予測

  • ※ 留意
    • 予測の順位性
      • 「『(一)法則的な根拠』≦『(ニ)科学的な根拠』」と、成る。
  • [条件]
    • [予測の震度]
      • 基本的に、震度5弱以上の発生を、警戒、及び、注意。
    • [方向性]
      • 東京都から、見た、感覚。
    • [予測の区分け] - 令和02(皇紀 2680;2020)年02月25日から 
      • 第一は、広域。
      • 第二は、狭域。 - 主に、関東。
    • [海に、隣接する、地域] - 沖合、等の海域
      • 沖合を、含む。
      • 領海に、接する、都道府県の名称で、記載。 - 例 震源を、予測する、地域の対象が、『千葉県の沖合』ならば、『千葉県』と、記載。
    • [移行の観点]
      • これ迄、第二の予測から、第一の予測へと、移行が、有ったが、令和02(皇紀 2680;2020)年12月01日より、移行を、『統計上の観点』から、止める。
      • [移行の概念] - 当方の業務における、都合(面倒だった、事)で、分割を、行って、いたが、「統計上の観点からが、分割が、好い」と、判断、『実験』(試験、等)を、兼ねて、12月01日より、導入。
  • [予測の期間]
    • [警戒中]
      • 予測の開始から、約1週間
      • 新たな予測が、無ければ、後の一週間を、自動的に、『 注意の期間([注意中]) 』と、設定。
    • [注意中]
      • 警戒中の後から、約1週間(予測の開始から、約一週間後の一週間)
    • [継続的な警戒中]
      • 『注意中の期間』でも、何だかの警戒を、行うべく、条件が、加わり、「継続的に、警戒が、必要だ」と、判断する、状態。
      • 予測の対象に、『 + 』が、付いて、表示される。
      • 『第二(関東)』の場合、『[警戒中]』でも、、追加の事項が、加わる事で、『第一(世界の全域)』へと、移行する事も、有る。

情報

地球上の全域(国内の全域を含む)における、大地震、火山の警戒 - 第一

 主体は、『太陽の活動に、伴う、予測』と、成る。

震源地の予測
 僕の感覚では、行えない。
補足
 地質学者、等ならば、太陽の活動に、限らず、『重力などの関係からでも、予測が、行える』と、想われる。
  • [条件]
    • 震度5以上を、対象とする。
      • 国内では、震度2以下の記録を、行わない。
    • 地球上全域では、M(Magnitude(マグニチュード))5以上が、発生する事を、予測(警戒)する。
    • 地震の他に、地球上全域で、自然的災害(火山の噴火など)の予測も、含まれる。
  • [情報]
  • [記号]
    • は、火山の発生を、意味する。
  • [予測の期間]
    • [警戒中]
      • 1週間
    • [注意中]
      • 警戒後の1週間(予測の開始から、約2週目)
      • 『注意中』に、新たな『警戒の予測』が、生じた場合は、『警戒』を、優先する。
    • [非常警戒中]
      • 通常の警戒よりも、警戒を、強める、必要性が、生じている、期間。
      • 何だかの大規模自然災害が、ほぼ確実に、発生する、予測が、有り、防御、非難の準備を、必要とする、時期。
      • 群発的地震が、発生中、等。

第一の予測

回数警戒(注意)する期間震源の範囲予測の対象発生の有無備考
開始
0101月16日 12時30分01月23日(01月30日)領域*1の全域*2


0202月14日 10時35分02月21日(02月28日)*3


10111213141516
余震の警戒*4
0304月07日 02時05分04月14日(04月18日*5*6、新月*7
101112131415161718192021222324252627

2829303132
[継続的な警戒]へ、切替。
0404月18日 11時30分04月25日 23時59分A*8、満月*9[継続的な警戒]へ、切替。
0504月26日 00時00分05月03日(05月10日)A*10、満月*11
06
07
08
09
10

