Top / 自由な研究 / 訴訟 / h28 / ワ2120

『訴訟の妨害』に伴う損害賠償請求 事件

前提
 『(A)平成28年(少コ)第35号の関連で、介入』が、有り、『(B)平成28年(ワ)第1956号から、訴訟代理人』(弁護士の四名:弁護士事務所)と、成り、『(C)当方に、不利益を、生じさせた』との経緯に、伴い。

 『(a)当方に、不利益を、生じさせた、(B)に、司法の資格を、与えたのは、』で、『(b)僕が、(B)から、被った、損失の責任が、国にも、有る』(故に、『被告 1』)と、判断、また、『(B)を、被告 2』に、加えて、損害賠償請求を、提訴。

事件の番号
 平成28年(ワ)第2120号
留意 追記 令和02(皇紀 2680;2020)年08月23日
 本事件は、『費用倒れへの誘導的工作を、被った』と、判断するに、至って、いる。
解説
 「(弌)担当裁判体が、(B)を、法に、基く、弁護士事務所と、認めず」、「(弐)『訴状を、各弁護士の個々へ、送る』、故に、その分の送料を、原告が、予納を、行え」(不足分の訴状、三通分、及び、送料の予納、等の請求)の趣旨で、補正の命令が、有った。
補足
 『平成28年(少コ)第35号』では、立川簡易裁判所が、日本郵便 株式会社を、解する、形式で、「未成年に、訴状の送達を、行った」との事件が、生じて、いる、故に、『平成28年(ワ)第1991号 - 簡易裁判所による送達の事務的事故』も、提起されて、いる。
追記
 嘗て、僕は、現行の『法てらす』、『法定外紛争解決』、『01(弁護士が、零人、一人の)地域の撲滅』(各地方自治体には、顧問弁護士が、付いて、いる、事が、多く、その制度を、用いて、『無料 弁護士相談窓口の設置を、行なえ』と、促進を、行った、事も、有る:序に、司法書士、行政書士、税理士、等も、『無料 相談窓口、等の設置を、行なえ』と、「促進を、行って、いた、事も、有る」が、それらにおける、『弁護士の利益性に、本件の弁護士が、含まれて、いる、事』への憎悪は、精神的外傷にも、成って、いる。
警戒
 『裁判体と、弁護側とで、通謀が、有った、可能性を、疑う』にも、至って、いる。

関する、事件

書式の設定

  • 甲 原告
  • 乙 被告
  • 訴外
    • 立川簡易裁判所
      • 立簡裁
    • 地裁立
      • 東京地方裁判所 立川支部
    • 別被告
      • 別事件 被告(訴訟無能力者)
    • 別被代
      • 別事件 被告の法定代理人
補足
 被告の名前、及び事務所名は、後日に公開をする事を予定している。
追記
 被告弁護士、及び法律事務所に所属している全弁護士に対して、司法の資格をはく奪するようにと、別途で国へと請願を行う準備も行う。

概要

 は、他事件において、「乙弁が訴訟代理人でもないにも関わらず介入を行い、『送達物を受け取ったのが未成年者(訴訟無能力者)である』と連絡を行ってきた」と、立簡裁から連絡を受けた。

 また立簡裁から、「その乙弁が、『別被告の法定代理人を明かさない』とも告げられている」と、乙簡裁を介して間接的にを侮辱する(訴訟の妨害を含む)に至っている。

 後に立簡裁が職権で、別被告の法定代理人を調査するに至ったが、その結果では、「乙被告(未成年者)と同じ所に住んでいた」と判明。

 更に、事件が移送された地裁立・平成28年(ワ)第1956号において、本件で対象と成る乙弁、及び乙事務所から新たに他三名が加わり、別被告の訴訟代理人として委任状が地裁立へと提出され、それを地裁立(民事第三部 裁判部 部長)が認めるに至っており、それにおける地裁立の過失(信用の失墜)に付いては、が別事件()として争うに至る。

 よっては、乙弁、及び乙事務に対して、による裁判を受ける権利の妨害を行ったり、訴訟への意欲を削ごうと試みた事実に伴い、損害賠償の請求を行うに至る。

 なお別途で、乙弁、及び乙事務所に所属する全弁護士に対して、司法試験合格証を剥奪するようにと、国家へ請願する事も検討する。

訴訟の費用

訴額印紙1,000円
送料の予納現金3,000円内 還付0円
現金11,000円内 還付5,823円
 訴訟の費用に付いては、初期に裁判所から3000円で良いと言われたが、後に14000円を追加で請求を行われている。本説に付いても、別件で国へと損害賠償請求を行う。
追加金に付いて
 起因は、からの訴えを、強制的に各弁護士数に分割された事による。
追記
 裁判所からの請求が1万4千円だったので、「既に、3000円は、納入されているのだから、1万1千円を、請求すれば良いだろう」と、請求の改善を求めたら、それに裁判所が応じている。逆に、それが無ければ、過剰な請求を行った事に成る。更に、裁判が終了後に、送料の予納金が多額に余った場合には、過剰な請求として改めて裁判官を、職権の濫用者として、提起する事を検討する。

