趣旨

 本頁は、主に Amateur 無線局を用いて減災、防犯の活性化を目論む。

予備的な知識

通信の形式

周波数

  • ./周波数
    • Bound Plan - JARL
      1. 図中の用語と用語の解説
      2. 電波型式の表記等について
      3. 各Modeや形態別に使用する
      4. 具体的な区分解説

VoIP

無線通信とInternetを繋いだ通信。個人局でも430MHz、1200MHzなどを中心に中継局を設定して盛んに運用が行われている。

業務

 Amateur無線の分野は、主に交信(送信と受信)が主体である。

設備

 無線の業務を行うのに必要とされる機器など。

  • ./Rig(リグ:無線機器)
  • ./Antenna(アンテナ:空中線)
  • ./他(周辺機器)

訓練、競技、賞

 競技への参加は、非常時通信や無線機の調整、空中線の設置なども含む訓練を兼ねて参加する。

  • ./訓練 - 非常通信に関連する催し等への参加
  • ./Contest - 競技
    • Award - 順位を除く、任意で各申請を行って得る賞
  • ./Award - Contest を除く、任意で各申請を行って得る賞

傍受(受信:SWL)に付いて

 傍受(受信)だけを行う業務は、Short Wave Listening (/Listener)と称され、JARL の会員部門でも『 准員 』としての枠があり、SWL Card (受信証)の転送を行ってくれる。

 なお、JARLの正員ならば、あえて准員の登録を行わなくても正員で登録している呼び出し符号を用いて、SWL Card を発行(作成)すれば、QSL Card と同じくJARLが転送を行ってくれる。

情報

防災、防犯への活用

地震と無線

 実は、無線の業務において、大地震の発生前に生じるとされる特殊な現象などが 注目をされており、その分野における研究も行われている。

各地域に在る団体

 主にAreaごとに区分けしている。

日本Amateur無線連盟(JARL)

Area 1

総務省

電波利用ほーむぺーじ

開局に関する手続き

不法無線局、混信・妨害、不要電波障害、電話機への電磁波障害 

関連法規

その他

個人

他の財団法人、NPOなどの活動

太陽の活動系

 太陽は、約11年周期で『極大期(太陽嵐:太陽の活動が活発になる)』を向かえ、それによって生じる電磁波や粒子などから、人工衛星、電波制御された製品、電化製品などに、悪影響を及ぼすと言われる。また、Aurora(おーろら)など、地上における神秘的な気象現象にも関係する。よって、当然に無線業務にも大きな影響を及ぼすが、特に短波帯での異変が観測をされる。

地球上の気象系

無線と私

  • 無線と僕
  • My Blog
    • 放送/無線
      • Award
      • Contest - Award
      • 空中線
      • 業務の記録
      • 特定省電力
      • DX

課題

減災

  1. 減災 Amateur 無線を用いた防災、防犯活動の活性化 - 日誌/進捗/平成26年度/43

防犯


閲覧者数 総計:2020 今日:1 昨日:1

*1 開局申請など

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-11-03 (日) 14:55:44 (34d)