関東 - 第二

 基本的に、僕が、居住する、地域(関東、及び、海域を、含む)で、震度5以上の発生を、警戒が、目的で、震源地も、予測する。

補足
 広くても、関東と、それに、隣接する、周辺の地域で、発生する、地震の予測が、主と、成り、海域も、含まれ、『都、各県で、管轄する、範囲』が、対象。
予備の警戒 令和03(皇紀 2681;2021)年01月29日
 本年度、『(A)02月01日から、月末迄を、予備の警戒』、『(B)03月01日から、月末迄を、準予備の警戒』と、設定。
理由
 『(a)疫病(COVID-19:Wikipedia)』の事情、及び、『(b)直下型地震の発生が、生じた、場合』での想定(危機 管理 対策:Wikipedia)から、「(A)、(B)の期間で、『予備の警戒を、行う、事』が、求められる」と、判断。
留意
 疫病の事情に、伴い、「一般の家庭でも、装備(防災、減災)の再構成を、行う、必要が、有る」とも、判断。
他域(限定)の予測を、行って、無い、理由 - 令和03(皇紀 2681;2021)年02月14日
 嘗ては、「予測を、行って、いた」が、『国民の個々に、課せられて、いる、自衛の概念』を、想えば、「誰でもが、行える、予測を、過剰(偽善)に、行う、理由は、無い」と、判断、及び、「他の国民に、自衛の努力を、促す、観点からも、居住地周辺の地域に、限定を、行った」との経緯が、有る。

第二の予測

回数警戒(注意)する期間震源の範囲予測の対象発生の有無備考
開始
0101月16日 12時30分01月23日(01月30日)関東の全域(沖合を、含む)*12
0202月14日 10時35分02月21日(02月28日)*13余震の警戒*14
0303月12日 21時35分03月19日(03月26日)*15、人
・15日 和歌山で、震度5弱(M 4.6)
20日 地磁気活動が、非常に活発
・20日 Ísland で、火山が、噴火
・20日 宮城県沖で、M 6.9
0403月29日 21時45分04月05日(04月06日)*16、公*17、他*18[継続的な警戒]へ、切替。
0504月07日 02時05分04月14日(04月18日*19*20[継続的な警戒]へ、切替。
0604月18日 11時30分04月25日(05月02日)鳥、第一*21
07
08
09
10

注意

  • [東日本地域での地震]
    • 北関東地域では、既に、「大きな地震が、発生する」と、公的な機関も、予測を、公表。
    • [僕の対策]
      • 『首都の機能を、分散、移転する事』の提案、推奨を、行ったが、政府側では、否定的。
  • [第一へ、移行する条件] - 令和02(皇紀 2680;2020)年01月01日から
    • 予測(警戒、注意)の期間中に、下記の予測が、追加される場合、第一の予測へ、移行する。

月齢に、伴う、警戒 - 第三

 新月、満月の日を、中心に、前後の三日間(合計、七日間)を、警戒。

設置 - 令和02(皇紀 2680;2020)年06月分から
 長年の観察から、「『月齢と、地震の発生』には、関係(科学的な根拠に、伴う、影響)が、有る」と、判断。
詳細
 『月齢』(Wikipedia)と、言うよりも、『月(Wikipedia)の引力」』が、重要視され、『地球の全体に、及ぶ、歪み』の影響を、観察するに、値する。
補足
 「月齢は、周期で、変化する」ので、予めに、予測が、行える。 
 よって、『(あ)年間分の単位で、警戒日の告知を、行い、(い)日常の観点から、習慣で、警戒を、行う、事』を、目論む。
新月
 計画、構想、等に、適する、時期とも、言われて、いる。
満月
 古来から、『(ア)人の精神的な不安が、生じたり、(イ)事故、事件、等、(ウ)人間の関係における、不和』が、生じ、易い、とも、言われて、いる。
震源の範囲
 地球上の全域。
補足
 主たる、警戒は、『震度5程度』の発生。

