立川市役所 有害な図書の保有を止めるように求める

  • 頁名: 日誌/進捗/平成30年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 重要
  • 状態: 調査、鑑査中
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2018-04-07 (土) 22:47:16
  • 段階、参照:

趣旨

 「以前にも、注意を、行っていた」が、『改まりが、無い事』を、確認。

補足
 主に、自殺の方法が、記載されている、書籍、等。

 なお、違憲の立川市役所における、状態は、違憲(日本国 憲法 第三十一条)、及び、不法(自殺対策基本法 第三条 二項:正当的防衛を、除く)と、判断するにも、至っている。

関連する課題

要望

 立川市役所が、『立川市いのち支える自殺総合対策計画(素案)』の件で、大衆の意見を、求めていたので、改善の要望を、行う。

文面の作成

補足

 以前から、立川市役所の管内において、「他人の精神を、壊す、活動(工作)が、行われている事を、確認」するに、至っている。

 長年の観察による結果から、自民党、公明党、民主党、共産党において、黙認されているとも、判断。

 挙句の果てに、病院でも、展開されている事を、確認。

 以前(東京都 八王子市 在住中)に、宗教の調査を、行っていた時、心理*1に付いても、独学で、色々と、学んだ事も、有るが、なぜか、精神(心理)医学で、習うような、方法に、基づいた、展開(実行)が、行われ、立川警察署でも、悪用されている事を、確認。

 「裁判所にも、及んでいるのか」を、試すと、相応の反応が、特定の人材(職員)に、見られつつ、課長、係長などの地位にも、多く、居る事を、確認するに、至っている。

 つまり、「工作者が、在日外国人に、限らない」が、僕が、脅威(排除の対象)と、判断するに、至っているのは、主に、工作に、関与の有る、『(あ)在日大韓民国人、(い)複数の宗教団体系の工作、(う)共産主義系』と、成っている。

追記 - 令和元(皇紀 2679;2019)年12月21日 現在
 帰化後の民にも、警戒中。
留意
 僕が、警戒するのは、工作の活動を、行う者(僕に、実質的な被害が、生じている場合)で、一般人(僕に、損害が、及んで、無い、人間関係上の在日外国人、帰化人を、含む)は、対象と、成って、無い。

立川市役所からの返答 - 令和02(皇紀 2680;2020)年01月14日

関連する、法規

日本国 憲法(電子的政府

昭和二十一年 憲法

第三十一条

 何人も、法律の定める手続によらなければ、その生命若しくは自由を奪はれ、又はその他の刑罰を科せられない。

自殺対策基本法(電子的政府

公布
 平成二十八年三月三十日
改正
平成二十八年 法律 第十一号

第一条(目的)

 この法律は、近年、我が国において自殺による死亡者数が高い水準で推移している状況にあり、誰も自殺に追い込まれることのない社会の実現を目指して、これに対処していくことが重要な課題となっていることに鑑み、自殺対策に関し、基本理念を定め、及び国、地方公共団体等の責務を明らかにするとともに、自殺対策の基本となる事項を定めること等により、自殺対策を総合的に推進して、自殺の防止を図り、あわせて自殺者の親族等の支援の充実を図り、もって国民が健康で生きがいを持って暮らすことのできる社会の実現に寄与することを目的とする。

第二条(基本理念)

 自殺対策は、生きることの包括的な支援として、全ての人がかけがえのない個人として尊重されるとともに、生きる力を基礎として生きがいや希望を持って暮らすことができるよう、その妨げとなる諸要因の解消に資するための支援とそれを支えかつ促進するための環境の整備充実が幅広くかつ適切に図られることを旨として、実施されなければならない。

二項
 自殺対策は、自殺が個人的な問題としてのみ捉えられるべきものではなく、その背景に様々な社会的な要因があることを踏まえ、社会的な取組として実施されなければならない。
三項
 自殺対策は、自殺が多様かつ複合的な原因及び背景を有するものであることを踏まえ、単に精神保健的観点からのみならず、自殺の実態に即して実施されるようにしなければならない。
四項
 自殺対策は、自殺の事前予防、自殺発生の危機への対応及び自殺が発生した後又は自殺が未遂に終わった後の事後対応の各段階に応じた効果的な施策として実施されなければならない。
五項
 自殺対策は、保健、医療、福祉、教育、労働その他の関連施策との有機的な連携が図られ、総合的に実施されなければならない。

第三条(国及び地方公共団体の責務)

 国は、前条の基本理念(次項において「基本理念」という。)にのっとり、自殺対策を総合的に策定し、及び実施する責務を有する。

二項
 地方公共団体は、基本理念にのっとり、自殺対策について、国と協力しつつ、当該地域の状況に応じた施策を策定し、及び実施する責務を有する。
三項
 国は、地方公共団体に対し、前項の責務が十分に果たされるように必要な助言その他の援助を行うものとする。

*1 主に、犯罪の審理

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-01-14 (火) 13:00:02 (8d)