国際 世界規模戦争は、Freemasonry が、主原因と、想われる件

  • 頁名: 日誌/進捗/平成30年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 普通
  • 状態: 調査、鑑査中
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2018-03-31 (土) 12:55:38
  • 段階、参照:

趣旨

 第一次世界大戦、第二次世界大戦においても、軍事産業で利益を得ていた組織が、限定されている。

 また、戦時中の人身売買などで利益を得ていた組織も、今時代だと調べられる。

関する、課題

Freemasonry による十八番芸 

「相手(対象)に悪行を行わせ、情報を回収する」が有る。

事例 Großdeutsches Reich

 「 Adolf Hitler の配下で展開された」と、歴史的に公言されている Großdeutsches Reich で、「色々な人命の迫害が行われた」と公言されているが、それらの情報を、最終的に回収を行ったのは、米国など白人系である。

育てて刈る
 「(一)田んぼを造り、(ニ)稲を植え育てつつ、(三)実れば刈って、(四)食料にする」と同じ。

 それと同じ公式で、「(A)紛争の原因を造り、(B)牧民、僕民を育て*1、(C)敵対国と戦争の準備が整えば、(D)戦争を開始する」と変わりない。
(D)戦争を開始する
 僕の判断では、『(A)〜(C)の過程は、補填で使われる』(西洋的には、主たる計画と、それが遂行を行えない場合の計画:通称で、『 Plan B 』)と想われる。

 過去の事例を想えば、「 Freemasonry の悪事が暴露されそうに成ると、紛争が勃発する傾向に有る」と判断するが、基本的な戦術でも有る事に留意。

 つまり、「 (a)Freemasonry が関与する『主たる計画』を進めているが、(b)それに逆らうような世間の動向と成れば、紛争を生じさせて*2、(c)大衆を纏め上げる」との手段が用いられる。
僕が、『僕民化、牧民化』と避難する理由
 結果的には、大規模な洗脳的工作が展開されたに過ぎない。
戦争には、兵士(人材)が必要とされる
 『人は、女性が産む』と近年までの科学では、定義されている。

 自らで人を産んでおきながら、「人は、神が作った」と信じる女性も多い。

 『(1)兵士が育つまでに必要とされる期間も有れば、(2)相応に人材が揃うまでの生産(出産)』も必要とされ、嘗ての共産主義、社会主義では、人を機会的に生産する事を指導(月経の管理まで行われ、計画的に妊娠の調査、管理を政府が行っていた)も生じている。

 民主主義側では、『(3)自由な恋愛、(4)出産の自由』が保障されたが、『(5)過剰な愛国心を植え付ければ、Terrorism(テロリズム)を育てられる事』の把握を行っており、現在に至っても自国(米国や白人系国家や、それの思想に習っている文化)に限らず、他国への干渉を工作( SPY )的に行い、Resistance(レジスタンス)を育てる傾向も有って、その代表的な一つに、القاعدة(アルカイダ)等が有るとも判断するに至っている。

毛沢東との繋がり

 Adolf Hitler による、Großdeutsches Reich と、Freemasonry の繋がりは、明確に成ってないが、毛 沢東との繋がりは、日本人を、媒介する形式で、展開された事が、解っている。

補足
 以前(数年前)に、津田大学の女性学における後期の講師に、「共産党と共和党の違いは、『仏教を基礎とするか、Christianity を基礎とするかの違い程度』と、伝えたところ、非常識と判断する相手を威嚇するような感じで、『何を言ってるの』っと叱責的な発言を受けた事が有る」のであって、それらの踏まえつつ、似非 Christianity (質の悪い、Christianity を含む)を、確定するに至っていた。
第二次世界大戦後の日本と、中華人民共和国
 初期に自民党、後追いで公明党が、中華人民共和国の文化に干渉を行っている事が解っている。
中華人民共和国に対する経済性の評価
 民は、奴隷(先制の配下)的な立場に有り、次残材と言う観点から、機械化的な扱いと成っている。

 また致命的なのは、大国でありながら、他国との貿易が求められ、日本国との対立性が、報道の機関から宣伝されるが、貿易における利害(資本的な利益)で見ると、中華人民共和国からの輸入物は、本邦(日本国)で安価に売られつつ、本邦の民に限らず、世界的規模で、中華人民共和国による産業によって、文化の向上が図られている事も、真の経世済民的視野から解る。

 その反面で、中華人民共和国の民は、「生産における人*3の評価は、個々だと無く、生産物に限って評価される傾向に有るから」と想われる。

 また民に高度な教育に対する国際的倫理観を養ってない事から、IT 等の分野や、高度な犯罪が多く発生するも、『機械的な刑罰処分』で処理されつつ、それに耐久性を得た性格は、精神病質的に再犯性を繰り返す傾向に有る(本節の赤文字に付いては、国際的にも共通な刑事の事情)。

近年の中華人民共和国と、日本国

 「Freemasonry Gate には、台湾、上海が有り、工作員を導入するには、日本人が媒介された」と判断。

近年の大韓民国と、日本国

 日系の Freemasonry による、あからさまな政治的関与(工作)が解っており、現状の大韓民国は、『対日の意識を育てられている事』を含めて、Freemasonry の思惑通り( Plan B )とも判断。