第三の予測

留意
 月齢と、単純な、統計の形式で、集計を、行う。
国内
 震度5以上、『◎』。
 震度3以上、『◯』。
海外
 M 7.0 以上を、『◎』。
 M 6.0 以上から、M 7.0 未満を、『◯』。
留意
 「被害は、中型( M 6.0 )の以下でも、生じる、事が、有る」ので、注意が、必要。
  • 記号
    • 新 - 新月
      • 回数は、偶数。
    • 満 - 満月 
      • 回数は、奇数。
    • 火 - 火山の噴火 - 令和02(皇紀 2680;2020)年07月25日から(過去の情報、一件の修正を、含む)
      • 新規の噴火に、拘らず、『警戒中』に、噴火の活発性が、生じた、場合を、含む。
    • 備考 - 他の災害(警戒期間外での発生を、含む)、及び、参考。 - 令和02(皇紀 2680;2020)年06月27日から
      • 他国 - 国内
      • 他海 - 海外
新/満回数警戒の期間発生の有無備考
開始国内海外
0101月10日01月16日
01月26日02月01日
外火 1
0202月09日02月15日



02月24日03月02日
外火 
0303月10日03月16日


03月26日04月01日
1
0404月09日04月15日
101112131415161718192021222324252627

外火 1
04月24日04月30日内火 
0505月09日05月15日
05月23日05月29日
0606月07日06月13日
06月22日06月28日
0707月07日07月13日
07月21日07月27日
0808月05日08月11日
08月19日08月25日
0909月04日09月10日
09月18日09月24日
1010月03日10月09日
10月17日10月23日
1111月02日11月08日
11月16日11月22日
1212月01日12月07日
12月16日12月22日

統計

  • [条件]
    • 予測中の内容は、含まない。
  • [予測と、発生の回数]
    • 予測の回数と、発生数では、その値が、違う。
      • 予測は、一回でも、その期間中に、数回も、発生する事が、有る。
      • 余震、など

  • 記号
    •  - 他の自然的災害

第一 - 地球上における全体の規模

予測数×
3037001600

第二 - 国内(関東)

予測数×
50200000003

第三 - 月齢

新   月
予測数×
04国内238100
海外07010
満   月
予測数×
03国内011000
海外00320

記号

 予測表の記号における Link 先は、tenki.jp の『 災害情報>地震情報 』です。

 なお、平成30(皇紀 2678;2018)年度より、『継続的警戒(初期の設定では、『注意期間中』)』も、『警戒』の期間と、同等に、扱い、集計も、同じ。

  • ◎ - 予測(警戒、継続的警戒)の的中、大型の地震。
    • 方向、震度の的中。
    • 国内 震度が、5以上。
      • 海外 M 7.0 以上。
  • 〇 - 予測(警戒、継続的警戒)の準的中、中型の地震。
    • 方向の的中。
    • 国内 震度が3以上、5未満。
      • 海外 M 6.0 以上から、M 7.0 未満。
  • △ - 予測(警戒、継続的警戒)の期間中、予測を、行った、地域の近くで、中型の地震が、発生。
    • 震源の方向における、的確性(精度)に、欠ける。
      • 震度が3以上、5未満。
  • ▲ - 予測(警戒、継続的警戒)の期間中、予測を、行った、地域の近くで、大型の地震が、発生。
    • 震源の方向における、的確性(精度)に、欠ける。
      • 震度が、5以上。
  • ◻ - 震度が、2以下
    • [警戒中]に、震度1、2の地震が、発生。
      • 基本的に、『震度5以上を、警戒する事が、目的』なので、震度2以下だけの発生は、予測が、外れた事を、意味する。
      • 「該当が、多発する事も、有る」ので、基本的に、詳細(発生別)の記載を、行わない。
      • 上記の関係から、統計的に、「複数の発生が、有っても、『1(1回の発生分)だけ』が、加算される。
    • 既に、『 X 』以外の記号が、該当する場合には、記載されない。
  • X - 発生が、無い。
    • [注意中]に、震度3未満の発生が、生じても、それを、含まない。
  • ● - 警戒の期間後、一週間未満(注意期間中)に、震度5以上が、発生。
    • 海外では、M5以上の発生が対象。
  • ■ - 警戒の期間後、一週間未満(注意期間中)に、震度3以上、5未満が、発生。
    • 新たな予測が、無ない時に、限る。
  • ◇ - 警戒の期間後、一週間未満(注意期間中)に、近隣の地域で、中型の地震が、発生。
    • 震度3以上、5未満。
  • ◆ - 警戒の期間後、一週間未満(注意期間中)に、近隣の地域で、大型の地震が、発生。
    • 震度5以上。
    • 地震に、関連の有る、何だかの自然的災害 - 火山(火砕流、等を、含む)、津波、山崩れ、地割れ、等
    • 地震に、関連の無い、何だかの自然的災害 - 台風、大雨、暴風、等

