国際 他国の憲法を把握する

  • 頁名: 日誌/進捗/平成30年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 重要
  • 状態: 提案、観察
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2018-05-13 (日) 17:19:12
  • 段階、参照:

趣旨

 長年、『行政に対する鑑査の活動』において、本邦(日本国)の憲法を基準にと、公務員へと指摘する事が多かった。

 国際的な観点から以後においては、、「他国の憲法も把握を行い、本邦の企業などが相手国の思想、及び文化を侵食する事が無いようする事」を、求める。

補足
 『(A)宗教、(C)思想、(D)商業』を介する形式で、相手の文化を侵食する工作は、主に『(a)西洋の宗教、思想系、(b)仏教系、(c)新興的宗教、思想、(d)それらの似非(類似)を含む集団』によって、展開される事が有り、問題視される。
なぜ(A、B、C)の活動が頻繁に行われるのか
 単に、同胞優位性の外に無い。
人の(さが)
 人の性質(性格)において、自分に『(あ)利益が有る者(物)、(い)利益が無い者(物)』に分けられつつ、更に(い)は、自分に『(ア)無害の者(物)、(イ)害を及ぼす者(物)』に分けられ、基本的な理性(本能:反射的正当防衛)の観点から、(イ)に排除的意識を抱き易い。
敵と見方
 「(あ)、(い)、(いーア)に該当するか」で判断されるが、『者(物)の個体数が過剰に増える事によって生じる不経済への危惧』から、(あ)のみを同胞と認め、(い:ア、イを含む)と敵対を行い、人命の消耗を図る」との観点が有る。また、『(弌)優秀な人材は、育ってみないと判らない』や、『(弍)不良人を、どのような方法で、合理的に処理、処分を行うのか』が、近代の経世済民学で問われている。
正義の基に、他人を殺傷する事を行う人格
 『人命の消耗』において、「人の暴力的な部分を維持させ、効率よく利用する」には、軍人、警察官など、正義を前提に、相手を殺傷する意識を有する人格を育てる事で、成り立つ。数学(論理式)的に判断(解説)すると、「『+1』でも、『ー1』でも、『1』に変わり無い」に当てはめれば、「人を殺傷する行為は、正義であれ、悪意であれ、同じ」と言う事が解るのかと想われる。
精神病質性の区別
 「『人の殺傷を行いたい』ので、軍人、警察官、刑務官(死刑を執行する業務)を選ぶ」との場合、「どうせ人の殺傷を欲するならば、正義的に活動する方が、社会、世間的にも優位である」と言うのは、理想の論理式で形成されるが、精神病質性が高いと判断できる。また、『衝動的な殺傷(刑事)』では、理性を制御するに至らない程の感情が主で、外に計画性が認められる場合には、精神病質性が高いと判断できる。俗に、「高学歴な者には、精神病質者が多い」と想われるのは、「計算高い、自己優位性を展開するのだろうから(悪事を行っても、隠蔽する能力に長けている事も含まれる)」と言う、一般的な思い込みが有る。(僕の行政に対する鑑査の活動では、「悪事を行っても、隠蔽する能力に長けている事を、無益化する事」が含まれ、主に違憲、違法な不良公務員(司法の人材を含む:公務員の中では、『(壱)裁判所の職員、(弐)警察官』*1など)に対する防衛戦を展開。

各国の憲法

United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland(英国)

 不文な憲法(非成典憲法)

僕の観点

 英国の王室に付いては、保守的な思い(想い)が有る。

 外は、戦略、侵略性が、宗教の基に強く、平和の倫理性には、欠ける。

宗教の基
 『宗教を盾に、正当化する』のは、「人と言う観点で、責任を負って無い」と解せる。
悪業も、神の導き
 悪人は、そう唱えるが、『 Satan の導き』と解する事で、区別す傾向に有る。
Satan であれ、何であれ
 悪業に変わり無い。単に、『信者と認め難い』ので、差別を行い、優位(正義)性を保っているに過ぎない。

