その装置を使う事と成るので、「消費者(一般の民)が、法規によって制限されるのでわなく、自らで購入を行った商品の性能によって、抑制される程度の感覚で、十分だ」と、(戦略的)要望を行った事が、過去に有る。
  • 他の参照
    • よろずや放送研究局(収録版) - No.263 「有益な行動」と、代入理論
      • 収録日 平成18(2666;2006)年07月08日 約28分 『万屋・自衛戦略舞台』
      • よろずや Blog 放送研究::Podcast 番組の詳細 平成24(2672;2012)年02月21日(金)00時12分

*1 本来の自由が、阻害される:過剰に、法や規則を設置すると、若者などからも、社会的、世間的な反発感を、抱く。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-12-10 (月) 03:51:58 (535d)