観察の対象

 予測における、観察の対象と、記号。

気象、自然現象

  •  - 地震雲など。

太陽の関連

  •  - 太陽の活動が、活発化。
    • 太陽の活動が、活発化する事で、生じる、自然的現象。

電波の状況

 太陽の活動が、活発な時に、異変が、生じる。

  • A無(周波数) - Amateur 無線
    • 「145 MHz 帯の電波状況における、変化で、予測が、行える」と、言われている。
    • 「430 MHz 帯の電波状況における、変化で、予測が、行なえる」と、想える。
    • 他の周波数帯も、観測の対象と、成る。
  • R - Radio - 民放
    • 太陽の活動が、活発な時は、民放 Radio(ラジオ)放送における受信の感度も、低下する。

月(つき)

  • 満月
    • 「引力の関係から、地殻の変動が、生じ、易い」と、想われる。
    • [他の現象]
      • 人間的な関係でも、不具合が、生じ、不和と成る状態が、生じ、易く、成る。 - 主原因に、『感情の高ぶり、不安感(胸騒ぎ)』、等、「人情的な気持ちが、不安定に、成る」と、言われている。
      • 交通の事故、犯罪が、増加する傾向に、有る。
  • 新月

地震 

  •  - 群発的な地震
    • 予測期に、同一の地域で、群発性地震が、生じている、状態。
      • 主に、大規模な震災後の余震よりも、小規模な群発性地震から、震度5以上の地震が、生じる事を、警戒。
  •  - 連鎖的な地震
    • 一つの震源から、連続、連鎖的に、周囲の地域で、生じる。
      • つまり、震源地が、異なる。

動植物、昆虫など

    • 烏の鳴き方。
  •  - 魚の異常行動。
    • 海、川に限らず、魚類の活動に、異変が、見られる事も、有る。
      • 室内などで、『飼育されている、水槽の魚で、行動に、異変が、見られる事』も、有る。
  • 異常なけさ
    • 他の生物を、含めて、奇妙な(他の生物達が、何かに、怯えるような)静けさを、感じる。
    • 虫の行動に、奇妙な活動が、確認される、等。

人間の関係

 『満月の狂気』と、同じく、地震の発生前に、人間の関係が、乱れる事も、有り、主に感情の乱れが、生じつつも、地震の発生後には、治る。

補足
 震度4以上の時に、見られる傾向で、平成25(皇紀 2673;2013)年12月07日 現在での判断。
    • 人(個人差が、有る)によって、主に、『精神的な観点からの症状』が、出る。
      • 頭痛
      • 倦怠感
      • 憂鬱な気分
      • 攻撃的に成る
    • 訃報(ふほう)
      • 有名人の訃報が、増える。
    • 人間(人と人の間:人間の関係)
      • 人間の関係が、不和的に、成る。

公的機関の活動

  •  - 特定の機関を、観察
    • 「大き目の地震が、発生する情報を、得ている場合には、特殊な動きが、有る」と、判断するに、至る。
    • 無線機に、供給を、行っている電圧に、変化が、生じる。
      • 平成27(皇紀 2675;2015)年09月11日 現在、『出圧の変動』に、付いて、東京電力へと、問い合わせを、行ったが、「減災の発生を、前提とする、電圧や、電気の供給を、制御するような事は、無い」との返答が、有った。尚、「電力の供給に付いては、各地域で、行われている」との事。

民間の企業

  • Y - 秘密
    • とある民間企業は、Internet 上で、「地震(震度3以上)の発生が、予測される場合、防災の広告に、関連する、試験を、行っているのか」と、判断。

株式市場の動向

    • 今時代における科学的な根拠から、「大地震が、発生する事を、把握する者達が、居るのか」と想われ、それらによる、情報から、『(一)株式の市場で、原因が、不明と成る、大量の売却(及び、日経平均株価の下落)が、生じ、(ニ)空売りが、大量に、仕掛けられる』との可能性が、有る。
    • [留意 - 誤認]
      • 「大規模な Terrorism(テロリズム)、等の惨事を、事前に、把握を、行っている場合でも、株価が、急落する」と、判断。