United States Constitution(米国)

 米国の憲法を、和訳する Website が有る。(適切な和訳かは、不明:確認する観点は、僕に無い)

僕の観点

 英国の前衛国で、Public type Freemasonry により、建国、及び保持されている国。

Public type Freemasonry
 王族、貴族系と異なり、僕の経世済民的観点では、『成り上がり(精神病質者が多い:捨て駒)』と判断するに至っている。王族、貴族系でも、職権乱用(倫理観が低い:経世済民性が低い)者が居ると想えるが、Public type より少ないと判断。
戦略性が高い
 僕的には、『 Public type Freemasonry 』(の展開)を、後天性免疫不全症候群(Acquired Immune Deficiency Syndrome(A I D S))に例える事が多い。
AIDS に例える理由
 あらゆる分野の戦略性における展開(特質)が、AIDSに類似すると判断。
AIDSの特効薬は、奴等が有する
 俗に、『まっち・ぽんぷ(偽善的な自演)*2』を展開する傾向に有り、知性が低い文化だと、餌食と成る傾向に有る
工作性
 他国において、Freemasonry の観点が政治的に受け入れられない場合、『(1)相手国の犯罪的組織を育てたり、(2)相手国の民を、情報を介する形式で、不良化する傾向に有り、(3)宗教や思想に付いては、愛国と称する形式で、Terroriste(テロリスト) を育て、国際的に悪い印象を抱かせる』との工作が、基本的な戦術に使われていると判断、どこの国でも見られる『文化的侵食の戦略』で有る。
(1)相手国の犯罪的組織を育てる
 実質的には、Resistance(レジスタンス) を支援する。
敵の敵は、見方
 軍事に限らず、全ての戦略において、基本的な概念に、「敵の敵は、見方」と言う観点が有る事に留意。
(2)相手国の民を、情報を介する形式で、不良化する
 主に、情報紙(新聞、雑誌)、Tele Vision (T V)Radio(ラジオ)を媒介に、芸能などを介する形式で展開される。

:::本邦でも多い、芸能人の Public type Freemasonry| 在日外国人を起用する事も有り、女性芸能人の場合は、背景(Promoter(プロモーター):主催者、芸能事務所)に居る事が多いとも判断。利益の回収が過剰に成ってくると、宗教を介する形式で寄付を行う事で、余剰な利益分の消化を図り、且つ信者からの支援を受ける事が期待される。

(3)宗教や思想に付いては、愛国と称する形式で、Terroriste(テロリスト) を育て、国際的に悪い印象を抱かせる
 第二次世界対戦後の本邦では、『似非な左右翼』を育てた傾向に有ると判断。
似非な左右翼の効果が無くなりつつ有る今時代
 「新興的宗教、思想の集団を介する形式で、展開される」と判断。
組織の維持を図る為に
 「表見的な『指導者、先導者』に子供を産ませ、組織の継続性を図る」との事も、計算されていた可能性(疑い)が有る。実は、宗教(宗教に限らず、論理)的倫理(の公式)では、「神仏、精霊の(しもべ)など、独身の隷従者により、Zero Sum(零の和) GAME(俗に言う聖戦などの形式を服務)が展開される」との事が、人類的に多くの文化で確認が行え、「独身者で有れば、正義の基に悪行を行っても、その者(物)が滅びれば、罪が引き継がれないとの戦略(零の和:0+0+=0)性から、古来から文化的保持の戦略*3で使われていた」と、僕的に解釈をするに至っている。

Конституция Российской Федерации(露西亜)

僕の観点

補足
 YouTubeで、日本語を話す民を、みかける程度で、直接的な交流は、僕の認識で無い。
国際的な交流の場
 「例えば、Internet 等の国際的な場において、色々な国の人と、交流する事も有るが、そこに露西亜の人が居る事も有り、それを拒む事も無く、普通に友好的に接する事が有る」と言う程度。

