よろっちゃ王国.D.C.とは?

1090-1.jpg

仮想国家で、論理的な理想秩序と比較の為に設定。なお、基本的にParleyの方式で活動する。

仮想国家

  • D.C.との記載は、通常だと『 District of Columbia 』を意味する。また、本章では、『 Defending City 』の略称を意味する。
    • [基礎] - 経世済民が主体と成る。
      • 政治、防衛、倫理(司法:裁判所、警察、警備などを含む)、自警、防災、各種の資本関係などの全てが含まれ、近年で使われている英語解釈の Economy と解釈が異なる。
  • [趣旨] - 『 よろっちゃ王国 』とは、仮想( Simulation(シミュレーション))国家を前提に、国家自治、地域自治などの現代的(時代相応)にも可能と成る、都市設計を検討する。
    • [基礎] - 現代科学と文化の融合点を基礎に考慮、文化と文明の向上を目論む。
      • [注意] - 基本的に他者との論議などを一切に行わず、僕が個人的に収集を行った情報と、その解析によって構成されたReport等が作成される。
  1. よろっちゃ王国の男 労働紛争編
  2. よろっちゃ王国の男 Ombudsman(自由な研究/鑑査の活動)編

仮想国家

  1. よろっちゃ王国の男 労働紛争編
  2. よろっちゃ王国の男 Ombudsman編
  3. Pirate's Yorobian

    #ref(): File not found: "PirateFlag.JPG" at page "自由な研究/仮想/国"

    • 嘗ては、海の神々や精霊に愛された者達と、その戦術を骨格とする人道的な戦術を追求、それによって利益を得る
      • 非人道的な勝利でなく、現代の人道的な戦略追求であるが、「 (A)負利*1との観点も有り、(B)その戦い方を選択すれば、負けても必ず何だかの利益を得られる戦術の研究 」である。
      • その戦術は、現代に至っても海賊、盗賊など、無法者の発生が、止まない事の対策に、その原始的な戦術を、合法的な戦術に改善を行い、その戦い方を選んだ方が有益であることを踏まえ、「 (A)Terrorismの無益性と、(B)現代的な戦い方を選択する事による確実な利益性を追求する事に値する 」のであり、その結果がTerrorism Counter 理論に値するが、日本国における憲法の前文にも由来する。
    • Nash博士の均衡説の欠点*2を打破する為に、Open Sauce 形式で展開する。
      • [参照] - Nash 均衡
      • [補足] - 僕は、Nash 均衡説が「利己主義者による、信頼 GAME」だと解釈。
  • [注意]
    • 現状における私の個人的な判断では、「 不法な行為による有益性を保障を行っているのは、公共の司法機関である 」と、判断。

日本国の憲法と、僕の戦略論

 我国(日本)の憲法では、その前文や条文を踏まえ、「 (A)民と民による過剰な排他*3、(B)戦争の選択枝を認めて無い 」と、日本の国民、その一人として判断しています。

 また、日本国の民であれば、「 全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免かれ、平和のうちに生存する権利を有することを確認する責務が課せられている 」とも、判断をしています。

 更に、表見的に国家機関による公認があっても、日本国の憲法に照らして違憲だと個人的に判断するに至る、実働内容が似非民主、似非宗教など団体、個人の全てを、「 違憲である 」として告発する必要もある。

 よって私の戦略論は、日本国の憲法、並びに法律、規律、規律などにより肉付けされ、その戦術が、現代倫理に照らすと、非人道的な戦略方法を合法的と成る争い方に改善する事が可能であり、有益で有ることを踏まえ、それらを利用されたいとの趣旨(個人的な想い)で、追求される。

戦略

世間不信に陥った人達へ

 非人道的な活動を行うよりも有利と成る方法を追求されたく、それに関連する情報を公開しますので、活用されて下さい。

 また、日本国の憲法に、『 (A)信仰の自由、(B)結社の自由 』が記されており、「 信者や、団体の構成員に対して、(a)憲法の内容を把握させず、(B)非人道的な活動が世間に有益で有ると過信させ、その活動を行わせるような教授や、洗脳を行っている団体の存在までも、自由*4として保証してない 』のであり、日本国の憲法・前文でも、「これ*5に反する一切の憲法、法令及び詔勅を排除する」と記されているのだから、それらを排除する活動へと積極的に取り組んで下さい。なお、個人でも行えます。

 ちなみに無能な者達が集まって何だかの集団を形成して、正義の名の下に不当、不法な活動を行っても、何ら効果が無い。逆に個人であっても、合法、且つ適切な活動行為ならば、集団での活動よりも利益性が高く、損失が少ないと、僕の人生経験から判断をしています。

 但し、「 純水(H2O)は、人(個人)、人間(世間)に対して、毒でも有る 」との意味を理解されたく、純水と純粋の比較もされたい。 

 純水に生物は、住み難い。純粋ゆえに、人に害を及ぼす。どのような場合に、純粋が罪を造るのか?

