国 被生活保護世帯には、家計簿、日記を付けさせる

  • 頁名: 日誌/進捗/平成31年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 普通
  • 状態: 調査、鑑査中
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2019-01-23 (水) 20:49:16
  • 段階、参照:

趣旨

 だいぶ、前から、提案を、行っており、現在だと、電子的な家計簿、筆記を、付ける、事を、推奨中。

 別の案件で、問合わせを、行った、序に、改めて、簡易的な要望を、行った。

関する、課題

簡易的な要望

 自治体への要望を、簡易的に試みた。

立川市役所 福祉保健部(立川市福祉事務所) 生活福祉課 - 平成31(皇紀 2679;2019)年01月21日

 (ご意見、ご要望が有った事を)解りました。

概要

(一)
 被生活保護者は、世帯別に、『(あ)家計簿、(い)日記』の記載を、行って、もらい、『(う)今時代なら、電子的な記載が、可能で、(え)Internet を、介する、形式から、情報の送信も、行なえ、(お)人によって、それらの情報を Internet 上で、公開する、事迄もを、認める人が、居ると、想える」ので、それらの検討を、行われたい。

(あ)家計簿
 日々の生活的事情を、検討する、材料にも、成る。
(い)日記
 日々の生活的事情を、改善する、検討の材料にも、成る。

(ニ)
 また、(一)では、『(ア)初期の段階で、希望者を、募り、(イ)実験を、行いつつ、(ウ)その結果に、基いて、義務化の検討を、行う』との手順で、検討を、行われたい。

(三)
 なお、厚生労働省側へは、既に、「立川市役所の管轄下で、公務の(及び民の文化的)向上を、前提に、色々と、試す、事を、許可されたい」との申出を、僕(行政に、対する、鑑査の活動:日本国の民、その一人)の立場から、要望を、行っているので、本件を、試す時にも、「『行政に対する鑑査の活動』からの提案に基き・・・」との観点で、上級庁へと、許可の申立を、行う、事で、『解り、易く、成る』のかと、想われる。

(追伸)
 本件は、『管理の機構』(管理 System )を、用いて、主任、課長、部長へと、(同時的に)伝えられたく、その返答は、期せず。


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-02-16 (日) 22:19:50 (290d)