Top / 自由な研究 / 自衛 / 心理戦

心理戦

 一般の民(属する国の民)を、更に利己的に支配する方法として、『 (A)生理的な欲求、(B)何だかの利益を得ようとする富への欲求、(C)恐怖心からの不安感を取り除こうとする欲求 』などの各種の欲求を制御することで、一般人を支配する事が可能であると言われています。

 例えば、会社だと理念があり、それに基づいて社員を募集したり、企業が産物(Serviceなどを含む)の製造、提供を行う場合にも、相応の目的関係(雇用主:労働者=雇用の欲求:労働の欲求=需要:供給)があります。

 そうした人の心理を悪用して、利己的にと成る何だかの集団を形成することがあり、子供の頃に友達を形成したり、他の子供を排他(軽蔑、虐待なども含む)を行う場合もあって、つまり幼少期からの人間関係でも、見られる『 支配と排他 』がある。

 ちなみに『 支配と排他 』は、枠を広げると国家と成ったり、更に枠を広げると宗教などが該当をするのであり、近年だと宗教、思想での理念を基にした、支配GAMEが盛んである。

 理念関連での支配GAMEは、日本国の場合だと『 (A)和の精神、(B)御上主義、(C)共産 』などの教育や思想、宗教に伴う人間関係から支配を行い易い。

 現状の日本国では、国民の個々が自立性に欠けつつ、第二次世界大戦後に敗戦した後、新たに現状の憲法が制定されたが、60年以上を経ても国民の自立性における兆しが無く、『 安全、健全、安心 』などを、個人の感覚で維持する能力に欠け、且つ社会思想から民の自立を妨害する傾向もあって、集団(団体)と何だかの依存関係を維持させる為に、人間関係上での工作が行われる事もあるらしい。

 それらを踏まえると現状における日本国は、「国家として民に経済的な自立を促す事もあるが、公共機関が民に経済的な自立を促すとの状態は、論理的にありえない」のあって、本来だと民に経済的な観点で協和を求めるのが適切である。

 ・・・現状の日本は、日本国ごっこ(ままごと状態)。

 さて、その似非国家を、「どのように修正するのか?」が問われつつ、支配GAMEでの心理戦における問題などを定義する。

 ところで、日本国籍を有する者なら、憲法の前文における意味ぐらいは、個々にと把握をされたい!

  • [参照]

 なお、心理戦における防御、戦闘などの方法(実践)では、憲法、法を逸脱して活用すると、。

心理学

集団、衆寡(しゅうか)的な効果に伴う心理

  • 感応的同調
    • 例えば、「心を寄せる深い仲の相手が、楽しいと感じている時に、自分も同調して楽しく感じてしまう状況である。特に親友や、最愛の相手(憧れの人)等が対象と成り易く、好意を抱いた相手に対しては、初対面でも同調(同情)をし易くなる*1。その外にも、他者と共通をする何だか*2を基準とした、『(1)共通点を経て、(2)仲間意識*3を深めつつ、(3)同胞的な意識を強めて、それを人間関係の基準にする場合』があり、第三者との共通点を見出して、他者との連帯下で、共通した感応的同調による心情(喜怒哀楽)を楽しむ』との娯楽的な感覚もある。つまりは、連帯感である。ちなみに、尊敬する者(又は、物を象徴する)などを中心に構成をされた集団形式が、社会の基礎に成っている。
  • 連帯感
    • 人間関係における、第三者との絆に基づく感情を意味する。
    • 集団意識における「同一感情の共用」が連帯感の基礎に有るが、「(1)同胞を守るとの観点も有り、(2)その半面で同調なき者(物)を排他する、(3)または、当人に同調意識が有っても、それを団体が認め難いと判断して同胞者と認めず、排他意識を強めてしまう」との動向もある。
      • しかし日本国では、憲法・第十九二十二十一条にて「結社の設立自由が認められている」が、その反面で、「それに参加する自由(強要されない*4)」も定められている。
  • 認知的不協和 - Wikipedia
    • TV、Radioなどの演出で、『大勢の笑い声』を特定の場面で流すと、「鑑賞者が、その場面を面白いように思い込む」との錯覚に陥らせる演出がある。
      • 慈善団体や宗教団体、国家(政治的な機関、組織)など、大衆動向を操作したがる団体などによって研究が進んでいたらしく、主に娯楽(新聞、Radio、TV、Internetなど)の分野で展開をしている心理操作の技法でも使われる。
      • 実際には、「大規模災害など、人類にとって悲劇的な状態に陥ったとき、『どのように大衆を操作して、世間的な安定を図るのか?』が焦点と成って、研究が進められていた」のかと想われる。