違憲団体の排除方法

 基本的に団体を承認、認定を行った公共機関に、「 団体の承認、認定の取り消しを申し出る 」ことが、請願の方法で可能かと想われます。

 その逆説(指定された団体が、「 指定された趣旨の団体として、該当しない*6 」と主張をすること)も有るのかと想われます。

  • [逆説例 その1] - 公安委員会 に指定暴力団と指定された団体
    • [対策] - それに抗告を申立てする。
    • [立証] - 抗告に対して相応と成る事実を、公安委員会に明確にする必要が有る。
      1. 不実性の主張 - 暴力団でわ無いとする事実要件の明示
      2. 証拠の請求(指定要件に該当する証拠を、公安委員会に明示させる)
      3. 暴力団で無いとする立証(事務所内や、その団体活動に不法性が無いとされる事実の立証)
    • [Option] - 該当の団体は、公共機関に対して''裁判所を使い、慰謝料を請求することが可能かと想われます。
      • 但し、請求した慰謝料を得られるのかは、裁判所の審判に委ねられます。
      • [補足] - 指定暴力団と公安委員会に認められた団体が、その不実を立証しつつ、指定の根拠が覆された場合には、「 暴力団と指定した団体に対して、相応に慰謝するべく理由が生じており、民事訟廷を用いて慰謝料を請求することも可能 」かと想われ、その手段こそが究極の戦術だと判断しています。
      • [本節における、Parleyの呪い] - 暴力団として指定をされる相応な理由が有るにも関わらず、不当、不法にと慰謝料を請求すると、相応なる損失が生じる。

Not in Education, Employment or Training(略称、NEET)な人達へ

 君達でも、利益を得られる環境造り戦略を研究してみます。

 但し、日本国の憲法には、「 すべて国民は、勤労の権利を有し、義務を負ふ 」と記されているので、勤労の義務を果たす為にも、個人の性格に合わせた勤労方法を追求されて下さい

 なお、僕的には、「 無償と成る福祉的な活動も、勤労の一つ 」と想っていますが、日本国の最高裁判所が、それを認めるのか不明であり、逆に最高裁判所が認めなくても、国会が認める可能性が有ることに、着目をされたい。

  • [参照] - 日本国憲法・第二十七条

Night Of The Moon

  • Man of Yorocha*7との観点で、『 のんきー・ほーて 』をHandleとして設定。
    • 本来は、『 Knight Of The Moon 』*8で有るが、世間一般的に『忍ぶ活動*9』を主としている事から、『 Night Of The Moon(月の夜) 』と表している。
      • また「満月、新月などは、災いが発生し易い」と言われ、それらの観点から「月の満ち欠けに関連する自警の象徴を意味」する為に用いている。
    • Don Quixoteから引用されている
  • [参照] - 万屋の Blog
『 I, Don Quixot 』
Man of La Mancha (1972)
The Impossible Dream
Man of La Mancha

各種の作戦(Mission in Positive & Quest)

 これらの作戦は、一人でも実行可能であり、日本の国民として積極的に取り組む必要が有る。それが探求者に課せられた責務である。

Babilim の謎に伴う、七つの原語を求めて・・・
HELLOWEEN ~ KEEPER OF THE SEVEN KEYS ~

おーばーだろう!作戦

 Yoro man Day 常識作戦 語源は、Operation Overlord Strategy(に由来しており、行政と国民との溝を埋めるべく自由な研究/鑑査の活動]]の基礎活動で、別名を『 Yoro Man でぇ~い♪、常識作戦 』とも言う。

