防衛省 性同一性傷害を、抱える人材が、集団を、形成する事の認識

  • 頁名: 日誌/進捗/平成31年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 普通
  • 状態: 完了、終了
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2019-04-24 (水) 19:59:35
  • 段階、参照:

趣旨

 性同一性障害(Wikipedia)に、関心の有る人材によって、集団を、形成する事が、公的に、許可されているのかを、確認する。

留意
 該当の集団が、形成される事を、拒絶的に、想っている訳では、無い。
補足
 医療(専門)の部署を、介する形式で、適切な活動が、求められるので、その『公認が、有るのか』を、確認する。
公認されて、無い場合
 公認するように、求める。

関する、課題

簡易的な調査

Internet 上

平成31(皇紀 2679;2019)年04月26日 現在

 男性側では、同性愛に関する問題は、かなり深刻で、刑事的な問題も、生じていると、判断。

 女性側に付いては、大きな話題には、成って、無い。

 外、男女共に、排他な虐待(いじめ)が、生じている事は、昔から、話題に、成っている。

確認、要望

防衛省 大臣官房 広報課 - 平成31(皇紀 2679;2019)年04月26日

(一)
 『専門の窓口は、無い』との認識が、有りますが、『(自衛官による)心の悩みや、仕事の悩み』の相談を受ける窓口は、有ります。

(ニ)
 ご意見は、承りました。

概要

(一)
 「省内に、性同一性障害に関する、専用相談窓口が、設置されているのか」を、明確に、されたい。

補足
 また、「各部隊(各幕僚)に、設置されているのか」も、明確に、されたい。

(ニ)
 省内に設置された、医療的機関の配下で、集団を、形成させて、健全な(適切な医療的根拠の有る)活動を、行うように、求める。

補足
 本件では、『既に、自衛官が、小集団を、形成するに、至っている事』と、成っており、それの善悪を、問うのでわなく、「適切な医療的知識を、得る事が、求められる」ので、『早期に、専門の部署を、設置する事』を、検討されたい。

後の調査

 防衛庁の Web Site 上に、『防衛省・自衛隊による、相談の窓口』の頁が、設置される事を、確認。


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-09-26 (土) 01:16:44 (29d)