裁判所 外線の扱い

  • 頁名: 日誌/進捗/平成31年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 普通
  • 状態: 調査、鑑査中
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2019-02-12 (火) 18:12:48
  • 段階、参照:

趣旨

 裁判所では、訴訟の手続きにおける関係で、利用者から頻繁に連絡を受ける事が、有る。

 その事情に基づいては、本来だと『(あ)口頭、(い)電話』の聴取書と言う形式で、記録する必要も、有る。

 また、それにおける職員への業務の負担も、大きい。

 よって、相応な対策を、要する事が、解る。

関する、法規

民事訴訟規則(裁判所)

平成27(皇紀 2675;2015)年06月29日 最高裁判所規則 第6号

第一条(申立て等の方式)

 申立てその他の申述は、特別の定めがある場合を除き、書面又は口頭ですることができる。

二項
 口頭で申述をするには、裁判所書記官の面前で陳述をしなければならない。この場合においては、裁判所書記官は、調書を作成し、記名押印しなければならない

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-02-13 (水) 01:12:01 (652d)