国 ごみ、公害を発生させない産業

  • 頁名: 日誌/進捗/平成30年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 重要
  • 状態: 提案、観察
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2018-04-25 (水) 17:13:42
  • 段階、参照:

趣旨

 「消費物に、『ごみ』が、含まれる」との状態に有り、『(あ)過剰な包装や、(い)再利用の行えない入れ物』の扱い(処分)が、一般人の課題と、成っている。

 つまり、「(う)購入を、行う段階で、『ごみ』を、購入するにも、値する事を、行っている」が、その主原因は、「(え)製造、生産を、行っている業者側に、問題(責任)が、有る」と想われ、「(お)一般人が、拘り無く、購入を、行いつつ、『ごみ』の生産に、加担する状態が、原因」(つまり、一般の消費者が、『ごみ』の生産に、加担する事を、意味する)と、想える。

 また、消費者側に、「(か)購入時における、『ごみ』の発生を、減らせる選択肢が、無い」(つまり、同等の商品が、有れば、「比較的に、『ごみ』の発生が、少ない商品を、選ぶ事が、不可能」な状態)との事情も、多い。

 更に、本邦や先進国などで、問題視される、『足枷的産業の方式(僕の経世済民的研究における呼称)』が、懸念され、「故意に、『ごみ』が、発生する環境を、造りつつ、一般人に、資本を、介する形式で、経済的な負担を、生じさせる試みが、有る」とも、判断するに至っており、古来から、差別を、行う為の手段に用いられる(違憲)とも、判断するに、至っている。

なぜ、『差別を、行う為の手段』に、該当するのか
 本邦や、先進国の工業的な発展において、「公害の生産も、平然と、行っていた」との時代が有り、その「公害の被害者は、どのような人達なのか」が、問われつつ、平成30(皇紀 2678;2018)年04月25日(現在)に至っても、数十年も前に、被害が、発生するに至った事件が、『(ア)未決と、成っていたり、(イ)被害者が、十分な保障を、受けられない(のは、裁判所が、悪い:違憲)』等の状態に、有るが、その『政治的な、悪き性格』は、多くの先進国でも、確認が、行え、『(ウ)自国の自傷的状態から(エ)途上国へ、工場を、移転させた後、他国で、公害や被害を、生じさせ(殆どの場合、相手国が、了承、及び無知な状態で、行われている)』との事も、生じており、先進国と言う意味では、異常に、精神病質性の高い、戦略が、展開されている事も、解る。つまり、「知性が、低い(事は、悪だ)から、被害に、遭う」との観点を、有する、輩達(共存性が、無く、精神病質性が、異常に、高い、思想)によって、展開されているとも、判断するに、至っている。
公害の学習
 本邦では、義務的教育にて、習う。

傾向の観察

環境省

平成30(皇紀 2678;2018)年12月10日 現在

立川市役所(公式 Web Site

令和元(皇紀 2679;2019)年08月28日 現在

 広報紙にて、「民間が、取り組んでいる、事情」を、公表。

  • 参考
    • 立川市役所 > 市政情報 > 広報 > 広報たちかわ > 広報たちかわ(バックナンバー) > 広報たちかわ2019年(平成31・令和元)年発行分 > 広報たちかわ 2019(令和元)年8月10日号
      • 6面・7面 - プラスチックをごみにしないために!!わたしたち一人ひとりができること

報道 - 国際

 僕が、学生の頃(約二十年以上も、前)から、Bundesrepublik Deutschland(どいつ 連邦共和国) が、積極的に、取り組んでいる事は、雑誌( Newsweek 等)にって、知っていた。

 なお、本邦の報道では、European Union(欧州 連合) で、報道を、行っている事が、多く、実質的に、 Bundesrepublik Deutschland の先鋭(せんえい)(及び他国の牽引)が、あらゆる分野で、目立っている。

令和元(皇紀 2679;2019)年06月15日 現在

平成30(皇紀 2678;2018)年05月29日 現在

報道 - 国内

平成30(皇紀 2678;2018)年05月29日 現在

雑誌

平成30(皇紀 2678;2018)年05月29日 現在


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-01-05 (日) 19:08:22 (212d)