大規模な被害から逃れられた時の心理

  • Survivor's Guilt(さばいばーず・ぎぅぃると) - Wikipedhia

人間関係の工作など

  • Negative Campaigning(ねがてぃぶ・きゃんぺーん) - Wikipedia
    • 基本は、選挙戦での広報戦略

暗示など

  • Subliminal(さぶりみなる) - Wikipedia

教育など

  • Pygmalion Effect(ぴぐまりおん効果) - Wikipedia

Terrorismと平和

人の本能と心理

  • 無意識 - Wikipedia
    • [1] - 一般的に人の習性として共通な部分(人の本能)。
    • [2] - 個性(固体固有の個性、性格)的な部分。
      • [注意] - [1]、[2]を把握する事で、『 目的の人員を想いのままに操ることが可能に成る 』と言う場合もある。
  • 現実と、心情の仕掛け
    • 人は、特定の状況に陥ると、喜怒哀楽の心情によって目的を代価してしまう事が有る。
      • [] - 『(1)公共の窓口で紛争が生じた場合、基本的に利用者(民)が憤慨する事が多い、(2)逆に相手を憤慨させて、目的を達成させないこと(落とし込み)もある*5』(しかし法的には、越権行為、公務不作為が問われるのかと判断しており、不当、不法性が問われて当然で有る)が、そのどちらもが、「怒りが収まると『解決した*6』と誤認する心理によって生じる」のも特徴で有る。
      • [例の補足] - ちなみに相手を怒らせると言う状態は、侮辱に値をしているのかと想われるが、『 過剰な自尊心(憲法や法を逸脱した個人の信仰や思想、社会的地位を得ての過信) 』に伴う倫理観が基で生じる憤慨は、「その憤慨動機が過剰で有ると判断されても、何ら不適当で無い」と想われ、「宗教や思想の自由があれども、他人の自由を侵害する権利まで、憲法や法で認めてない」と解かる。よって相手が誰であれ、憲法、法や規則に照らした人間関係が求められ、民の憲法や法に対する不知によって生じる紛争が絶えず、文化向上の足枷に成っているのが現状である。
  • 認知心理学 - Wikipedia
  • Melancolia - Wikipedia