怪奇な現象

  • 奇な現象
    • これ迄、色々な体験から、僕の心情に、影響の有るような、自然の災害、等が、生じる時には、『虫の知らせ』の如く、身の回りで、自然的に、色々な怪奇の現象が、生じている(自然の現象を、察知する為に、人間的関係な工作の変化を、嫌っている)。
      • 怪奇の現象は、「倫理上の観点から、広く、公表を、行わない」が、「多くの一般人でも、日常において、色々と、体験する事が、有る」と、想われる。また、それらの現象が、「各々で、異なる」と想える*22
  • 湿
    • 僕の部屋における、湿度の変化
      • 大きめの地震が、発生する前後に、僕の部屋における湿度計が、日常の平均値よりも、『低く』(60未満から、注意)、成る。
    • 数年前(室内の気圧を、測るように、成って)から、突然に、『 0600.0 hPa ぐらい』を、表示する、現象が、生じている。
      • 数分後には、普通の気圧が、表示される。
      • 平成31(皇紀 2679;2019)年03月09日から、正式な予測の対象に、加えた。

Aurora(オーロラ) の発生に付いて

 太陽の活動が、活発だと、太陽風が、発生する関係から、Aurora 現象も、生じ、それを、目安に、地殻の変動が、活発化する事も、予測される。

 太陽の活動における、活発の度合いを、把握する事の目安にも、成る現象。

 また、関連的に、電波の障害も、生じる事が、有る。

 更に、所有する無線機(送受信機、受信機)で、観測される、電波の状況に、異変が、生じる事も、予測の判断に、用いられる。

 なお、現在ならば、「一般人でも、所有が、可能な 『 AM、FM の Radio(ラジオ)で、地震を、予測を、行う、事』が、可能」と、想える。

動物、植物など

    • 鳴き声、及び、鳴き方
    • 異常な行動
      • 昔から、「深海魚が、頻繁に、浮上すると、後に、大きな地震が、発生する」と、言われている。
    • 海豚(いるか)(くじら)、等が、集団で、砂浜に、打ち上げられる、等。
      • 現象的には、「砂浜から、地上へ、上がろうとする」ような状況で、「海へ、返そう」と、人が、働きかけても、『浅瀬へ、戻って、来る事』(その現象は、「他の仲間(海豚、鯨)が、砂浜に残っているので、仲間の所へ、戻ろうとするから」とも、言われている)も、多い。

他の対象

 以下が、観察の対象に、成っている。

    • 令和02(皇紀 2680;2020)年07月23日から
      • これ迄、「直感の扱いに、困って、いた」(主に、直感に、伴う、確証で、各種の観察が、必要と、成る、事も、有る)が、今期からは、加える。
    • 既に、定めた分類の他


*1 海域を、含む。
*2 01月15日、19日、20日、21日に、確認。
*3 「数日前から、夜間の訓練を、行って、いる」との事を、確認。
*4 02月13日 23時08分頃、福島県の沖合で、震度 6 強( M 7.3 )が、発生。
*5 11時30分迄。
*6 04月05、06、07日に、確認。
*7 04月12日。
*8 参考、日誌/2021-04-18
*9 04月27日。
*10 参考、日誌/2021-04-26
*11 04月27日。
*12 01月15日の早朝、他に、20日、21日に、確認。
*13 02月14日の早朝に、確認。
*14 02月13日 23時08分頃、福島県の沖合で、震度 6 強( M 7.3 )が、発生。
*15 03月12日の午後。
*16 03月29日の早朝に、確認。
*17 03月29日に、確認。
*18 03月29日、特定の動物を、観察、及び、確認。
*19 11時30分迄。
*20 04月06日、早朝、昼間に、確認。
*21 04回。
*22 『自然からの(危機的)情報を、察知する事が、行えなかったり、それへの理解が、無いような人達との交流は、日本国の民、その一人との立場から、求めてない』が、それへの理解が、有っても、利己的に、悪用を、試みる、宗教、思想、等の集団(その構成員を、含む)、個人とも、交流を、避けている。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2021-04-26 (月) 01:21:07 (22d)