損害賠償請求 返金の未払い

  • 頁名: 日誌/進捗/平成31年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 普通
  • 状態: 完了、終了
  • 種別: 自由な研究/訴訟
  • 投稿日: 2019-01-12 (土) 22:12:53
  • 段階、参照:

趣旨

 代金の返金が、確定と成った取引において、現金書留で送付する事を求めたが、それを拒み、結果的に返金されてない。

 よって、簡易裁判所を介する形式で、本件を解決する。

提起 平成31(皇紀 2679;2019)年01月28日

補足
 本件は、簡易裁判所へと、『口頭による訴えの提起』(民事訴訟法 第二百七十一条)を、行った。

 本件は、裁判所に提起され、事件の番号が、割り振られたので、訴訟の枠へと、移行する。

関連する、法規

民事訴訟法(電子的政府

平成二十九年六月二日公布(平成二十九年法律第四十五号)改正

第二百七十一条(口頭による訴えの提起)

 訴えは、口頭で提起することができる

第二百七十二条(訴えの提起において明らかにすべき事項)

 訴えの提起においては、請求の原因に代えて、紛争の要点を明らかにすれば足りる。


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-02-01 (金) 02:26:37 (434d)