国 自殺の認定は、裁判所が行う事を義務化

  • 頁名: 日誌/進捗/平成30年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 重要
  • 状態: 調査、鑑査中
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2018-03-30 (金) 16:55:31
  • 段階、参照:

趣旨

 現状における、『自殺』の判断は、不実が、生じる、可能性を、有する。

 また、『自殺への誘導的工作(虐待、虐め等、生き続ける事を、正当な理由*1も無く、阻害を行う事:基本的に、「標的の精神の破壊に伴い、錯乱、発狂などを誘発する工作を意味する)』に付いては、これまでに黙認されている状態に有るとも判断。

本節における『正当な理由(正当的防衛)』とは
 死刑囚など、重悪な犯行、及び犯罪者などに対する、一般人が抱くであろう『正当的排除の意識(重悪犯罪者への排除的意識)に伴う、排除(死刑)の要望を、抱く心境』を意味する。
犯行と犯罪の区別
 犯行を行っても、裁判所により、罪が定められない限り()は、公判中であっても、推定的無罪*2が適用される。
無実と無罪の違い
 無実は、事実が無い事。無罪は、「事実の有無を問わず、罪が課せられない」との状態。
事実の有無
 事実の有無は、論理式的に想われたく、『事実が有っても、罪を課さない』で用いられる。

 ところが、『事実が無くても、罪が課せられる事が有る(冤罪)』のも、現状である。

 本来だと「事実が無いのに、罪が課せられる事は、無い」のが、本邦における適切な経済的状態(正論)と成が、「実際に冤罪が生じている」ので、本節における僕の表現では、『事実の有無を問わず』と記するに至る。
自殺への誘導(的工作)
 本来であれば、『精神的な加害の行為に、該当する(間接的な殺人にも該当する:教唆(きょうさ)、強要が行われる事も有る)』が、「現状の本邦では、精神的に、自殺への誘導を行った加害者に、刑事的な責任が課せられている事例を、僕的に確認が行えて無い」との状態に有る。
質の悪い日系 Freemasonry(フリーメイソン)
 倫理性の維持における能力に欠ける、成り上がり*3 日系 Freemasonry(フリーメイソン) によって、現状における本邦の『倫理性が、低い状態を維持』を行っている観点が原因とも判断。
日系 Freemasonry(フリーメイソン) による倫理性が、低い状態を維持
 逆に、精神病質性が高い状態を保っている事を意味する。

 または、倫理の保持に付いて、無能な状態を、意味する。
なぜ、 Freemasonry(フリーメイソン) なのか
 僕の観察では、『似非なChristianity(キリスト教)』 に限らず、近代に発生するに至っている『似非な仏教』を含め、『(A)何だかの利益が、集まる場所は、特定されており、(B)その利益が消費される組織も、ほぼ特定されている』との状態に有るが、『(C)近年では、Decoy(デコイ)Freemasonry(フリーメイソン) の関与が有るかの如く、振る舞う集団) を用いる傾向に有る』とも判断するに至っている。
Decoy
 『囮(おとり)』を意味するが、『張りぼて(Dummy(ダミー) *4』とは、異なる。

 更に、『自殺の動機』が重要視され、『(1)外圧的な起因、(2)内圧的な起因』に大きく分けられつつ、『(壱)中分類、(弐)細分類』を行う必要も有る。

(1)外圧的な起因
 当人の外から圧力が生じつつ、それが起因に至った結果を意味する。

 また、『外圧的な起因』でも、誤認が問題視される。
(2)内圧的な起因
 『(甲)自らの思い込みや、(乙)内心から湧く、自殺への欲望』が該当するが、『(丙)外部からの工作に気が付かず、(甲)、(乙)と思い込む』との場合でも、類推的に含まれる。
留意 - (丙)を類推する理由
 明確には、(2)に該当せず、(1)に分類されるが、「(1)だと、区別を行えなかった場合(工作が生じていたと、解明されない場合)は、(2)と判断されるであろう」との観点から、(2)へと類推的に含む。
(丙)の類推を除外する為に求められる事
 「『高度な追求(解析力)』が求められるが、それを極めるよりも、防御を極める方が重要視される」のであって、『高度な追求(解析力)』を、国家(行政の機関)へと求める事を委ねず、一般の国民へと委ねつつ、『一般人が行政の機関へと協力する関係』を、経世済民性の観点から求めている。
誤認
 当人の誤解によって生じる。
西洋的な事例
 僕は、Christian(キリスト教徒) でも無いが、一般的に知られている『 Romeo and Juliet(ロミオ と ジュリエット) 』の物語中において、「仮死状態を誤認。後追い自殺を図り、自殺。後に、仮死の状態から蘇った者も自殺」と言う、『自殺の連鎖』(「愛する者を失った時に、自らも命を断つ『人の情(心理)』」が問われている。
愛する者(物)を失う
 「人に限らない」と言われるが、愛する者(物)を失う事で、自殺を行う事が有る。
『王と家来』などの事例
 古来から『(Ⅰ)王と妃』、(Ⅱ)王と家来』等でも、愛する者(物:神仏精霊を含む)を失った喪失感から自殺が生じつつ、それが敬意の証と認められていた文化も有る。