Yoro Man でぇ~い♪、常識作戦

人類史における 史上最大の作戦 から引用しており、裁判所の業務適正化を追求。

  • [種別] - 窓口論争の防御作戦
  • [戦略]
    1. 少々に大げさな感情的反応を表して対応
      1. もともと、苦情受付け係り、社内Help Deskなどの設置や、一般業務に関与した事が有り、それらの経験を踏まえ、窓口側、利用者側の双方の立場を考慮した接し方)をしつつ、相手方(公務側)に現状を理解させ、即効性の有る業務改善を現場で模索、展開する。
  • [特徴] - 法や業務規律の知識に欠ける公務員との間で生じる事が多い。
  • [概要] - 公務員側で、『 (A)「公務員である」との世間的地位、(B)日々における業務習慣などから、(C)過剰な正義感、正当性を有して民と接する輩が居るが、(D)その過剰な主張部分によって、一般の民との人間関係的な溝を造っている''のであり、(E)その部分を改心させるべく対戦 』を意味する。
  • [対策] - 相手の対応内容に不審を感じた場合、感情を込めて以下の問いを少々強気で言う
    1. 公共側で主張している内容の根拠法規は、何か?
      1. 「法律、規律が有る!」と公共側で主張しても、その内容を実質的に公務員側で把握してないことが多い。
      2. また、僕の経験では、「法律(規律など)に有る」と公共側で主張しても、実際だと条文に記載が無いこと(規律も存在せず、只単に業務習慣上で行われている公務事務に、規律があると過信している状態)も多く、挙句の果てに法規でなく、何だかの参考文献を持ち出して、苦し紛れに説明する裁判所の人員、法務省の人員も居たのが事実」で、仮に「 (A)条文の解釈に付いて誤解が生じるような法を設置した、(B)または、誤解が生じないように国民に教授するのを怠った 」との観点における国の過失は、免れないと判断している。
    2. 条文や業務習慣の内容を明確にされたい
      1. 条文、規律、業務習慣は、その内容を必ず相手に説明させる必要があり、それを拒む公務員が居たら『やばい!』っと想っていると解釈してよいと判断してます。
      2. 逆に頑(かたく)なに法律、規律を基礎とした業務説明を拒む輩が居たら、上司を指名して説明させた方が好いと経験上で判断しています。(僕の体験だと、論争発生した人員から、職務的な地位として三段上までが、同じく法や規律的な知識を有してないことが多いので、最終的に課長か部長までに至る。但し、若手の上位者だと現代教育を受けている関係から、意外に論争処理が早いのも特徴)
  • [事例]
    1. 公務員側は、基本的に『業務への過信』が有るので、「御前は、何を言ってるんだ?」っと言う対応を初期に行われ、『(A)軽度だと直属の上司、(B)中度だと現場責任者、(C)重度だと業務部責任者、または、取締役代行にまで及ぶ責任が追求』をされ、最悪だと上意下達(Top Down)で業務改善が行われる場合も有る。(逆に最悪でなければ、上意下達に至らない)
      • [傾向] - 基本的に末端の職員における個人的な性格の問題で無い限り、三階級程度の上位職員に問題が有ることが多い。よって、僕の場合では、必ず上位者(紛争が発生し職員の上司)に『 紛争事の事態収拾を行ってもらう 』ような展開にしている。
      • [戦略] - 実は、民事介入暴力、行政対象暴力で悪意者が使う作戦を善用しているに過ぎない手段で展開をしており、善用と悪用の違いは、『 (あ)不当、不法な活動を行わず、(い)また利己的でなく、(う)公共福祉の利益となる追求が基礎となる目的*10 』が基に成っている。つまり元々は、「戦略と言えば、戦いの策略であり、善も悪も無く、勝利を導く作であるが、その能力を善用に転化する事が可能で有る」と広く把握してもらう目的で、故意に不当、不法で使われる作為を基に、善用活用している。(なお、一般に暴力団とされる人員のElite層では、それらを把握しているらしく、善用、悪用を使い分けている事が多く、悪用部分が公表的に成りがちな事情から、世間的な責任が過剰に課せられている傾向に有るようです)

その作戦は、実行可能であり、積極的に取り組む必要が有る。それが探求者に課せられた責務である。

  1. Yoro man Day 常識作戦
    1. よろまんでい 常識作戦 第四幕 「無いなら造れば、好いじゃないか!大作戦」
      1. 人類史における史上最大の作戦から引用されており、裁判所の業務適正化を追求。
  2. 平成23(皇紀 2671;2011)年01月31日 僕の辞書に不可能と言う文字が、有るのだがぁ・・・大作戦!
    1. 「10時の御茶は、やっぱ必要でしょ!」戦略
      1. 世の中に『わび、さび』を求め、刺身に『わさび、醤油』を求めるように、民に自衛を求める。
  3. 『 World Wide yorozuya Project 』 (WWY計画)