中华人民共和国(中華人民共和国)

僕の観点

 統計的には、『(弌)移民が一番に多いとされ、(弍)犯罪の発生率も高い』とされ、『(参)国際的にも脅威と成っている』等の事から、僕的にも脅威に感じている国家。

本邦で、宗教に入信する事に付いて
 「母国側で、海外に在住中の民が、宗教に入信する事を認めているのか」が不明で、本邦で日本人の面をする形式で、各種の宗教や思想の工作を展開する傾向に有る。
犯罪の組織
 指定暴力団の構成員、及び嘗ての暴走族、一般的に不良と呼ばれる集団を形成にも多く含まれると言われる。
注意
 学生の頃(埼玉県に在住中)、中华人民共和国からの留学生などと交流が有ったので、違和感が無かったが、『結婚の斡旋』(実際に、勧められた)など、不適切な活動を展開するに至っている事の程度は、把握を行っていた。東京都八王子市へと転居を行った後には、在日外国人(主に、二世と呼ばれる子孫など)による犯罪などが、世間的に報道を介する形式で、公にされているのを把握するに至りつつ、商業的な展開にも『疑問視(警戒)』するように成った。
在日系との交流は、避けている
 中立性の観点から、交流を行っておらず、今後に付いても、特に求めてない。
政府的な共産主義への努力は、認めるが
 「古来からの文明が有りながら、万民の習性を理解するに至ってない」と判断でき、「中华人民共和国の文化は、自国の民が、自らで文化を滅ぼす傾向に有る(自滅型)」と判断。嘗ての日本国(大日本帝国)も同じ。
理想と現実
 民の低能性を補えず、高度を求めるのは、「変速機において、いきなりに1速から6速へ変更するような行為と同じ」である。
共和、共産(協和を含まない)
 結果的に、王制を無くすに至っても、王に変わる権力者が登場するだけの事。
王や権力者の発生が悪いのか
 僕の観点では、『隷従*4者』の存在(存在と言うよりは、質、及び人間性、倫理性など:精神病質性が高い等)が悪いと判断。つまり、「隷従(思考の)者が、王に限らず、権力者などの保持を行っている」と解せるが、それが「人類にとって有益ならば、否定する理由が無い」が、害が有る限りでは、否定されるのであり、やはり「隷従者と、王や権力者の健全な関係」が求められ、それの維持が求められる。また、「支配欲の強い、『成り上がり』(精神病質者)による暴君が問題視される」が、前出のように「敵の敵は、見方」から、何だかを理由に悪行者が競合する相手から支援される事が有る。
一人っ子政策
 「発想的には、間違ってない」と想えるが、大衆(一般人)の心理を理解するに至ってないので、失敗*5するに至ったと判断。
先進国では、少子化
 結果的に少子化(多産の防止)は、中华人民共和国の政策よりも、『一人っ子政策』を行わなかった他国の方が優位と成っている。

*1 検察官を含むのかは、僕的に微妙:世間的一般では、検察官を含める傾向に有る。
*2 正義の活動を行う為に、必要とされる悪行(仕込み):果実などを育てる感覚にも類似する:犯罪を育てて、それを狩る。:実際に生じた事件例では、「消防の行為を欲するので、消防士に成ったが、火事の発生が無いので、自らで(隠密に)放火を行い、その消化を改めて消防士と成って行う」が有り、それに例えられる。
*3 当時の人達、及び信仰の深い人達にとっては、「悪霊、悪魔などによって、自分達の文化が悪化する事への正当防衛的、浄化的作戦だった」とも解せる。
*4 本邦では、違憲者:日本国憲法 前文 第二段落目の趣旨に反する
*5 人類的規模で想えば、国際間での実験とも想え、「自由(倫理的を維持する規制は、有る)と、不自由(過剰に規制されている)で、『人の文化は、どちらが理想を、優位に達成させる事が可能か』を試すに至っていたかの如く。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-12-10 (月) 03:52:00 (532d)