 暴君の場合には、「後の世代(人類)へ、自らの権力における偉大さを感じさせる目的で、道連れに、自殺する事を強要する輩(王や指導者))が居る事も解っている」のであり、後に「道連れの犠牲者が、人から、人形などに代わった」との文化も有ると想われる。
本邦の事例
 芸能人などにおいて、超人気の者が、『自殺や事故』で他界すると、それに伴い、後追い自殺を図る事例(事案)が、生じている。

 近年では、芸能人の自殺が少なく成り、贔屓(ひいき)者による自殺も、減少するに至っている。

 よって、「自殺と想われる死因に付いて、『(一)初期の段階では、警察が情報の収集を行うが、(ニ)自殺の認定に付いては、家庭裁判所が最終的に行う』との事によって、各種の後処理が行われる』過程を、義務化する事で、『(三)自殺への誘導的工作や、(四)各犯罪への防御、(五)誤認を避ける』を追求する事は、『(あ)経済性の観点や、(い)自治性の観点』からも重要視されるのだから、(一)〜(五)の責任を行政の機関が負い*5つつも、それの帰属する責任を遺族や、遺族に代わり、一般の国民も等しく負う事」が、自治性なのだから、相応な体制を、国家(行政の機関)へと求める。

 なお、自殺に関する僕の知識は、学生の頃に学んだ本の外(当時は、あまり理解するに至って無いので、参考と言えない)は、全て独学と成る。

関する、課題

傾向の観察

報道、情報など

平成30(皇紀 2678;2018)年05月22日 現在

関する、法規

自殺対策基本法

  • 電子的政府
    • 公布
      • 平成二十八年三月三十日
    • 改正
      • 平成二十八年 法律 第十一号

第一条(目的)

 この法律は、近年、我が国において自殺による死亡者数が高い水準で推移している状況にあり、誰も自殺に追い込まれることのない社会の実現を目指して、これに対処していくことが重要な課題となっていることに鑑み、自殺対策に関し、基本理念を定め、及び国、地方公共団体等の責務を明らかにするとともに、自殺対策の基本となる事項を定めること等により、自殺対策を総合的に推進して、自殺の防止を図り、あわせて自殺者の親族等の支援の充実を図り、もって国民が健康で生きがいを持って暮らすことのできる社会の実現に寄与することを目的とする。

第二条(基本理念)

 自殺対策は、生きることの包括的な支援として、全ての人がかけがえのない個人として尊重されるとともに、生きる力を基礎として生きがいや希望を持って暮らすことができるよう、その妨げとなる諸要因の解消に資するための支援とそれを支えかつ促進するための環境の整備充実が幅広くかつ適切に図られることを旨として、実施されなければならない。

二項
 自殺対策は、自殺が個人的な問題としてのみ捉えられるべきものではなく、その背景に様々な社会的な要因があることを踏まえ、社会的な取組として実施されなければならない。
三項
 自殺対策は、自殺が多様かつ複合的な原因及び背景を有するものであることを踏まえ、単に精神保健的観点からのみならず、自殺の実態に即して実施されるようにしなければならない。
四項
 自殺対策は、自殺の事前予防、自殺発生の危機への対応及び自殺が発生した後又は自殺が未遂に終わった後の事後対応の各段階に応じた効果的な施策として実施されなければならない。
五項
 自殺対策は、保健、医療、福祉、教育、労働その他の関連施策との有機的な連携が図られ、総合的に実施されなければならない。

民法

  • 電子的政府
    • 改正 法令 公布日
      • 令和元年六月十四日
    • 改正 法令名
      • 令和元年 法律 第三十四号

第九百八十五条(遺言の効力の発生時期)

 遺言は、遺言者の死亡の時からその効力を生ずる。

二項
 遺言に停止条件を付した場合において、その条件が遺言者の死亡後に成就したときは、遺言は、条件が成就した時からその効力を生ずる。

第九百八十六条(遺贈の放棄)

 受遺者は、遺言者の死亡後、いつでも、遺贈の放棄をすることができる。

二項
 遺贈の放棄は、遺言者の死亡の時にさかのぼってその効力を生ずる。

第九百八十七条(受遺者に対する遺贈の承認又は放棄の催告)

