国 簡易裁判所の民営化

  • 頁名: 日誌/進捗/平成31年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 重要
  • 状態: 調査、鑑査中
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2019-02-21 (木) 16:29:11
  • 段階、参照:

趣旨

 簡易裁判所を、半民営化する事を、国家に、求める。

半民営化
 公務員の外、『主に、一般人の人材を、導入する事』を、意味する。
裁判官の設定
 随時の裁判官に、『弁護士の臨時的な起用』を、提案。

関する、課題

簡易的(簡素(かんそ))な要望

 別件の問合わせ(『-最高裁判所 各種の裁判所に、切手の自動販売機を、設置 - 日誌/進捗/平成31年度/33』)の序に、周知的な観点での要望を、行った。

法務省 民事局 民事参事官室 - 平成31(皇紀 2679;2019)年02月21日

概要

 裁判所の運営に付いては、民間の一般的な企業よりも、人材が、劣っている。

 よって、事務効率などの効率化を図る目的を踏まえ、半民営化する事を、求める。

 なお、裁判所の利用における活性化に伴い、「裁判官の数が、足りない時には、弁護士を、起用する事」も、検討されたい。

最高裁判所 事務総局 広報課 - 平成31(皇紀 2679;2019)年02月25日

概要

法務省と、同じなので、省く)


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-02-28 (木) 03:56:46 (491d)