立川市役所 市長と語ろう

  • 頁名: 日誌/進捗/平成30年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 普通
  • 状態: 完了、終了
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2018-05-09 (水) 15:13:23
  • 段階、参照:

趣旨

 立川市役所では、『市長と、語ろう』の制度が、設置されており、それにて、『語られた内容が、Website 等で、公開されているのか』を、確認する。

市長と、語ろう
 基は、八王子市役所の制度に、設置されていた企画。僕が、八王子市役所の管轄内で、在住中は、何回か、利用を、行っており、当時の八王子市 市長(黒須 隆一 殿:Wikipedia)へ、『(あ)南大沢駅周辺の駐輪、(い)街の治安』に付いて、意見(提案など)を、行った事が、有る。後に、僕が、立川市役所の管轄内へ、転居を、行った時(数年前)に、「未だ、立川市役所には、その制度が、無かった」ので、『秘書課(の課長)を、介する形式』で、設置の要望を、行った。
補足 - 秘書課(の課長)を、介する形式
 当時、広報課など、各部署の職員における質が、『異常に、悪い』との状態に、有って、『市長へと、直訴を、行うような形式』(秘書課を、介する形式)で、報告を、行っていた。また、その類から、「市長が、直接に、(他の)市民から(も)、意見を、聞く体制を、整えた方が、良い」と、僕が、提案するに、至ったのが、『市長と、語ろう』と、成る。
解説
 「市役所の末端的職員が、問題の粉砕(ふんさい)や、隠蔽(いんぺい)を、図っている事が、多過ぎる」事に、由来する。
提案の戦略的方法は、軍事から
 『平和を、維持する事にも、戦略性が、必要と、成る事を、痛感させられた事案』と、成っていた。本件で言う、立川市役所へと、提案を、行った『市長と、語ろう』は、僕の『経世済民的な活動』における戦略だと、『地中貫通爆弾の方式』が、用いられている。つまり、本件では、『秘書課を、介する形式で、市長へと、直訴的な対応を、行う事』の部分が、該当する。後は、自動的に、内部から、問題の有る部署へと、監査が、行われる。別の例えでは、「人体的医学で言う、『自己免疫力』( Macrophage :Wikipedia)の活動を、活性化させたり、『T細胞Wikipedia)』の活動と、同じ」と、説明する事も、有る。
僕が、経世済民的な観点で、用いた、『地中貫通爆弾(Wikipedia)の方式』とは、
 末端の公務員が、「窓口で、悪事(窓口での論争を、誘発する等)を、働きつつも、それが、上司に、感知されない、又は、形式的に、上司へと、報告されない(一般的には、『事、無かれ主義』と、解されている)』との状態(厳重に、防御されたような状況)を、撃破する為に、『別経路』(敵の装甲、守りが、弱い場所)から、『貫通型爆弾』で、攻撃を、行うかの如く、『攻める方法』(正当敵防衛)と、成る。
留意
 僕による『経世済民的な活動』においては、「軍事で、用いられている戦略や、攻撃の方法から、色々と、学んでいる事は、事実』と成るが、「軍事や、過剰な争いを、避ける為にも、情報的な戦略、防御的な攻撃は、必要とされる」と言う、観点からの事で、ある。また、僕の活動は、情報的戦略での事であって、実際の軍事的な活動には、否定的と、成る。
注意
 僕の経世済民的な研究では、「軍事(暴力、不法、違憲な行為)を、用いず、情報的戦略で、制御を、行える事の実証(追及)を、行っている」のであって、「軍事における武器、攻撃の方法を、開発する事が、目的と、成っておらず、その逆に、『情報の操作で、軍事(暴力、不法、違憲な行為)を、制する事も、可能』とする事が、経世済民的に、追求(研究)されている事」が、主体に、成っている。

関する、課題

簡易的な調査

立川市役所 Website - 平成31(皇紀 2679;2019)年03月25日

 各年度の記載が、行われている事を、確認。


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-06-25 (木) 10:10:23 (217d)