立川市役所 迷惑な駐輪

  • 頁名: 日誌/進捗/平成30年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 普通
  • 状態: 完了、終了
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2018-03-26 (月) 16:30:13
  • 段階、参照:

趣旨

 立川市役所の管轄下へと転居を行った時から、長期的に『迷惑な駐輪の対処』に付いて、観察を行っている。

 近年に、大夫に改善されたと感じられるので、動向、傾向の調査を行う。

関する、課題

簡易的な調査

平成30(皇紀 2678;2018)年03月26日 現在

立川市役所

 Website 上に、以下の項目が有る事を確認。

 なお、平成30(皇紀 2678;2018)年03月26日 現在では、表紙の『よくある質問』に記載されていた。

結果

 長期に渡り、『自治体(行政の責務)と、民の傾向(動向)』の観点から観察を続けたが、自治体(行政)側は、十分に努力を行っていると判断、以後において「(甲)行政側の努力に、民が、どのように答えるのか」が問われつつ、『(乙)宣伝(広告)』や、『(乙)民へ理解を求める教育的や、情報を提供する事の有り方』も、研究する必要が有るのかと想われるが、『行政に対する(基礎的*1な役割を果す)鑑査の活動』と言う観点では、統括的な意味で、課題の終了とする。

  • 参照 - よろずや Blog
    • 迷惑な駐輪 - 画像の撮影 平成29(皇紀 2677;2017)年07月‎20‎日 ‎木曜日 17:49
      • 経済の活動::鑑査

 (あ)もともと八王子市に在住中に、南大沢駅周辺での課題で取り組んだ内容を、(い)立川市役所の管轄下へと転居を行った時に、応用で取り組んだ案件である。

 数年を経ての現状と有るが、僕が求めていた現実(の世界)は、やはり常に数年間程度の時間を要するのであって、その間に生じる犠牲や損失を想うと、「もっと効率的に、展開を行えなかったのか(反省)」を想う。

 ・・・訳もなく、「日本国の民、その一人と言う立場で、できる限りの事は、行った(日本国の民と言う立場で、努力を行った)」と言う気持ちと、「僕の課題が達成される背景には、公務員の公僕的活躍が有った」と言う事実のみ。

 軍事や歴史的事故、自然的災害などを含む、犠牲者の下に。

結語

 立川市役所の自治性においては、「自転車を、制する者が、自治を、も制する」と、解されたい。

経過的な観察

立川市役所

令和元(皇紀 2679;2019)年07月17日 現在

 「放置自転車の数が、年々に、減少」と、成っている事を、広報紙にて、確認。


*1 憲法、法律、条例などの規範に基づく:地域によっては、文化的習慣も含まれ、法学では、習慣法と定義されている。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-07-17 (水) 17:27:04 (316d)