国 裁判所の利用を活性化する

  • 頁名: 日誌/進捗/平成31年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 普通
  • 状態: 提案、観察
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2019-01-15 (火) 14:10:14
  • 段階、参照:

趣旨

 本邦の現状では、「(A)裁判所を利用する事で生じる被害が大きく、(B)特に犯罪の被害を受けながら、民事で損害賠償請求を行っても、弁護士だけが利益を得ているような事件が、多く有る」と、想われる。

 また、「(C)何だかの『被害の会』等を結成後、それによって弁護士が、被害者の意識を操作する形式で、利益を得ている場合も有る」と、想われる。

 よって、「(あ)本邦の裁判所は、一般人でも利用する事が可能な為に設置されているのだから、(い)それを阻害する工作を展開するような思想の排除が求められつつ、(う)国民の健全なる裁判所の利用は、『本邦の文化的な向上にも繋がる』と、判断できるのだから、(え)『(い)、(う)』を促進する事を、(お)国から国民へと、指揮する」ように、求める。


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-01-15 (火) 14:21:34 (828d)