国 建築、土木業と、無人機

  • 頁名: 日誌/進捗/平成30年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 重要
  • 状態: 提案、観察
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2018-04-16 (月) 11:10:51
  • 段階、参照:

趣旨

 以前から、建築、土木の現場において、人工的知能( Artificial Intelligence(A I) )等を用い、無人で作業を行う事を想っていたが、近年だと既に導入を行っていたり、研究が進んでいる。

 特に、大型の建築では、導入が行われている事も多く、掘削機(くっさくき)など、『一定の動作を、長時間に継続する作業』に導入が行われており、海底 Tunnel(トンネル) や、道路の施工で使われている。

注意
 無人化と称するが、『遠隔からの操作( Remote Control )』を行う場合には、無人と異なる。
+  YouTube
理由
 『人工的知能(機械的な判断)』により、作業を行う事を『無人(人による作業と異なる:人的な作業が3割未満*1)』と判断するので、「遠隔地から人が操作を行うならば、無人と言えない」と判断するに至る。

 利用における資格化が、必要と想われる。

補足
 既に農業では、導入が行われている。

関する、課題

傾向の観察

建設

平成30(皇紀 2678;2018)年04月26日 現在

+  YouTube

報道

平成30(皇紀 2678;2018)年05月21日 現在


*1 現場において、微調整が求められる事も有る。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-05-26 (火) 19:24:33 (120d)