調査

 一般的な手口としては、「相手の心境を惑わせ、理性を破壊する」ことで成り立つ。

恐怖、不安

痛み、苦痛

依存

新興宗教系

 主に洗脳を行い、服従心を煽る。

  1. 精神病を有する者の人材的な取込
    1. 近年では、「人間関係におけるCommunicationを故意に破壊しつつ、自らが都合の良い人間関係を再形成する」との人間関係における工作も可能であり、特に宗教団体、政治団体など、色々な分野で人間関係における戦略として用いられているらしい。
    2. [危険性] - 「相手を自殺に追い込むことが可能である」との事も解っており、集団的な攻撃だと『いじめ』などを経てTarget(たーげっと:標的)の健康を損なうような精神状況にと追いやる結果にいたる事もあるが、集団行動の場合だと『見えない集団意識』によって生じる事も有り、それを察知できない、また一時的に察知を行えない心境にと標的を落とし込み(故意に相手の精神を不安てにさせる)などを経て、Trauma(とらうま)を生じさせるが、その状況を「A.第三者から把握できず、B.法的にも立証を行い難い点」などを悪用して、着手することも有るようです。
  2. Trauma的攻撃
    1. [不法性が問えない?] - 心的外傷を受けたとされる立証の為には、医学的な証拠が必要と成るが、それを得る為に精神科へ受診する事を拒むのが一般的である。そうした弱点を予測して攻撃を仕掛ける事も有るらしい。
    2. [通常の人間関係でも生じる?] - 何だかの原因で気分が落ち込む状態は、軽い心的な悪い影響を受けていると言えるが、現代人における『心強さ』との文化的な風習から、「身体に直接明確に成る傷で無く、医者などから明確な診断が無い限りは、その被害が有ったと認め難い」と言うのが普通かと想われ、日常の会話でも、心的感情が左右されることが多い。
  3. [Mass Mediaの悪用] - 近年に指摘をされているのが、「新聞、TV、雑誌などを使って、民衆心理を操作する」との部分が有り、嘗て第二次世界大戦中には、NazisGermanPaul Joseph Goebbelsによる、「民衆への宣伝活動」などが取り上げられることがある。
    1. [洗脳] - 『落とし込み』と言う攻撃には、「標的を思惑とおりに導くのが主体」であり、「A.低賃金で働かせてながらも、信仰、思想などを用いて幸せを感じさせ、客観的にも劣悪な生活環境を維持させたり、B.個人の能力を見込み、同胞的に取り込む活動(家庭、親類、友情などの心情を築いて人間関係を深め、徐々に組織の人員を紹介して取り込む:宗教団体の信者などでは、自覚無く活動をする事がある:暴力団などでも、使われている傾向が有る)」など、色々な用途で取り込まれる。(しかし、一般社会の人間関係上における紹介方法は、「それが普通だ」と言う観点もある
      1. [注意] - 近年では、Internetを介した人材取り込みも多い。
    2. [補足] - あすぺるがー症候群の者をを狙う人為な取り込みも有るらしく、その取り込みが可能と成ると、過剰な正義感と忠誠心から、不当、不法な行為までにも着手して、所属する組織の有益性を守ろうとする『駒(こま:人材:戦闘員:防御員)』として、悪用されることがある。
      1. [注意] - 過剰な愛国心、信仰心、反世間的なTerrorism(てろりずむ)など、『個人の独立した判断(Freedom:ふりーだむ=規制されてない≠自由と異なる)』など、色々な分野で、人材が悪用されている。
    3. [誤解] - 一般世間的な人間関係では、何だかの集団(二人以上の人間関係を含む)に属していることが殆どであり、企業(会社)、国家機関、善意な宗教団体などにて、雇用などと言う形式で取り込まれ、家庭、近隣町内、市町村、都道府県などの地方自治にも属しているのが普通である・・・w
      1. [解説] - 本節では、一般の人間関係でも生じている部分を除き、明らかに集団的に不当、不法行為に着手をしている集団への『取り込み』を意味しており、不当、不法行為を行わせる目的、または、そうした人材を『捨て駒(すてごま=Freedomに活動をさせて、不当、不法行為に着手をした事が公的に明確に成ったら処分をする)』との類を意味する。

参照

映画、Dramaなど

漫画、Animationなど

 本節では、漫画、Animationを原作とする映画、Dramaを除く。


*1 「初対面でも第一印象で好感を抱かれれば、同調(同情)し易くなる」との点を悪用する人間関係も存在しており、Catch Sales(きゃっち・せーるす)、戸別の訪問販売、宗教勧誘(思想の同調を試みて、まず相手の意識を取込み、次いで身体的に取込む:信者、仲間にする:暴力団どを含めて、あらゆる集団で同胞集めにと使われる)でも悪用をされているが、恋愛でもなんぱ(行きずりの恋)があるように、心理分野として『同調を得られる何か』がと成っており、それを把握する事で「人(の心)を操作する事が可能に成る」ことから、『心の鍵』とも世間一般で呼ばれる
*2 趣味や思想など、同調の対象に成る物(者)なら、何でも好い
*3 人間関係の絆
*4 脅迫、などを用いて、参加を強要される事が有る - 刑法・(脅迫)第二百二十二条、(強要)第二百二十三条
*5 場合によっては、相手を精神的に追い込むなどの工作を行い、不法行為などに着手をさせて『善意者としての失格を自覚させて、人を内側(精神面)から壊す等の方法もある』が、それの不法性を刑事で立件された事例を把握して無い
*6 『(A)公共側は、治まったと暫定して解決したとみなす傾向が有り、(B)利用者(民)側は、怒りが収まると「我慢するしか無い」と思い込む傾向が有る」が、実質的に憲法や法律の観点からは、何ら問題の解決に至って無い事が多く、同類の紛争を公共窓口で幾度となく発生させ、民側で『 適切な問題の解消方法を有した者 』によって、苦情、業務改善の請求が公共側に行われた後に、真意での問題が解決されることも多く、その時まで公共側が先行して業務を改善する事が極稀なのも特徴''である。また、現場の公務員が業務Riskを感じていても諫言秩序の関係が成立っておらず、末端公務員の善意なる精神を病む原因(公務への不安や不信)と成り、精神病などに陥る事も有るのかと想う。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-12-10 (月) 03:52:06 (614d)