 遺贈義務者(遺贈の履行をする義務を負う者をいう。以下この節において同じ。)その他の利害関係人は、受遺者に対し、相当の期間を定めて、その期間内に遺贈の承認又は放棄をすべき旨の催告をすることができる。この場合において、受遺者がその期間内に遺贈義務者に対してその意思を表示しないときは、遺贈を承認したものとみなす。

第九百八十八条(受遺者の相続人による遺贈の承認又は放棄)

 受遺者が遺贈の承認又は放棄をしないで死亡したときは、その相続人は、自己の相続権の範囲内で、遺贈の承認又は放棄をすることができる。ただし、遺言者がその遺言に別段の意思を表示したときは、その意思に従う。

第九百八十九条(遺贈の承認及び放棄の撤回及び取消し)

 遺贈の承認及び放棄は、撤回することができない。

二項
 第九百十九条第二項及び第三項の規定は、遺贈の承認及び放棄について準用する。

第九百九十条(包括受遺者の権利義務)

 包括受遺者は、相続人と同一の権利義務を有する。

第九百九十一条(受遺者による担保の請求)

 受遺者は、遺贈が弁済期に至らない間は、遺贈義務者に対して相当の担保を請求することができる。停止条件付きの遺贈についてその条件の成否が未定である間も、同様とする。

第九百九十二条(受遺者による果実の取得)

 受遺者は、遺贈の履行を請求することができる時から果実を取得する。ただし、遺言者がその遺言に別段の意思を表示したときは、その意思に従う。

第九百九十三条(遺贈義務者による費用の償還請求)

 第二百九十九条の規定は、遺贈義務者が遺言者の死亡後に遺贈の目的物について費用を支出した場合について準用する。

二項
 果実を収取するために支出した通常の必要費は、果実の価格を超えない限度で、その償還を請求することができる。

第九百九十四条(受遺者の死亡による遺贈の失効)

 遺贈は、遺言者の死亡以前に受遺者が死亡したときは、その効力を生じない。

二項
 停止条件付きの遺贈については、受遺者がその条件の成就前に死亡したときも、前項と同様とする。ただし、遺言者がその遺言に別段の意思を表示したときは、その意思に従う。

第九百九十五条(遺贈の無効又は失効の場合の財産の帰属)

 遺贈が、その効力を生じないとき、又は放棄によってその効力を失ったときは、受遺者が受けるべきであったものは、相続人に帰属する。ただし、遺言者がその遺言に別段の意思を表示したときは、その意思に従う。

第九百九十六条(相続財産に属しない権利の遺贈)

 遺贈は、その目的である権利が遺言者の死亡の時において相続財産に属しなかったときは、その効力を生じない。ただし、その権利が相続財産に属するかどうかにかかわらず、これを遺贈の目的としたものと認められるときは、この限りでない。 第九百九十七条 相続財産に属しない権利を目的とする遺贈が前条ただし書の規定により有効であるときは、遺贈義務者は、その権利を取得して受遺者に移転する義務を負う。

二項
 前項の場合において、同項に規定する権利を取得することができないとき、又はこれを取得するについて過分の費用を要するときは、遺贈義務者は、その価額を弁償しなければならない。ただし、遺言者がその遺言に別段の意思を表示したときは、その意思に従う。

第九百九十八条(遺贈義務者の引渡義務)

 遺贈義務者は、遺贈の目的である物又は権利を、相続開始の時(その後に当該物又は権利について遺贈の目的として特定した場合にあっては、その特定した時)の状態で引き渡し、又は移転する義務を負う。ただし、遺言者がその遺言に別段の意思を表示したときは、その意思に従う。

第九百九十九条(遺贈の物上代位)

 遺言者が、遺贈の目的物の滅失若しくは変造又はその占有の喪失によって第三者に対して償金を請求する権利を有するときは、その権利を遺贈の目的としたものと推定する。

二項
 遺贈の目的物が、他の物と付合し、又は混和した場合において、遺言者が第二百四十三条から第二百四十五条までの規定により合成物又は混和物の単独所有者又は共有者となったときは、その全部の所有権又は持分を遺贈の目的としたものと推定する。

*1 正当的防衛を除く
*2 疑うだけの状態ならば、刑罰的に無罪:無実とは、異なる
*3 古典的な勧誘と異なり、入会金を払って加入する。:よく『捨て駒』に使われると判断。
*4 外見だけの物(者)
*5 行政の責任は、国民に帰属する:つまり、その負担は、等しく国民が負う事に値する。:解説・行政が民に被害を出せば、その被害を受けるのは、民側であって、行政を正せない責任の結果を意味する。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2021-01-22 (金) 17:05:30 (42d)