立川市役所 平成29年度・被生活保護者数などの事情

  • 頁名: 日誌/進捗/平成30年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 重要
  • 状態: 調査、鑑査中
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2018-05-03 (木) 13:30:31
  • 段階、参照:

趣旨

 各年度で、行っている調査。

 なお、今回の調査は、『新たな要望を行う為の資料』を、兼ねる。

  • 参考
    • 立広聴・平成29年度・第151号
    • 立広聴・平成28年度・第161号
    • 立広聴・平成27年度・第187号
      • 立広聴・平成27年度・第209号
    • 立広聴・平成26年度・第219号
    • 立広聴・平成25年度・第025号
      • 立広聴・平成25年度・第374号

関する、課題

計算式の再検討

 これまでに、立川市役所から得る情報に付いては、『僕から提起されている計算式に基づく、返答』と成っている。

目的
 憲法に基づく、法律が基準と成り、外に実務的な細部では、(厚生労働省から)指針が示され、各地方(都道府県)自治体で行われる人材の教育が行われる。
理想と現実
 担当者一人当たりの理想的な、被保険者数が示されている傾向に有るが、実質的に問題視されるのは、「被保険者の数よりも、『業務の妨げと成る問題を抱える被保険者の数』であり、業務の妨げに成らなければ、担当する被保険者の数が増えても、あまり実務的な負担に成らない」と言うのが、僕の説である。
僕の説
 商業における『顧客の管理』と同じ事で、一般的に理解され易い事例は、『保険の会社と、顧客の関係』等が該当すると想われる。

再検討の必要性

 『担当する被生活保護者の総数よりも、問題を抱えている(または、問題を有する)被生活保護者を減少させる事』を、本課題の前提(戦略性)とする。

  1. 『問題を有する被生活保護者の数』を考慮する。
    • 被生活保護者が、自覚する問題
      • 心身的な問題
      • 性格の問題
    • 被生活保護者が、自覚するに至ってない問題
      • 主に、公務と利用者の都合における負担。
  2. 地域を基準に、担当を割り振る。
    • 『町内の大きさ』によって、抱える人数も異なる。
    • (いわ)く付きの地域など。
  3. [自殺者の発生を抑制する]
    • 主に、「生存する事への『(A)絶望と、(B)苦痛』」が、自殺の主原因と成る。
      • 周囲の人間的関係でも、「(a)『早く死ねば』」等の気持ちを抱かせるような状態や、(b)そう『周囲の人等が思っている』と、当人が思い込む事によって自殺への決意が強まる傾向にあり、職員が過剰に接する事を警戒する外、該当の被生活保護者が、更に他人との関係を拒む心境に陥る等の状態に成る事も有る(孤立の発生、及び孤立が生じる心理)。
      • 被生活保護者の立場(論理)では、『合理的な処置(自決)』と成る。

調査

文面の作成

  • 構想
    • 平成30(皇紀 2678;2018)年11月05日
  • 構想 そのニ
    • 平成30(皇紀 2678;2018)年11月16日
  • 構想 その三
    • 平成30(皇紀 2678;2018)年11月22日

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-01-17 (木) 20:26:02 (499d)