国 次世代の学習

  • 頁名: 日誌/進捗/平成31年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 普通
  • 状態: 調査、鑑査中
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2019-03-10 (日) 07:58:19
  • 段階、参照:

趣旨

 少子化の外に、教員の人材が、減っている状況が、危惧されている。

 対策的には、『(一)録画的、(ニ)人工的知能』による学習が、検討されている。

(一)録画的
 教育の内容が、教員によって、偏る事が、無く、同じ品質の学習が、平等的に、展開される。
一人の講師
 一人の講師による講義が、展開され、その録画が、配信される。
講師は、人に、限らない
 講師役は、人に、限られない。
動画的な、演出者
 これまで、「人材による教師が、学習を、指導する事が、当然に、成っていた」が、人に限らず、演出する者(物)が、講師を、行える。
(ニ)人工的知能
 前出の『講師は、人に、限らない』でも、解る通り、人工的な知能が、講師と成って、生徒の個々における学力に伴った指導を、展開する事が、可能に、成る。
一人の教員が、複数の生徒を、個々に指導するよりも、故意率が、良い
 一人の人材的教員が、複数の生徒を、個々に指導するのには、限界が、生じる。
人工的な知能では、贔屓(ひいき)、差別も、生じない
 生徒の個々が、標準(目的)の学力に、達する迄、各性格や能力に伴った指導が、展開される事が、期待されている。つまり、生徒による過不足な能力に合わせて、学習が進められるが、『最終的な目標』(標準値)に至るまでは、各々の理解力で、異るので、主に、個々の不足と成っている部分を、人工的な知能で、検知され、その部分を、個別に補う形式で、学習が、進む。また、『生徒の理解力』と言う観点では、「生徒は、何を、理解する事が、行えないのか」(生徒が、理解を、行えない理由)を、人工的な算術で、解読され、あらゆる観点で、「生徒が、理解する事への追求が、行われる」ので、人材的な教員よりも、能率的な教育が、可能と、想われる。

 『(一)録画的、(ニ)人工的知能』では、学習の内容が、変更されない限りは、継続的に同じ(収録された)内容を、使い回す事が、可能。

 更に、学習の内容が、更新された場合には、その部分に、関連する所だけを、編集する事で、一律(均等)にと、学習の内容を、変更する事が、可能。

一律(均等)にと、学習の内容を、変更する事が、可能
 つまり、主体の動画を、編集すれば、事が、済む。
人材では、教員の個々による主観で、更新される
 教員の性格的個性によって、その影響を受ける『個々の生徒における受動的な立場』が、問題視される。
解説
 教材の原型を、更新するだけでは、更新された事に、成らず、「更新された学習の内容が、全ての受講生へ、均一的に、理解される事」が、求められる。
教科書
 昔から、本邦に限らず、『固定の教材』に、教科書(手引書)が、存在する。つまり、「講師が、直接に、指導を、行う」のでわなく、「書物を、介する形式で、間接的にと、同一の内容を、教える」との教材に、成る。
人工的な知能が、どのように生徒を、教育するのか
 生徒側の理解力が、不均等に成るが故に、人工的な知能により、生徒の個々における、理解の不足と成る部分を、機械的な感知によって、補足を、自動的に、行う。更に、その教授を受ける端末は、個々の生徒で、独立的な機能を有するので、他の生徒にも、負担と、成らない事が、期待されている。
解説
 教科書は、それを利用する者の『解析力』(性格、能力)によって、理解力が、不均等に、成る。つまり、教材的な均一性が、図れても、『受動的な生徒側の立場』(生徒の個々における性格:能力、個性)によって、不均等に、成る。そこで、受動側の理解における均等性を、強化する事が、求められる。ところが、それを人材で補っていた、これ迄の教育では、限界が、生じており、「教員による贔屓、並びに、差別」と、不評される程に、不均等が、発生する傾向に、有る。それらを、未来的には、人工的な知能で、補える事が、期待されている。

GAME を、介する形式で、学ぶ

 「『遊び』に付いて、偏見を有する労働主義者Protestantism(プロテスタント主義)Wikipedia)も、居るが、『遊びながら、学ぶ』と言う形式は、「人に限らず、あらゆる動物でも、見られる、重要な、学習の方法」と、成っている。

遊びながら、学ぶ
 人の外では、『主に、猟(漁)を、行う動物』で、見られる。また、「遊ぶ、動物の多くは、比較的に、知性が、高い」との分類が、多い。逆に、「遊ばない、動物は、機械的で、比較的に、昆虫などに、見られる」のが、現状。

近年では、GAME 会社でも、参入

 歴史的な背景を、題材にする GAME では、『提供する内容が、教材に、成り得る』事に、拘る企業も、有る。

軍事
 軍事の GAME は、先進国で、広く知られており、未来型の内容が、有っても、その基礎的な戦略や、形式などは、「人類の過去に、生じている、歴史的な背景が、影響する」ような内容に、成る。
犯罪
 近年では、各種の犯罪を、仮想的に体験する GAME も、増えている。

 教材に、成り得る GAME とは、「歴史的な事実に、基づいて、作成された内容」が、対象と、成る。

既に、演劇で、実演的な、展開は、行われている
 一般的に、知られている、本邦での『時代劇』等も、『歴史的な事実が、材料に、成っている事』が、有る。
事例 忠臣蔵
 広く知られている時代劇で、娯楽的な演劇でも有るが、歴史的な学習にも、成り得る。
時空警察(Wikipedia
 現代の文明では、『歴史的な事実が、解明(憶測)されている分、比較的に、精密的な演劇』が、展開される事も、有る。その意味合いでは、完全な学習に、至らないまでも、人々の知的な好奇心を、刺激(触発)する事で、『素人ながらの研究者』が、誕生する事も、有る。

 つまり、「一方的な、動画的教材は、昔から、有る」が、情報の精度が、情報化社会の影響から、「昔よりも、質が、高まっている」ので、軽視するような『遊び』とは、異る品質を、有する作品が、増えている。

+  各種の GAME - YouTube

何を、学べるのか

 各 GAME の趣旨や、製作者の思惑によって、異なっている。

+  YouTube

傾向の観察 - 義務的教育での過程(Programming(プログラミング) 教育など)

報道

令和元(皇紀 2679;2019)年06月25日 現在


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-06-25 (火) 18:38:07 (146d)