国 公務職に、人工的知能を用いる事

  • 頁名: 日誌/進捗/平成30年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 重要
  • 状態: 提案、観察
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2018-05-11 (金) 21:55:10
  • 段階、参照:

趣旨

 公務の人材に付いては、『(甲)人員の削減、(乙)倫理性の保持、(丙)精神、肉体(性別を含む)的な問題』など、「人材的な限界に至っている」と想われる。

 よって、『機械と人』の観点から、機会に任せられる部分を広げる事で、補う事を求める。

 なお、『機械の動力源』と言う部分では、『水(主に海水)の外では、燃料の確保は、輸入に頼られる』との現状が有り、今後における水素的燃料の開発にも期待される。

傾向の観察

地方自治体

平成30(皇紀 2678;2018)年05月24日


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-12-10 (月) 03:52:00 (535d)