目的効果

  1. 法や業務規律の認識に欠ける公務員に、相応と成る知識を得させる。
    • 殆どの場合は、「知らなかった、認識に欠けていた、勉強不足でした・・・」っとの決まり台詞が返って来るが、逆に相応の法的な予備知識を必要としている。
      • [予備知識] - 憲法の前文、条文、他の基礎的な法律(刑法、民法、労働法、国家公務員法、地方公務員法など)の基礎知識(条文の趣旨や、立法の趣旨を理解していたり、法規の設定における基礎概念を把握している)が有ると好いが、そもそも「人間と言う物は、相手に不信感を抱く場合には、相応の理由があるが、それが『(A)直感的なのか、(B)論理的なのか』で区別され、(A)だと誤認(思い込みなど)によって生じる事もあるが、(B)だと法律、規律などの論理基礎があるので強い立場で指摘する事になる。なお、僕の作戦だと(A)が使われ、「一般人として誤解が生じる」とされる部分の解決(公共機関との妥協点を探ること)を踏まえて、活動している。

Sphinx(すふぃんくす)作戦

  • [趣旨] - 国家、地方の公務員は、本来だと憲法、法律、並びに業務規則を基に奉仕活動(公務)を行うが、その事情を公務員側で把握しておらず、業務習慣上の過信から「私達は、法に基づいて活動をしている」と主張を行い、正当性を過剰に主張する事が有る。また、それによって生じる越権行為なども懸念される。
    • [対処] - 基本的に、「その主張する法(憲法、法、業務規則を意味する)とは、(A)何と言う法(または、憲法、業務規則)で、(B)何条に記載をされ、(C)どのような内容なのか?」を確認する。
      • [事例] - 「私達は、法に基づいて活動を行っている」と言う公務員に対して対処を行うと、多くが、(A)、(B)、(C)を明確に説明する事が行えず、つまり「公務における業務趣旨を、法的な観点で理解して無い」ことが多く、挙句の果てに解釈に誤りが多いのも特徴である。よって、公共機関からの対応で不信に感じる所があれば、上記の対処を基に確認をされたい。また、相手の公務員が的確に対処が行えたのであれば、その公務内容を理解しつつ、利用者として不利益の生じる部分を『(あ)苦情、(い)業務の改善』などの形式で、民の立場で適切に処理する責任がある点を把握する必要が有る。
    • [答えられなかった場合] - 一般的に苦情申請の対照に成るが、悪質な対応を行った公務員に対しては、罷免の請求を行う。
  • [参照]
    • Sphinx

効果目的

  1. 公務員による法や規則における知識の向上
    • 公務員から行政Service利用者へ、業務の説明をする時に必須な知識
      • 近年では、接遇(せつぐう)とも呼ばれる能力を意味する。

砂漠の薔薇 作戦( Desert Rose Strategy )

 主に、『(1)経済性の向上と、(2)国民個々における自衛力の向上』を目論んだ 文化向上を期する作戦である。

  • [国内版] - 行政機関による(または、公務員による利己的*11な思想に伴う)不経済な活動を抑制
    • [現状] - 既に、現行の与党*12にて、不経済な行政体制を見直す活動が行われているが、司法分野(特に裁判所、検察局、警察関連、自衛隊関連での無駄は、まだ多い)の上層部分には、根深く改善するべく課題が残されているように感じられ、「旧与党*13による人間関係の構成によって維持されている」と個人的に判断をしている。
  • [WWY版]
    • Terrorism Counter*14作戦で、つまり防御体制の強化における、『 民の現代的な自衛意識*15の向上を目論む作戦 』なのですが、防災、防犯を含めた広い範疇での展開と成る。

効果目的

  • [国内版]
    1. 国民による経済性の追求意識を高める
      • よく公務員で経済性の自立を国民に求める輩が居るが、言語的に解釈すると「日本から自立して、独自の自治を作れ」っと言っているに等しく成るので誤りであって、「公共機関との過剰な依存性を解消する」との返答が適切である。
  • [WWY版]
    1. 民の自衛意識を高める
      • [条件1] - 非武装
      • [条件2] - 日本の一般国民における、個々での自衛

