Top / 自由な研究 / 万学
505-2.jpg

趣旨

 数年前から、発行を行っている Mail Magazine(メール マガジン)

発行元

Back Number

『誤字、脱字、誤表現』など

 Mail Magazine の内容には、『誤字、脱字、誤表現』等も有ります。また、『修正を行って無い事』の理由は、僕の方針に基きます。

僕の方針
 僕の方針では、幾つかの基礎が有ります。
『修正を行って無い事』の理由 その一
 作成を行っていた『当時の状況(披露、多忙の状態でも、作成を行っていた:心境や感情)等を、表す』ので、修正を行っていません。
つまり、僕が原文を読み返すと
 当時の生活における状況が、解る(思い出される)仕組みに、成っています。
『修正を行って無い事』の理由 そのニ
 伝えたいのは、「僕の『考え、思い(想い)、観点』で、その方法(表現)に活字が使われます。仮に、間違え(誤字、脱字)が有っても、『受信者が、自ら修正を行い、解析する能力』が有れば、それで済む」ので、成文(校正)を行っていません。逆に、「その程度と成る、『解析する能力』が、無ければ、『(弌)色々な人に騙されたり、(이)*2意識や感情を、他人に(外部から)操作される事』等も、生じる人格と想える」ので、それらに該当する人達への配信(受信)は、発行者の観点で求めて無い。
他の講師を、指摘する理由
 憲法や法律に照らすと、『(A)一般人へ害を与えたり、その害が拡散する事を想定する仕組みや、(B)特定(同胞のみ)を有利にする事への誘導性が有る場合』には、『(C)憲法や法律に基づく共存性が、無い』と判断するので、その部分を指摘する事が、有る。
補足
 当然に、『他国語への翻訳が、困難に成る事』も有るのかと、想われます。

yorozuya01

閲覧者数 総計:3018 今日:2 昨日:0


*1  平成30(皇紀 2678;2018)年10月19日現在、中立性の観点から、全種(地方、市町村を含む)の議員向け報告は、止めています。
*2 日系の Public Freemasonry による影響を考慮する意味で、この文字(数字)を使っています。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-12-10 (月) 03:52:03 (342d)