国 医学研究者などによる、精神を、害する事への教唆

  • 頁名: 日誌/進捗/平成31年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 普通
  • 状態: 提案、観察
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2019-03-07 (木) 17:36:19
  • 段階、参照:

趣旨

 「人の精神を、害する事への教唆を行いながら、その責任を免れている学者、研究者などが、多い」と、判断。

  • 心理学
  • 脳神経
  • 行動科学

 また、人の精神を、害する事に付いては、(A)戦前でも、見られつつ、(B)戦争時には、戦略に使われ、(C)現在に至っては、思想や宗教を、介する形式で、展開される事も、多く、(D)外に、一般の企業でも、用いられつつ、(E)一般人でも、用いる事が、有る」との状態に、有る。

 現在では、「特に、一般者が、正義の意識から、悪用される、後天的精神病質性(意識の操作を、行われている人:催眠術、自己的暗示を、含む)が、問題視され、他人を、悪魔などと、定義する事で、攻撃の正当性を、意識させる」と言う、典型的な形式が、脅威と、成っている。

典型的な形式
 何事においても、同じで、『(弌)競合、(弐)損失を、生じさせる』との者(物)を、『排除(はいじょ)駆逐(くちく)』するように、人の意識を、操作する事が、該当する。
軍事
 『自国を、護る』、『敵を、攻撃する』等の意識を、育てる。
自国への抵抗的運動
 自国内にも、抵抗者が、存在する事が、有る。この場合、国家の敵から、支援を、受けつつ、増幅(同胞を、増やす為に、『意識的操作の工作』)が、展開される。
一般の企業
 嘗ては、「早期の退職を、促す」との目的で、平然と、精神を、害する活動が、本邦でも行われていた事は、60代以上の世代で、知っていたり、その被害を、受けた人も、居るのかと、想われる。
主原因は、『過剰な資本的利益の倒壊』(バブル景気:Wikipedia)が、倒壊するに、至った事
 好景気の時期に、『一般者と、指定暴力団、並びに、犯罪の組織』との癒着(ゆちゃく)が、拡大。民間の企業でも、一般人(従業員を、含む)へと、危害を、加える事件が、生じていた。

 よって、相応の対策が、求められる。


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-03-07 (木) 18:45:31 (777d)