経済的な悪い意味での症状
 明治の日本国と同じ状態。
主原因
 軍事を介する過剰な愛国心を育てられる事(前出の、『القاعدة』と同じ)。
不要な人格の削除にも役立つ
 実は、適性検査と同じで、「過剰にと闘争心を好む人材は、戦場にて処分(人命を消費)する」との仕組みが解ってくる。
誤認の問題
 大韓民国側では、民に日本国への敵対的意識が、非 Freemasonry によって育てられているが、それを拒まない「 Freemasonry が、自然的に育ている」にも値するが、「もともとの火種は、 Freemasonry で有る」のだから、『まっち・ぽんぷ』と呼ばれる。
明治の日本国と同じと言う事は、
 つまり、本邦(日本国)の歴史に付いても、 「 Freemasonry によって軍国化された( Plan B )」と判断。
財閥の質が悪い
 本邦でも財閥による、悪代官のような企業が、戦後に解散を迫られたが、なぜか『三菱、豊田』などの Freemasonry の関与が有る財閥は、解体されてない。

武器と、弾を、渡すのは、 Freemasonry 。

 引き金を、引くのは、あなた。

 武器の製造によって、利益を得ている事が指摘されている。

増える人口を『間引く』
 多産*4を抑えられない場合、病気か戦争で、回避する。
過剰な民
 公益性に欠けており、「他の動物と同等に、利己的な行動を行う習性(主に精神病質者などが脅威に該当する)」が該当する。
事例
 「(Ⅰ)単身者が被生活保護の状態で結婚を行いつつ、(Ⅱ)被生活保護のまま出産を行い(によって、受給額が増える)、(Ⅲ)子供を育てるが、家庭環境の悪さから、子供が世間的な不良と成る率は、異常に高く成る傾向にある」との悪循環がにより、賦形剤が生じる。
類似
 在日外国人*5では、被生活保護に成らなくても、子供が不良化する率が、自然的に高く成り、『 天然的な Resistance 』の形成を、自然的に期待できる。

 近年では、在日外国人の子孫における各国の 『天然的な Gang、及び 天然的な Resistance 』の形成が、各地で確認する事が行える。

 逆に、予めに予測が行えていたにも関わらず、その回避を故意で行わなかった状態は、違憲に該当する。
本邦の歴史
 鉄砲の伝来、火縄銃、鎖国の解除、明治の維新、、、等

近年では、Animation、漫画、映画、演劇( 実演の外、TV、Radio、等を、含む)GAME、が、用いられて、いる

+  YouTube
映画
+  YouTube
GAME

 「近年では、Animation(アニメーション)等を、介する、形式で、大規模な刷り込みが、行われて、いる事」も、解って、いる。

 なお、「本邦では、『決闘(不法:[[明治二十二年法律第三十四号>]])を、喧嘩と、称する、形式で、誤認の促進も、展開され、現在でも、継続的に、行われて、いる。

関する、法規

日本国 憲法

前文 第二、三段落目

 日本国民は、恒久の平和を念願し、人間相互の関係を支配する崇高な理想を深く自覚するのであつて、平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した。われらは、平和を維持し、専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去しようと努めてゐる国際社会において、名誉ある地位を占めたいと思ふ。われらは、全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免かれ、平和のうちに生存する権利を有することを確認する

 われらは、いづれの国家も、自国のことのみに専念して他国を無視してはならないのであつて、政治道徳の法則は、普遍的なものであり、この法則に従ふことは、自国の主権を維持し、他国と対等関係に立たうとする各国の責務であると信ずる。

明治二十二年法律第三十四号(決闘罪ニ関スル件)

第一条

 決闘ヲ挑ミタル者又ハ其挑ニ応シタル者ハ六月以上二年以下ノ重禁錮ニ処シ十円以上百円以下ノ罰金ヲ附加ス

第二条

 決闘ヲ行ヒタル者ハ二年以上五年以下ノ重禁錮ニ処シ二十円以上二百円以下ノ罰金ヲ附加ス

第三条

 決闘ニ依テ人ヲ殺傷シタル者ハ刑法ノ各本条ニ照シテ処断ス 第四条 決闘ノ立会ヲ為シ又ハ立会ヲ為スコトヲ約シタル者ハ証人介添人等何等ノ名義ヲ以テスルニ拘ラス一月以上一年以下ノ重禁錮ニ処シ五円以上五十円以下ノ罰金ヲ附加ス

二項
 情ヲ知テ決闘ノ場所ヲ貸与シ又ハ供用セシメタル者ハ罰前項ニ同シ

第五条

 決闘ノ挑ニ応セサルノ故ヲ以テ人ヲ誹毀シタル者ハ刑法ニ照シ誹毀ノ罪ヲ以テ論ス

第六条

 前数条ニ記載シタル犯罪刑法ニ照シ其重キモノハ重キニ従テ処断ス


*1 軍事の準備を含む
*2 軍事による恐怖感から、戦後に大規模な洗脳のが行える:つまり、『大衆意識の操作( Mind control )』に戦争が使われている。
*3 あえて、人を含まないのは、機械でも補える事に留意する為。
*4 過剰な民の発生
*5 「の過剰な入植を認めているのは、誰か」も、どのような思想の関与が認められるかも問われる

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-10-23 (金) 04:38:28 (41d)