Top / 日誌 / 2020-06-02

前日記

自由な研究/鑑査

他の調査 - 常時の観察、等

日誌/進捗/令和02年度

日誌/進捗/令和元年度

日誌/進捗/平成31年度

日誌/進捗/平成30年度

日誌/進捗/平成29年度

日誌/進捗/平成28年度

日誌/進捗/平成27年度

日誌/進捗/平成26年度

自由な研究/訴訟

令和元年(ワ)第3008号 - 最高裁判所からの不審な封筒

  • [係争中]

令和元年(ワ)第3007号 - 裁判官による、訴訟の強行

令和元年(ワ)第3006号 - 答弁書を、介する形式で、侮辱された、事

令和元年(ワ)第3005号 - 主任書記官による、対応の拒絶、及び、職権の濫用

令和元年(ワ)第2772号 - 書記官による、対応(取次)の拒絶、及び、職権の濫用

令和元年(ワ)第1500号 - 欠陥品の取引、並びに、送料過払い返還請求、及び、侮辱などに、伴う、損害賠償請求

平成31年(ワ)第153号 - 一部債務不履行に伴う、取引の解除、並びに代金の返還、及び損害賠償請求

  • 関する、課題
  • [再審の請求]
    • 書類の作成
      • 再審申立書 - 構想

提訴の準備中

編集の活動

山小屋(万屋の Blog)

観測

太陽

自由な研究/減災

自由な研究/減災/予測

室内(外)

  • 気温、湿度、気圧
    • 午前 25.9℃、73%、1000.3hPa(10:37)
      • 外気 19.9℃
    • 夕刻 25.4℃、76%、0997.0hPa(17:34)
      • 外気 20.1℃
    • 夜間 24.9℃、75%、0996.5hPa(22:54)
      • 外気 19.7℃

昨日の一言、他人事

 彼女達の主張における、内容で、『男』を、『女』に、変えつつも、「鏡を、見て、『自らが、そう、言われて、納得を、するのか』を、考えてから、主張を、行え」と、合気道の精神で、返答を、行うに、至りて、候。

 世の女性は、以下の点に、留意。会

  1. 基本的に、脳の構造が、違う。
    • 先天性(遺伝、欠如、又は、疾患)の関係で、男(女)性でも、『女(男)性脳』が、有る、事が、現代の医学で、認められて、いる。
  2. 話を、聞いて
    • 前出の脳における、構造から、「男性と、比較すると、女性の方が、発話、及び、言葉数が、多い」と、医学的にも、認められて、いる。
      • また、上記の観点から、「実質(発話、及び、言葉の数)的に、聞いて、無い」のが、女性の方と、成る、事が、家庭内だと、多い。
      • 恋愛期間中での発想と、想える。
      • 無口(寡黙)な男(女)性を、好む、女(男)性も、居る。
  3. 客観的に、性別を、問わず、、、。
    • 善き配偶者(恋人、等:又は、友人)に、出会え(交流が)、無い、客観的な第三者の観点から(第三者の観点で:第三者の評価で)、想う、理由の多くに、『器』(器量、人間関係上の性格、外見、等)の問題が、有る、事も、多く、他人、異性へと、要望を、行う、以前に、親を、恨め。
      • 一般の他者は、君達を、産んだ、訳でも、無く、出生(及び、関連の行動)に、関する、責任は、基本的に、製造元(産み)の親に、有る、事の理解を、求める。
嘗て、僕が
 Internet 上の英語圏で、社交を、極めて、いる、時に、「 Mother Fucker 」、「 Fuck You 」、等と、言われた、事も、有った。
迎撃
 「 Mother Fucker 」と、言われたら、「 Yes, I like my mother My mother is beautiful and cute. 」っと、言い、返すと、以後に、相手が、攻撃的な主張を、行って、来なく、成る。
実験 「 Mother Fucker 」編
 とある、実験で、比較的に、何かと、「 Mother Fucker 」と、言われ、易い、Internet 上の環境下で、「 Yes, I like my mother My mother is beautiful and cute. 」と、言い、返す、行為を、数カ月間、続けて、いたら、僕に、限らず、Community 内で、「 Mother Fucker 」っと、言う、人が、激減するに、至って、驚いた、事が、有る。
後日談
 実験の期間中、「 Yes, I like my mother My mother is beautiful and cute. 」における、相手からの追撃(比較的に、好意)的発言の中に、「 Really ?,..Lol 」、等や、実際の音声で、笑ったり、爆笑に、陥る、人(主に、男性)も、多く、居た。
他の実験(関連の実験) 「 Fuck You 」編
 相手から、「 Fuck You 」と、言われた、時に、「 Ok, Come On.( My Hole is Big , But You Are Very Small !) 」、等と、迎撃を、数箇月の間、不特定(攻撃を、被った、時:その攻撃者だけ)に、試みたら、やはり、相手からの追撃的発言が、激減、及び、他者を、含む、Community 内で、「 Fuck You 」と、言う、発言が、激減するに、至った。
後日談
 実は、実験を、行ったのが、『数週間、及び、数箇月の間』(実験を、行った、Community が、複数)だけと、成るが、数年後の現在でも、以前よりも、激変するに、至って、いる。
補足
 比較的に、男性が、主体の Community 内で、一人でも、女性が、現れる、事が、数日間だけ、生じても、「 Fuck You 」の暴言が、激減するに、至る、事も、解った。
追記
 男女が、混合の Community 内だと、男女を、問わずに、「 Fuck You 」、「 Mother Fucker 」と、発言を、行う、傾向に、有る。
男女が、混合の Community 内で、「 Yes, I like my mother My mother is beautiful and cute. 」、等と、迎撃を、行うと、、、。
 男女を、問わず、相手が、『失笑、絶句』に、陥る、事も、多かったが、稀に、僕が、日本人なので、Joke と、受取って、笑われたり、『爆笑に、陥る、人』(『日本人なのに、上手に、言い、返す、奴』、等と、言う、感じ:友好な感じ)も、居た。

今日の YouTube

本邦(日本国)の科学



トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-06-06 (土) 02:53:04 (107d)