国 国民の生活を保護する施設に付いて

  • 頁名: 日誌/進捗/平成31年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 普通
  • 状態: 提案、観察
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2019-01-17 (木) 15:47:56
  • 段階、参照:

趣旨

 「国民の生活を、適度に保護する施設が、必要」と、想われるが、実際に施設を建設する事に至っては、地域の住民から反対を受ける事が、有る。

 よって、「(あ)該当の施設は、適度な場所に設置する事が求められ、(い)『国家、行政側の勝手な強要で、強行される事』(住民による投票での判断などが、行われて無い状態で、多くの住民から、反意が生じている状態)は、『民意に反する行為』(非民主主義的)なのだから、それを改める必要も生じている事が、解る」ので、相応な対策を、要する。

 なお、「学術的に、更生や学習、訓練などの施設で、特に人間性を養う場合には、都心部よりも、自然的環境に馴染みの有る方が、大自然を前提とする人間的な感情が育つ」と、想われる。

大自然を前提とする人間的な感情
 過剰(他者、他物を、過度の排他的)にと、人(や己)を中心に考える事によって、生じる文化的な被害は、過去の人類史からも多く、主に『過剰な独裁の政治によって、生じている事』が、解っている。
人間性の欠如
 本件の課題における人間性とは、『人と人の関係を、維持する事』で、『親子、友人、職場の同僚』(つまり、親戚、他人)等を含めた、人間的関係を、意味する。
孤立
 宗教や思想に基づく工作で、孤立させられた場合を除き、自然的に孤立する現象が、近年に問題視されている。僕が10年以上も前から、無差別殺傷事件の発生に付いて、色々と調べていた限りでは、「孤立(隔離的な生活の環境)によって、精神的な障害を生じる危険性が有る事は、本邦の歴史だと(近代的な孤立の問題は:明治の時代後)、色々と生じている。
無差別殺人
 近年での孤立で典型的な、『(弌)社会性からの阻害と、(弐)自虚的な妄想を発生させる工作』(被害者が『(1)自殺か、(2)他殺』を強いられるような、心境に陥る)によって、生じている可能性が、有る。意外だったのは、「表見で、慈善的な宗教、思想の団体が、関与を行っていた」と、判断するに至った事。
近代的な孤立の問題
 他人との交流において、『(あ)自然的な内面的からの心情、(い)外部からの情報による意識の操作Mind Control(マインド コントロール) )』の二種に分けて、拒絶する性格を分ける。
(あ)自然的な内面的からの心情
 『自然的な内部』と客観的に想われながらも、「『脳の疾患』が無い場合には、心的な外傷(Psychological Trauma(トラウマ))による影響を、疑う必要が有る」と、想われる。また、「(ア)軽度の場合には、他人との会話を拒絶するとの状況から、(イ)悪化すると、精神的な(後天性の)自閉症(Wikipedia)に、陥る可能性が有る」とも想われ、幼少期での教育における判断(先天性か、後天性の判断:精神的な問題なら、治る可能性も有る)が、重要視される。
(い)外部からの情報による意識の操作( Mind Control )
 一般人でも生じる人間性の問題で、一般的なでも、生じる。つまり、噂(事実、不実を問わない、話題)が原因で、他者(他物)の偏見、差別が生じる事が、有る。「特に女性の場合は、男性と比較すると、会話を好む傾向に有る」と、現代の科学で指摘されており、逆に「会話数が少ないと、精神に悪影響を生じさせる事も有る」事も、指摘されている。男性である僕の推測では、「女性に限らず、育児などの社会的に責任を有する者で、責任感が強いと、性格的に、あらゆる情報を収集する傾向に有る」と、想われ、その時に「何だかの情報(言葉に限らず、視覚の方が、影響が強い)を介する形式から、『偏見、差別』が始まる」と想われつつ、更に「そのような本能は、自衛による観点から生じる」(ここでは、理由の詳細を記さない)とも、想われる。よって、「『(ア)情報の操作、(イ)錯誤(工作でによって、誤認させられた場合を、含む)』の状態を、当人に理解させれば、拒絶の反応が、和らぐ傾向に有る」と、解る。一般の家庭では、「母子間での御菓子の優先権」、「父子間での小遣い請求」、「夫婦間での、何だかの利害的関係が生じている交渉」等の喧嘩で、攻防が見られつつ、家庭内で鍛えられる傾向に有るのかと、想われる。本課題では、「(弌)先天性の疾患だと、『情報に基づく判断を行えず、隷従的な状態に陥り、意識の操作、及び行動(誘導された状態)が生じつつ、主に命令や指導によって、展開される』ので、除外され、(弐)後天性で、催眠や暗示(自己的暗示を、含む)を含めて、心理の操作が行われている状態」では、生じている誤認を解く事で、対人間の障害が解消される事も多いので、相応な教育を行う事が、重要視される。

人格的な区分けの必要性

 施設を利用するに至る人の性格を、大きく二つに分ける必要が、有る。

集団的な行動を求める性格
 孤独での環境を、嫌う。
精神病質性に伴う、留意
 「集団の中で、優位に成りたい」(『指導者、先導者』の性格)は、その能力を悪用する事(他者を使って、犯行に着手させる事)も、有る」ので、注意する必要が、有る。また、「過剰な正義感によって、徐々にと倫理観が蝕まれる危険性」も、生じる。
  • 参考
    • Milgram Experiment(ミルグラム 実験) - Wikipedia
    • Stanford Prison Experiment(スタンフォード監獄実験) - Wikipedia
孤独的な行動を求める性格
 比較的に、集団での行動を、嫌う。
精神病質性に伴う、留意
 「(A)自己の遊戯心を満たす為に、(B)他者(他物など)を、殺傷、破壊する性格は、(C)『他者(他物など)と、自分の人間的な存在における価値観に、欠如が生じている』と判断でき、『孤立させると、妄想や想像が、拡大する(悪化する)可能性も、有る』が、(D)だからと言って、『過密な人の環境に置くと、発狂的するような行動を、生じさせる事も有る』ので、注意が必要と成り、(E)少ない人間的関係で、(F)集団への参加を強要せず、(G)自然的な感覚で、集団と接する事が可能な環境が、求められる」と、僕的に判断するに至っている。
自然的な感覚
 人工的に作られた生活の環境において、「(a)孤立者が、過度に自律的な生活するのでわな無く、(b)孤立を好む自分の外にも、孤立(孤独)を好む者(物)が居る事や、(c)複数人での生活を望む人(物)、(d)『(b)、(c)』の外にも、色々な性格の人(生物)がおり、自らの人体内でも、多くの生物が存在する事の自覚も求められつつ、(e)『(a)〜(d)』を理解する事で、他者(や、他物)との共存性における接点が見出される事も、有る」と、想われる。単純に説明すれば、「『比較論』を用いて、他者(や、他物)と共存性する事への理解を、学ぶ事」を、意味する。よって、「都心のような、他者が『動物』に見える程の環境は、『良くない』と判断でき、多くの生物が共生する環境で、『色々な事を学ぶ事』が、民の保護に繋がる」と、僕的に想っている。

関する、課題


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-01-17 (木) 20:22:28 (826d)