提起 平成28(皇紀 2676;2016)年09月16日

  • 平成28(皇紀 2676;2016)年09月23日
    • 送料の予納
      • 3千円
  • 平成28(皇紀 2676;2016)年10月12日
    1. 平成28年(ワ)第2231号との併合
  • 平成28(皇紀 2676;2016)年10月17日
    • 送料の予納 - 二回目 - 強要
      • 1万1千円

担当裁判体 - 民事 第二部 3B係

  • 裁判官
  • 書記官
    • 主任 中村 彰朗(なかむら あきろう)
追記
 本件を担当する裁判官の職歴(異動の履歴)に不信感を感じているので、確認を行う。

経過

  • 平成28(皇紀 2676;2016)年11月15日
    1. 第一回 口頭弁論

提出を行った書類

  • 平成28(皇紀 2676;2016)年10月03日
    • 準備の書面
      • 補正の命令に対する訂正、修正、釈明などを含む。
    • 証拠申出書
      • 尋問事項書
  • 平成28(皇紀 2676;2016)年11月15日
    1. 準備の書面2
      1. 答弁書に対する攻防
  • 平成28(皇紀 2676;2016)年11月22日
    1. 期日の請書
  • 平成28(皇紀 2676;2016)年11月28日
    1. 準備の書面3
      1. 請求の変更
      2. 乙2の訴訟代理人の忌避申立杖

書記官への連絡

  • 平成29(皇紀 2677;2017)年04月13日
    1. 決定書の受取
      1. 受取報告書
    2. 謄写の予定
      1. 受取報告書
      2. 保管金支払い一覧表
      1. 保管金に付いて
  • 平成29(皇紀 2677;2017)年04月19日 - 裁判所からの連絡序
    1. 判決決定書の受取に付いて
    2. 謄写の準備
      1. 保管金支払い一覧表
      2. 抗告権の棄権
    3. 保管金の関連
      1. 残金の受取
      2. 証明申請書

判決、決定、連絡など

  • 平成28(皇紀 2676;2016)年09月30日
    1. 補正の命令
      1. 即時での補正(訴状への訂正、加筆、釈明を含む)
  • 平成28(皇紀 2676;2016)年10月17日
    1. 期日の請書
  • 平成28(皇紀 2676;2016)年11月18日
    1. 事務の連絡
      1. 請求の趣旨を明確にするように。
  • 平成29(皇紀 2677;2017)年01月30日
    1. 受取
      1. 事務の連絡(による『準備の書面4』に対して、「乙1による弁論の準備は、行わない」事の連絡)
  • 平成29(皇紀 2677;2017)年04月05日
    1. 書類の引渡の連絡
      1. 国 訴訟代理人の変更書
  • 平成29(皇紀 2677;2017)年04月19日
    1. 判決決定書の受取に付いて

被告からの書類など

  • 平成28(皇紀 2676;2016)年11月04日
    1. 乙2 答弁書
      1. 証拠説明書
      2. 証拠の書類 - 丙第1〜4号証
  • 平成28(皇紀 2676;2016)年11月15日
    1. 乙1 答弁書
  • 平成28(皇紀 2676;2016)年12月09日
    1. 乙2 答弁書 - 甲による請求の変更に伴う答弁。
  • 平成29(皇紀 2677;2017)年01月06日
    1. 乙1 準備書面(1)

