Top / 日誌 / 2020-08-23

前日記

自由な研究/鑑査

日誌/進捗/令和02年度

日誌/進捗/平成29年度

平成24年度の進捗

  • 国 外国人犯罪者に対する賠償請求 - 平成24年度の進捗/220
    • 状態の変更
      • 提案、観察 → 調査、鑑査中
    • 世情の観察
      • 国内の情勢

他の調査 - 常時の観察、等

日誌/進捗/令和02年度

日誌/進捗/令和元年度

日誌/進捗/平成31年度

日誌/進捗/平成30年度

日誌/進捗/平成29年度

日誌/進捗/平成28年度

日誌/進捗/平成27年度

日誌/進捗/平成26年度

自由な研究/PC

DeMilitarized Zone(D M Z )(中間的な領域)

  • 保守 その一
    • Update、Upgrade
    • 保安

自由な研究/PC/Server/Web

  • 保守
    • Update、Upgrade
    • 保安

自由な研究/訴訟

令和元年(ワ)第3008号 - 最高裁判所からの不審な封筒

  • [係争中]

令和元年(ワ)第3007号 - 裁判官による、訴訟の強行

令和元年(ワ)第3005号 - 主任書記官による、対応の拒絶、及び、職権の濫用

令和元年(ワ)第1500号 - 欠陥品の取引、並びに、送料過払い返還請求、及び、侮辱などに、伴う、損害賠償請求

平成31年(ワ)第153号 - 一部債務不履行に伴う、取引の解除、並びに代金の返還、及び損害賠償請求

  • 関する、課題
  • [再審の請求]
    • 書類の作成
      • 再審申立書 - 構想

令和元年(ワ)第2005号

  • 編集
    • 校正

令和元年(ワ)第1735号

  • 編集
    • 校正

令和元年(ワ)第1734号

  • 編集
    • 校正

令和元年(ワ)第1871号

  • 編集
    • 校正

令和元年(ワ)第1870号

  • 編集
    • 校正

令和元年(モ)第146号 書記官の忌避

  • 編集
    • 校正

提訴の準備中

編集の活動

よろずやWiki

山小屋(万屋の Blog)

観測

太陽

自由な研究/減災

自由な研究/減災/予測

室内(外)

  • 気温、湿度、気圧
    • 午前 30.1℃、62%、0999.7hPa(10:07)
      • 外気 31.1℃
    • 夜間 30.2℃、60%、0998.3hPa(22:03)
      • 外気 26.7℃
    • 夜中 28.9℃、64%、0997.0hPa(25:05)
      • 外気 27.4℃

昨日の一言、他人事

 何の為に、競うのか。

 誰の為に、、、。会

補足
 日本国の全民は、憲法に、基づけば、宣誓を、行って、いる。
日本国 憲法(電子的政府:昭和二十一年 憲法) 前文
 日本国民は、正当に選挙された国会における代表者を通じて行動し、われらとわれらの子孫のために、諸国民との協和による成果と、わが国全土にわたつて自由のもたらす恵沢を確保し、政府の行為によつて再び戦争の惨禍が起ることのないやうにすることを決意し、ここに主権が国民に存することを宣言し、この憲法を確定する。そもそも国政は、国民の厳粛な信託によるものであつて、その権威は国民に由来し、その権力は国民の代表者がこれを行使し、その福利は国民がこれを享受する。これは人類普遍の原理であり、この憲法は、かかる原理に基くものである。われらは、これに反する一切の憲法、法令及び詔勅を排除する。

 日本国民は、恒久の平和を念願し、人間相互の関係を支配する崇高な理想を深く自覚するのであつて、平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した。われらは、平和を維持し、専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去しようと努めてゐる国際社会において、名誉ある地位を占めたいと思ふ。われらは、全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免かれ、平和のうちに生存する権利を有することを確認する

 われらは、いづれの国家も、自国のことのみに専念して他国を無視してはならないのであつて、政治道徳の法則は、普遍的なものであり、この法則に従ふことは、自国の主権を維持し、他国と対等関係に立たうとする各国の責務であると信ずる。

 日本国民は、国家の名誉にかけ、全力をあげてこの崇高な理想と目的を達成することを誓ふ。
第十条
 日本国民たる要件は、法律でこれを定める。
第十一条
 国民は、すべての基本的人権の享有を妨げられない。この憲法が国民に保障する基本的人権は、侵すことのできない永久の権利として、現在及び将来の国民に与へられる。
第十二条
 この憲法が国民に保障する自由及び権利は、国民の不断の努力によつて、これを保持しなければならない。又、国民は、これを濫用してはならないのであつて、常に公共の福祉のためにこれを利用する責任を負ふ
第十三条
 すべて国民は、個人として尊重される。生命、自由及び幸福追求に対する国民の権利については、公共の福祉に反しない限り、立法その他の国政の上で、最大の尊重を必要とする。
第十四条
 すべて国民は、法の下に平等であつて、人種、信条、性別、社会的身分又は門地により、政治的、経済的又は社会的関係において、差別されない。
二項
 華族その他の貴族の制度は、これを認めない。
三項
 栄誉、勲章その他の栄典の授与は、いかなる特権も伴はない。栄典の授与は、現にこれを有し、又は将来これを受ける者の一代に限り、その効力を有する。
警告
 『(あ)日本国 憲法が、導入された、人工的知能(Artificial Intelligence( A I ))』と、『(い)現状における、本邦の民』では、「『どちらが、国民に、値するのか』を、問われる、未来が、有るのか」を、考え、人(己)の優位性を、維持する為に、必要な能力を、得る、事が、求められて、いる。
留意
 「勤勉で、且つ、理解力、及び、学習力、等に、長けた、在日外国人(帰化前)の方が、現行の憲法に、照らすと、日本人と、言うに、相当だ」と、判断されると、一般人の存在的価値は、どうか。
注意
 「権利の主張が、無い、場合、『権利が、放棄された』と、みなす、傾向に、有るのが、現行の裁判所と、成って、いる」と、判断するにも、至る。

今日の YouTube

本邦(日本国)と、各国の関係

  • 世界は、今 - JETRO Global Eye
    • 『めぇめ』は、今回
      • [冒頭] - 又、胸を、膨らませて、やがる、、、(つまり、何か、伝えたい、事が、有る、訳だな)w
      • [服装] - 不思議と、清々な感じで、清涼感、、、。
      • [留意] - 北米で、女性起業家への投資数は、「参加者が、少ない、事が、原因」と、想われ、「全参加者からの男女比率別ならば、女性への投資率が、高い」(競争率が、低い)とも、想える。
      • [結語] - 「女性達が、起業で、期待に、胸を、膨らます」って、感じかなぁ。
      • [おまけ:前回の動画より] - やはり、『めぇめ』の髪毛は、染めていのかぁ、、、w
      • [補足] - 犯罪の追跡は、数年前、既に、GAME(Watch Dogs:Wikipedia) 化されて、いるけどね。


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-10-18 (日) 03:10:43 (5d)