Gryphon(ぐりふぉん)作戦

  • [趣旨] - 公務員など、社会体制の基で構成された人事にて、『()配下の人材に自らの地位を奪われないよう等の守りと、()同胞を確保すると、 Elite(えりーと)*16層に見られる『 典型的な仕掛け 』が、現在でも有るように想え、それら非民主的な悪き風習を解消する。
    • [特徴] - 『 縦割り(行政) 』と末端で表現されるが、(1)「上位の公務員から、不当、不法行為な命令までもを受けて遂行する義務までも課せられて無い」との観点と、(2)諫言秩序*17の関係から、「不適切に感じられる命令には、その正当性などを確認する義務も課せられている」のが普通かと想われます。よって、『(A)末端公務員による憲法、法律に伴う従事性と、(B)健全(健康、安全)性のある職場造りの確保』を目論んでみる。
      • [補足 - (A)] - 業務規則の内容が、現代的な観点から鑑査すると欠如的に感じられる部分が有る。
      • [補足 - (B)] - 各種公務員を、 健全(健康、安全)性のある職場で奉仕活動をしていると感じられない部分が多く、災害、事故などの危険性( Risk 配慮に欠けており、職員の公務活動に対する を低下させている原因*18に成る事が有る。
    • [注意] - 公務員に限らないのですが、「 忠実性を計る為に、不適切な命令を行わせて、服従心を試すことがある 」のも現状で、特に政治、軍事、宗教などあらゆる集団で見られ、日本の歴史としては、踏み絵等が有る。
  • [参照]
    • Gryphon

『 World Wide yorozuya Project 』 (WWY計画) 

世の中にわび、さびを求め、刺身にわさび、醤油を求めるのと同等に、全国の民に自衛を求める戦略。

  • 『 よろっちゃ王国.D.C. 』の世界版 - つまりは、世界経済を意味する。
    • [基礎] - 主たる課題は、『 (1)国境、(2)人種、(3)人類共通の文化的な問題点 』であるが、世界各国における固有の『 (A)文化、(B)宗教、(C)生活習慣など 』を理解しつつ、各国の『好い』とされる点を見習い、更なる文化向上を人類規模で目論む。
  • [注意] - 基本的に他者との論議などを一切に行わず、僕が個人的に収集した情報と、その解析によって構成されたReport等が作成された、「僕の個人的な意見(評価)」である。

過剰な人口の問題

(作成中)

その他

  1. yorozuya01/対立関係
    • 近年では、「個人が、何だかの団体を装って活動をする事も有る」らしい。
  2. 自由な研究/自衛

楽天家戦略

織田信長の戦略

 その手段として、日本の歴史に習い、織田信長の戦略を用いてみる。

防災戦略(防犯をも兼ねる) 

 国は、国家を、地方行政は、自治を、あなたは、あなた自身を自衛する。これは、平成23(皇紀 2671;2011)年07月08日に、各地方自治体と、国側の公共機関(内閣府)にと電話で御願いした、防災のSloganの趣旨である。

 国と民に溝が生じる原因として、「国家、自治と、民の相互関係が成り立ってない」との問題があり、民側が牧民な状態にある。

 そうした溝によって、多くの民が苦しい思いをするが、それらが平成における名称の基に、好ましくないと判断をしています。

 よって、本来あるべく行政と民の関係を深めつつ、国民個々の自衛と、その責務を確認する為にも、Sloganの趣旨を展開する。

USO-800

 ISO*19企画の洒落(しゃれ)で、よろっちゃ王国の名称にて、公にされる嘘八百な文面企画を意味する。

  • 記載例
    • 定型ニ型 - Yahoo!Blog
      • 恋愛相手の募集など

おまけ

僕の辞書には、不可能と言う文字が、有るのだがぁ!大作戦

 これは、裁判所との対戦企画で、六法を辞書に例え、裁判所の人員と利用者である僕との接遇関係における、法的な知識の源にした公務改善の攻防戦である。

  • 設置 平成23(皇紀 2671;2011)年01月31日

「10時の御茶は、やっぱ必要でしょ!」戦略

 当初は、完全なる敵対関係にあった裁判所との対戦状況だが、裁判所側の接遇体制が徐々にと柔軟化され、利用者としての対立関係を維持する理由も無くなり、発生する窓口論争に付いて、「御互いの目的を理解して、必要とされる公務改善、また利用者として公務への理解を深める為に、休戦的な話合いの時間を持ち合わせることが求められる」と言う観点を基に、『建物の工事現場で働く土工さんにも、10時と15時に御茶の時間(休憩)がある』との発想を加えて、現代の一般人にわ解り難い『10時の御茶』との部分を表面化して敬意を表す意味で、その名称を使い、且つ『(一)双方の相違点の確認、(ニ)民としての業務改善への要望』との対処で、争いを避ける手段を模索する時間を設けることを意味する。

