Top / 自由な研究 / 訴訟 / h28 / ワ2231

相手方の弁護を行った弁護士へ損害賠償請求 事件

提訴
 平成28(皇紀 2676;2016)年10月03日

 甲は、乙弁護士から、平成28年(ワ)第1956号の事件において、公然と、違法な(民法 第四百十二条 三項に、反する)主張、及び、侮辱を、被った。

 よって、甲は、乙2に、損害(慰謝料、等)の賠償を、請求するに、至る。

 なお、甲は、乙にも、「乙2に、司法の資格を、与えた、責任」との観点から、損害賠償請求を、行うに、至って、おり、本件は、平成28年(ワ)第2120号と、一連の事件と、成る。

書式の設定

  • 乙1
  • 乙2
    • 乙法律事務所
      • 乙弁護士
      • 乙他弁護士

訴訟の費用

訴額1,000円
予納を行った郵券****円

担当裁判体 東京 地方 裁判所 立川支部 民事 一部

  • 担当裁判官
  • 担当書記官 主任
    • 村上 裕代(むらかみ )

提出を行った書類

判決、決定、連絡など

平成28(皇紀 2676;2016)年10月13日 - 決定

記録

甲による、謄写

 - 東京 地方 裁判所 立川支部 民事 訟廷 記録係

  • 予納 郵便の切手 管理袋
  • 保管金 受払 一覧表
  • 電話 聴取 書
  • 口頭 弁論 調書
    • 第一回

書記官との対話(音声)

成果

後書き

関する、法規

民法(電子的政府

改正
 平成二八年六月七日 法律 第七一号

第四百十二条(履行期と履行遅滞)

 債務の履行について確定期限があるときは、債務者は、その期限の到来した時から遅滞の責任を負う。

二項
 債務の履行について不確定期限があるときは、債務者は、その期限の到来したことを知った時から遅滞の責任を負う。
三項
 債務の履行について期限を定めなかったときは、債務者は、履行の請求を受けた時から遅滞の責任を負う



トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-08-28 (金) 15:24:38 (55d)