Top / 日誌 / 2020-12-23

前日記

自由な研究/鑑査

編集の活動

よろずやWiki

  • [[]]
  • 日誌

山小屋(万屋の Blog)

  • 帳面::日常/健康の記録
    • [[健康の管理>]]
    • [[]]

観測

太陽

自由な研究/減災

自由な研究/減災/予測

室内(外)

  • 気温、湿度、気圧
    • 午前 ℃、%、hPa()
      • 外気 ℃
    • 午後 ℃、%、hPa()
      • 外気 ℃
    • 夜間 ℃、%、hPa()
      • 外気 ℃

昨日の一言、他人事

 世界中の若者達へ、告ぐ。

 過剰な争いは、要ら、無い。会

 そうだよなぁ、裕仁 君、、、。同好会

 ・・・だろぉ〜、、、ッハハハハハハ。『(もも)だろう、伝説』の愛好家

 「はぁ?」。一般の人

僕より、若い、人、及び、達へ
 先人は、色々な『正義感、思惑、矛盾』、等の葛藤の末、人の争い、等も、生じながらも、(いくさ)が、生じるにも、至って、いたのが、人類の文化、及びう、歴史からも、解る、通り。
 嘗て、「(いくさ)は、天下の(まつりごと)」と、『豪語を、行って、いた、時代も、本邦に、有った、程の国民性』を、有する、民の子孫。
忠告
 本邦の憲法 前文 第二段落目の論理式に、伴えば、違憲な活動を、主体に、政治の主権が、継続されれば、本邦の文化、及び、人類も、滅びる、可能性が、有る、旨の記載が、有る。
解釈
 世界人口分の俺、一人(及び、正体が、不明な賛同者:僕の非公認賛同者*1)の立場で、主張を、行って、いる、程度の事。
 よって、「本来、本邦の民ならば、『憲法で、保障されて、いる、最低限度的な生活下でも、僕の程度のような、事を、行う、事が、可能だ』と、立証を、行って、いる、状態に、有って、それを、『どのように、思う(想う)のか』は、他者の自由と、成るが、『行動に、限っては、憲法、並びに、法律で、規制されて、いる、事』の理解が、現代人の責務で、求められて、いる(『古典的、及び、原始的、並びに、幼稚的な観点』:ある意味で、生物学的な観点での人、並びに、生物の性格に、伴う、原始的本能で、且つ、自衛、及び、『生存競争的な戦略に、伴う、自己優位性』、等の観点から、「遺伝子に、組み込まれて、いる、可能性を、疑う、程」の仕組み)。

今日の YouTube

本邦(日本国)の科学



*1 僕は、同胞、支持者、及び、賛同者を、募る、観点が、憲法の条文に、成らいて、無い。つまり、「僕の主張、意見、等を、第三者が、認めない、状態でも、過剰に、問題視を、行う、理由が、『正当防衛上』の観点からも、無い」と、判断するに、至って、いる。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-10-30 (金) 02:37:34 (33d)