 しかし、その話術が少々に高度であって、『(一)不動な法律、規律の認識、(ニ)公務対応を受けた側としての評価、(三)利用者としての心構え』などを再認識する為に、相応なる情報を確認する必要性が有り、つまり「(甲)法律、規律の存在確認、(乙)それを受けた利用者の心境を理解してもらう、(丙)公務側の現状における立場の釈明を受けた後に、相応の心構えで利用者としての手段を模索する為の情報収集(利用者として、どのように接すれば好かったのかを公務員側に確認する)を行う」との展開になる。これは、対応者と敵対すると不可能で、代替的に上司に対応してもらう方法がある。

 よって、公務側に利用者側の状況、心境の理解を理解してもらい、利用者側に公務の状況などを理解してもらう、情報交換(つまり話合い:紛争が生じた時の休戦)を設ける主旨と成る。

 なお、相撲に例えると水入りだが、個人的に「相撲を国技として認め難い」と、強く想っている。

共同(協力)的な展開

 仲間と協力をして活動をする。主に、防災、防犯活動での強化や、世界規模での交流をも検討。

閲覧数 総計:13 今日:1 昨日:0


*1 負けても利益を得られる:必勝法と異なるが、必益法と成る
*2 Nash均衡だと、「基本的にPlayer(参加者)達は、通謀する事が不可能である」との状態にあり、利益の障害要素と成るが、戦略内容を Open Sauce(オープン ソース) する事で、もう一人の Player(プレイヤー) 、その審判者に『 (A) GAME 展開を明らかさせ、(B)総合の利益関係を明確する。また、(C)それ以外の選択を各者が行った場合には、排他を受ける( Parley の呪い)仕掛けを作る事 』により、戦略が展開する。つまり、''共用利益を審判者と Player 達が十分に考慮する必要が有り、他の参加者から「利己主義者だ」と判定され、相応の排他を受けつつ、 Play から外される事を、意味する。
*3 公共機関による、『 民の過剰な排他 』は、憲法や立法の関係から論理的に排他が生じないが、逆に生じた場合は、違憲、且つ不法性などを追求する必要も有る
*4 日本国の憲法で記す自由とは、第十二条にて「 この憲法が国民に保障する自由及び権利は、国民の不断の努力によつて、これを保持しなければならない。又、国民は、これを濫用してはならないのであつて、常に公共の福祉のためにこれを利用する責任を負ふ。」と記されているのであり、不当(福祉的な観点で不利益を生じさせるが、不法でわ無いとされる範疇)、不法行為までを自由であると認めておらず、その条文を超越した部分を僕的には、「 勝手 」と解釈している
*5 憲法・前文・該当部分の抜粋:『 日本国民は、正当に選挙された国会における代表者を通じて行動し、われらとわれらの子孫のために、諸国民との協和による成果と、わが国全土にわたつて自由のもたらす恵沢を確保し、政府の行為によつて再び戦争の惨禍が起ることのないやうにすることを決意し、ここに主権が国民に存することを宣言し、この憲法を確定する。そもそも国政は、国民の厳粛な信託によるものであつて、その権威は国民に由来し、その権力は国民の代表者がこれを行使し、その福利は国民がこれを享受する。これは人類普遍の原理であり、この憲法は、かかる原理に基くものである。われらは、これに反する一切の憲法、法令及び詔勅を排除する。 』を意味する。
*6 例えば、暴力団であると、地域の公安委員会から指定をされても、『それに該当をしない』と合法的な反論をする事など
*7 よろっちゃ王国の男
*8 月の騎士:質の悪い Knight Of The Sun を駆逐する
*9 公にと行わない
*10 日本国・憲法・第12条に伴う、自由に基づく
*11 個人に限らず、小集団、または、政治、宗教などの団体であっても、特定の民における利益追求を本件では、利己と記す
*12 平成23(皇紀 2671;2011)年05月03日現在
*13 平成23(皇紀 2671;2011)年現在で言う、旧与党
*14 ちなみに反撃を加えると、Counter Attack の表現に成る
*15 武力に対して、必ずしも武力で応戦する事が正しいとも限らず、その為に必要な(A)事前策、(B)攻撃防御策が、国民個々の単位で求められる
*16 学歴と言う観点よりも、『 社会的な優位者(権力者など) 』を意味する
*17 下級の者が上級者に対して、物言いをを行い、秩序を守る
*18 Negative と成る原因
*19 国際標準化機構

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-06-24 (水) 21:21:21 (49d)