Top / 自由な研究 / 訴訟 / h28 / ワ1956

侮辱、及び名誉毀損など 事件

事件の番号
 平成28年(ワ)第1956号
移送の決定日
 平成28(皇紀 2676;2016)年07月06日付 
移送前
 立川 簡易 裁判所 平成28年(少コ)第35号
補足
 訴訟の手続が、進むにつれて、次の事、等が、判明。
(A)
 取引の相手(被告)が、事件の当時に、未成年(中学生)だった。
B)刑事
 弁護士を、介する、方法で、法定代理人(住民票から、被告と、同居と、想われる、状況下で、法定代理人の所在を、不明瞭化)を、隠匿(いんとく)
(C)刑事
 Yahoo!Auction の規約*1によれば、「 15歳以上、18歳未満(中学生を、除く:高校生に、成る、歳の04月02日から、利用が、可能)は、出品が、行え、無い」にも、関わらず、被告が、出品を、行って、いた。
D)刑事
 被告が、「 Yahoo!Premium の入会で、不正な契約(年齢の偽り)を、行った、疑い」も、有る。
弁護士の故意
 前出(B)は、別件で、弁護士に、損害賠償請求の事件を、提訴(平成28年(ワ)第2120号平成28年(ワ)第2231号)。
被告の刑事的な部分
 「裁判所の処置に、委ねて、いる」が、民事の裁判所が、積極的に、刑事の隠蔽を、試みた、場合は、裁判官を、含む、職員関係者の全員を、職権の濫用(刑法 第百九十三条、刑事訴訟法 第二百三十九条)等で、告発を、行う、事を、検討。

関する、課題

担当裁判体

東京地方裁判所 立川支部 民事 三部 2B係

  • 担当(部長:部総括判事)裁判官
  • 担当書記官
    • 主任 中川 智之(なかがわ ともゆき)
      • 忌避の申立間、代行 - 主任書記官 小松﨑(こまつざき) 崇

書式の設定

  • 原告
  • 被告
    • 未成年者 - 法定代理人 親権者
      • 訴訟代理人 担当弁護士 四人

原告

提出を行った書類

判決、決定、事務連絡など

平成28(皇紀 2676;2016)年10月12日付 判決の言渡

  1. 原告の請求を棄却する。
  2. 訴訟費用は、原告の負担とする。

関連の事件

平成28年(モ)第221号 書記官の忌避

担当裁判体 - 民事 二部 合議A

  • 担当裁判帯
  • 担当(主任)書記官
    • 中村 彰朗(なかむら あきろう)

平成28(皇紀 2676;2016)年09月09日付 - 決定

平成28年(モ)第231号 担当裁判官の忌避

担当裁判体 民事第一部

  • 裁判官
  • 担当書記官
    • 小山 幹夫(こやま みきお)

平成28(皇紀 2676;2016)年09月23日付 - 決定

平成28年(モ)第280号 > 訴訟費用額の確定

補足 追記 令和02(皇紀 2680;2020)年08月25日 現在
 本件は、書記官の誘導(ゆうどう)(教唆)に、基づき、提訴を、行って、いる。
  • 提起
    • 平成28(皇紀 2676;2016)年11月04日
  • [異議の申立て権の棄権]
    • 平成28(皇紀 2676;2016)年11月15日

担当裁判体 民事第三部

  • 担当書記官
    • 主任 中川 智之(なかがわ ともゆき)

決定

  • 平成28(皇紀 2676;2016)年11月11日付の決定
    • 平成28(皇紀 2676;2016)年11月14日付
      • 平成28(皇紀 2676;2016)年11月15日に受取
  • [主文]
    • 本申立てを却下する。
    • [理由]
      • 本案の訴訟費用は、原告が負担することとなっており、申立人には、費用償還請求権がない。

記録

甲による、謄写

令和02(皇紀 2680;2020)年09月30日 - 東京 地方 裁判所 立川支部 民事 訟廷 記録係

  • 電話 聴取 書
    • 平成28(皇紀 2676;2016)年11月15日 14時20分
  • 口頭 弁論 調書
    • 第一回
  • 民事事件記録等、閲覧・謄写票
    • 平成26(皇紀 2674;2014)年11月15日分
    • ファクシミリ 送信 兼 受領書
      • 平成28(皇紀 2676;2016)年11月16日分
    • 異議の申立権の放棄書 - 甲
      • 平成28(皇紀 2676;2016)年11月15日 14時25分
    • 交付 送達 報告 書
      • 平成28(皇紀 2676;2016)年11月15日 10時32分
    • 訴訟 費用額 確定 処分
      • 平成28(皇紀 2676;2016)年11月11日付
    • 原本 表示 - 保存 番号 21
      • 平成28年(モ)第280号 - 平成28年(ワ)第1956号
    • 訴訟 費用額の確定 - 申出書
      • 平成28(皇紀 2676;2016)年11月04日 受付
    • 訴訟 費用額 確定 処分
      • 平成28(皇紀 2676;2016)年11月11日 付

書記官との対話(音声)

平成28(皇紀 2676;2016)年09月02日 13時08分

  • 期日の連絡を、不適切に、行われた。 - 再公開の準備中
    • 『(A)職権の乱用』、または、『(B)業務上の過失』と、判断。
      • 「通話を、先に、切った」のは、書記官。

関する、法規

民法

第四百十二条(履行期と履行遅滞)

 債務の履行について確定期限があるときは、債務者は、その期限の到来した時から遅滞の責任を負う。

二項
債務の履行について不確定期限があるときは、債務者は、その期限の到来したことを知った時から遅滞の責任を負う。
三項
債務の履行について期限を定めなかったときは、債務者は、履行の請求を受けた時から遅滞の責任を負う。

刑法

第百九十三条(公務員職権濫用)

 公務員がその職権を濫用して、人に義務のないことを行わせ、又は権利の行使を妨害したときは、二年以下の懲役又は禁錮に処する。

刑事訴訟法

第二百三十九条

 何人でも、犯罪があると思料するときは、告発をすることができる。

二項
 官吏又は公吏は、その職務を行うことにより犯罪があると思料するときは、告発をしなければならない

*1 平成28(皇紀 2676;2016)年07月29日 現在。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-11-16 (月) 21:16:36 (19d)