判決、決定、連絡など

令和02(皇紀 2680;2020)年03月06日 - 東京 地方 裁判所 立川支部 事務局 庶務 第二課

  • 民事 予納金
    • 証明の申請

令和元(皇紀 2679;2019)年04月24日 - 東京 地方 裁判所 立川支部 事務局 庶務 第二課

  • 民事 予納金 還付
    • 現金5,823円
      • 証明の申請

記録

甲による、謄写

令和02(皇紀 2680;2020)年10月29日 - 東京 地方 裁判所 立川支部 民事 訟廷 記録係

  • 予納 郵便の切手 管理袋
  • 保管金 受払 一覧表
  • 電話 聴取 書
    • 平成29(皇紀 2677;2017)年04月05日 10時05分
      • 受信者 担当書記官
    • 平成28(皇紀 2676;2016)年12月27日 15時15分
      • 受信者 担当書記官
    • 平成28(皇紀 2676;2016)年11月18日 13時40分
      • 受信者 担当書記官
    • 平成28(皇紀 2676;2016)年10月18日 10時48分頃
      • 受信者 担当書記官
    • 平成28(皇紀 2676;2016)年10月17日 15時頃
      • 受信者 担当書記官
    • 平成28(皇紀 2676;2016)年20月14日 14時45分
  • 口頭 弁論 調書
    • 第四回 口頭 弁論 調書 - 判決の言渡
      • 平成29(皇紀 2677;2017)年04月13日 15時00分
    • 第三回 口頭 弁論 調書
      • 平成29(皇紀 2677;2017)年03月02日 15時45分
    • 第二回 口頭 弁論 調書 - 乙2分
      • 平成29(皇紀 2677;2017)年03月02日 15時45分
    • 第二回 口頭 弁論 調書 - 乙1分
      • 平成29(皇紀 2677;2017)年01月17日 11時30分
    • 第一回 口頭 弁論 調書
      • 平成28(皇紀 2676;2016)年11月15日 11時00分
    • 第一回 弁論 準備 手続 調書
      • 平成29(皇紀 2677;2017)年01月18日 13時30分
  • 民事事件記録等、閲覧・謄写票
    • 令和02(皇紀 2680;2020)年09月30日分
    • 平成29(皇紀 2677;2017)年04月24日分
    • 平成29(皇紀 2677;2017)年01月18日分
      • 乙2 申請者 司法協会
      • 委任状
    • 平成28(皇紀 2676;2016)年11月16日
      • 乙2 申請者 司法協会
      • 委任状
    • 証人、等、目録
    • 書証 目録
      • 乙2

令和02(皇紀 2680;2020)年09月30日 - 東京 地方 裁判所 立川支部 民事 訟廷 記録係

  • 予納 郵便の切手 管理袋
    • 平成28年(ワ)第2120号分
    • 平成28年(ワ)第2231号分
  • 保管金 受払 一覧表
  • 口頭 弁論 調書
    • 第四回 - 判決
      • 平成29(皇紀 2677;2017)年04月13日 15時00分
    • 第三回
      • 平成29(皇紀 2677;2017)年03月02日 15時45分
    • 第ニ回 - 乙1分
      • 平成29(皇紀 2677;2017)年03月02日 15時45分
    • 第ニ回 - 乙2分
      • 平成29(皇紀 2677;2017)年01月17日 11時30分
    • 第一回
      • 平成28(皇紀 2676;2016)年11月15日 11時00分
  • 電話 聴取 書
      • 平成29(皇紀 2677;2017)年04月05日 10時05分
      • 平成28(皇紀 2676;2016)年12月27日 15時15分
      • 平成28(皇紀 2676;2016)年11月18日 13時40分
      • 平成28(皇紀 2676;2016)年10月18日 10時48分
      • 平成28(皇紀 2676;2016)年10月17日 15時頃
      • 平成28(皇紀 2676;2016)年10月14日 14時45分
      • 平成28(皇紀 2676;2016)年10月04日 11時30分
  • 口頭 聴取 書
      • 平成29(皇紀 2677;2017)年04月24日 15時05分
      • 平成29(皇紀 2677;2017)年01月30日 12時07分
    • 乙2
      • 平成29(皇紀 2677;2017)年01月30日 09時38分
  • 民事事件記録等、閲覧・謄写票
      • 平成29(皇紀 2677;2017)年04月24日分
      • 平成28(皇紀 2676;2016)年11月16日分
    • 決定書 - 併合の件
      • 平成28(皇紀 2676;2016)年10月12日付
    • 命令 - 呼出
      • 平成28(皇紀 2676;2016)年11月18日付
    • 第一回 弁論 準備 手続 調書
      • 平成29(皇紀 2677;2017)年01月18日付
    • 委任状 - 謄写 - 乙2
      • 平成28(皇紀 2676;2016)年11月15日付

関連する書記官との対話(音声)

あとがき

成果

関する、法規

弁護士法

  • 電子的政府
    • 公布
      • 令和二年五月二十九日
    • 改正
      • 令和二年 法律 第三十三号

第三十条の二(設立等)

 弁護士は、この章の定めるところにより、第三条に規定する業務を行うことを目的とする法人(以下「弁護士法人」という。)を設立することができる。

二項
 第一条の規定は、弁護士法人について準用する。

第三十条の三(名称)

 弁護士法人は、その名称中に弁護士法人という文字を使用しなければならない。



トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-11-16 (月) 12:24:40 (19d)