Top / 自由な研究 / 訴訟 / h28 / ワ2327

裁判官による職権の濫用 そのニ 事件

 別件と成る、平成28年(ワ)第1956号事件の担当裁判官は、第一回目の口頭弁論において、「(甲)裁判官が、公然と職権の乱用を行い、(乙)それによりが侮辱された」ので、それに対する損害賠償請求を行う。

補足
 訴訟の手続きにおいての担当書記官、並びに担当裁判官は、「による訴訟の手続きに付いて、(A)妨害を試みられつつ、(B)の心境を害する活動(心的な外傷を生じさせる事)も行われた」と判断するに至っている。

平成28年(ワ)第2327号

関する、課題

関する、事件

書式の設定

  • 原告
    1. 僕 - 甲
  • 被告
    1. 国 - 乙
      1. 代表者 法務大臣 金田 勝年
      2. 指定代理人 - 小渕 和幸

担当裁判体 - 丙

東京地方裁判所 立川支部 民事第一部 4B係

  • 担当裁判官
  • 担当書記官
    • 主任 増井 俊満(ますい としみつ)

訴訟の費用

訴額印紙1,000円
郵券の予納現金1,500円

経過

提出を行った書類

決定、連絡など

被告からの書類

  • 平成28(皇紀 2676;2016)年11月28日
    1. 答弁書
  • 平成28(皇紀 2676;2016)年12月05日
    1. 準備書面(1)
      1. 証拠説明書(1)
      2. 乙第一号証                                     

判決 > 平成28(皇紀 2676;2016)年12月20日

 後日に、全文を公開する予定。

主文

  1. 原告の請求を棄却する。
  2. 訴訟費用は、原告の負担とする。

補足

  • 訴訟の進行における督促
    • 民事訴訟法・第二条

関連する書記官との対話(音声)

成果

あとがき

追憶 平成30(皇紀 2678;2018)年02月13日

 本件に関する裁判所の対応(裁判官による訴訟の指揮、及び書記官の対応)は、「(A)僕の心境を害する事、(B)それに伴い、反政府意識を育てる事が目的だった』(国家公務員法・第九十九条の違反)と判断するに至っている。

関する、法規

民事訴訟法(電子的政府

改正
 平成二四年五月八日 法律 第三〇号

第二条(裁判所及び当事者の責務)

 裁判所は、民事訴訟が公正かつ迅速に行われるように努め、当事者は、信義に従い誠実に民事訴訟を追行しなければならない。

民法(電子的政府

改正
 平成二八年六月七日 法律 第七一号

第四百十二条(履行期と履行遅滞)

 債務の履行について確定期限があるときは、債務者は、その期限の到来した時から遅滞の責任を負う。

二項
 債務の履行について不確定期限があるときは、債務者は、その期限の到来したことを知った時から遅滞の責任を負う。
三項
 債務の履行について期限を定めなかったときは、債務者は、履行の請求を受けた時から遅滞の責任を負う

国家公務員法(電子的政府

公布
 平成二十七年九月十一日
改正
 平成二十七年 法律 第六十六号

第九十九条(信用失墜行為の禁止)

 職員は、その官職の信用を傷つけ、又は官職全体の不名誉となるような行為をしてはならない。


閲覧数 総計:119 今日:2 昨日:0


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-08-08 (土) 16:39:01 (46d)