国 普天間飛行場の代替的施設における沖縄県民投票

  • 頁名: 日誌/進捗/平成31年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 普通
  • 状態: 調査、鑑査中
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2019-02-25 (月) 01:01:54
  • 段階、参照:

趣旨

 普天間飛行場(Wikipedia)の代替的施設における沖縄県民投票が、行われた。

 その結果から、「国家の強行性が、過ぎる」と、感じられる。

 また、米軍によって、利益を得ている民が居るのも、事実。

 それらの事情を含め、『(あ)国家の過剰な強行性、(い)観光地の確保、(う)自然の保護』の観点で、基本的に保護的な対処を、国家に求める。

簡易的な調査

事情

 島民の意思的表示(投票)には、『(甲)反対、(乙)どちらでもない、(丙)賛成』が、有って、『(乙)』の存在に、注目を、行った。

+  YouTube
(乙)どちらでもない
 事情が、解り難い存在と、成っている。僕が、想うには、「主に、米軍の基地が、在る事によって、何だかの利益を、得ている県民の意思的表示(投票)」と、判断。また、「種別的には、『賛成』に取り込まれて、解釈される」との可能(危険)性が、有る。
微妙な部分
 例えば、『(A)建設(土木工を、含む)、(B)飲食、(C)風俗(性風俗を含む)』が、挙げられる。外にも、『(D)米軍の基地と、何だかの取引が有る、県民』と言う立場では、「どちらでもない」と、主張する傾向に有るのかと、想える。
(A)建設、(B)飲食、(C)風俗(性風俗を、含む)
 深く考えるまでもなく、「どのような者達が、仕切っているのか」は、想像が、付く。それでも、「投票に、参加する観点は、良い事」と、想える。
Freemasonry(Wikipedia) の存在
 沖縄にも、Teikoku Lodge(沖縄県中頭郡:参考 日本のフリーメイソンリー:Wikipedia)が、有る。つまり、自治体の仕切り(知事や議員、民間の事業を、含む)の中心が、Freemasonry の可能性も、有る。また、「米軍との関係で、主な利益を得ている」のも、同団体と、想える。更に、前出の(A)〜(D)の操作を行っている可能性も、疑える。
米軍の基地が無くなったら、どのように(沖縄県の民が)自衛を行うのか
 その具体案が、明確に成って、ない。

世間的な傾向

報道

平成31(皇紀 2679;2019)年03月17日


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-03-17 (日) 04:13:04 (767d)