国 三回目の有罪は、無条件で、無期懲役刑

  • 頁名: 日誌/進捗/平成31年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 普通
  • 状態: 調査、鑑査中
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2019-03-24 (日) 17:13:24
  • 段階、参照:

趣旨

 別課題(国 再犯の防止等を推進 - 日誌/進捗/平成29年度/201米国での対策 Three-strikes law)の調査から、「既に、米国では、取り入れられて、いる、事」を、確認。

 本邦でも、『(あ)再犯による、被害の防止』と、『(い)再犯の無い、環境を、保持』と、言う、観点からも、「必要だ」と、想える。

 よって、国家へと、要望する事を、検討する。

関する、課題

簡易的な要望

 別件で、総務省 行政評価局 行政相談管理官室へと、苦情の申立を、行った、序に、簡易的な要望を、行った。

総務省 行政評価局 行政相談管理官室 - 令和元(皇紀 2679;2019)年07月22日

 頂いた、情報は、上司を、含めて、室内で、共有させて、頂きます。

概要

 既に、米国では、導入されて、いる、三振法の導入を、検討されたい。

 なお、無期懲役刑の後、『(あ)本邦の義務的教育程度の学力と、(い)人間関係的な適性(主に、精神病質性の検査)』で、合格するに、至った場合は、「有期刑に、減刑される」との観点で、考慮されたい。

理由
 本邦や先進国でも、「低学歴者による犯罪は、多い」と、言われているが、近年の事情では、「在日外国人など、文化的な基準が、異なる者も、増えている」のが、現状で、それにおける観点からも、『再教育の導入』は、重要視される。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-10-27 (火) 14:32:19 (35d)