Top / 自由な研究 / 訴訟 / h28 / ワ2660

書記官による職権の濫用 事件

事件の番号
 平成28年(ワ)第2660号
提訴
 平成28(皇紀 2676;2016)年11月22日

 平成28年(ワ)第1956号の判決に伴い、甲が控訴権の棄権を行い、それによって事件が終結するに至った。

 事件の終結に伴い、訴訟費用確定の手続きが行われるが、それに対してが先行して費用の確認を行う為にと、民事訴訟法・第七十一条に基づき、訴訟費用額の確定(東京地方裁判所 立川支部 平成28年(モ)第280号)を、担当の裁判体へと請求するに至った。

 ところが担当書記官からは、訴訟費用額確定処分が行われ、その主文に「申立てを却下する」と記され、理由として「本案の訴訟費用は、原告が負担する事と成っており、申立人には、費用償還請求権がない」と記されていた。

 が行った訴訟費用額の確定は、仮に平成28年(ワ)第1956号の事件における被告が、訴訟費用請求が有った場合には、が支払え」との判決に成っており、それに伴ってが、『将来に生じるか可能性が有る債務を確認する(正当的防衛)』でもあったが、それを拒絶された。

 そこでは、裁判所から受けた職権の乱用を基礎に、本件を提起するに至った。

留意
 なお、東京地方裁判所 立川支部では、初期に何であれの請求を認めず、法に基づく、説明も止めつつ(初期に裁判所は、その説明を拒む事が多々に有った)、更に控訴、抗告させようとする傾向もある。
対策
 どんなに不条理な判決が出ても、控訴、抗告を行わず、裁判官、書記官に責任を追わせる。
どのように
 只単に、「甲が国民の一人として、努力をするのは、ここまで」と言う展開で処理を行う。もともと、甲が行っている行政に対する監査の活動では、裁判所による経済(経世済民)的な効果を遥に上回っており、更に指定暴力団などによる犯罪利益性の欲勢力に至っても、甲の方が上回っているので、それに劣る機関を利用する甲(民:もともと世間一般では、「裁判所の機能は、然程に役に立ってない」と言うのは、どこの国でも同じ)が、良くないと言う事に成るが、今回の場合は、裁判所への再々的調査を兼ねており、「昔と比べれば、少々に良くなったのか」と言う程度の評価に留まる。
追記
 それらに基づき別件で色々と調査を行っていたが、その調査で人事的関係において、東京地方裁判所 立川支部の職員における管理職の人事的管理は、東京高等裁判所で行われている(つまり、地方裁判所における管理職系人事は、高等裁判所で管理している)事が解り、それを期に雇用関係を調べたところ、不自然な職歴を有する者が多く居る事も解り、挙句の果てに東京地方裁判所 立川支部 庶務第一課 課長は、「組織的に行われている事で有って・・・」っと、人事的な事案などに付いて主張するようにも成っていた。

書式の設定

  • 甲 - 原告
  • 乙 - 被告
      • 東京 地方 裁判所 立川支部 

関する、事件

訴訟の費用

訴額1,000円
郵券の予納3,000円内 還付1,098円

担当裁判体

東京 地方 裁判所 立川支部 民事 第一部

  • 担当裁判官
  • 担当書記官
    • 小川 一世(おがわ かずよ)*1
      1. 訴訟の手続きにおいて、妨害を、被った、事を、東京 地方 裁判所 立川支部 庶務 第一課へと、苦情の申立てを、行って、いる。

経過

甲から、丙への連絡

甲による、丙(乙を、含む)へ、提出を、行った、書類、等

[[平成29(皇紀 2677;2017)年02月09日>]] - 窓口

  • 口頭の申述
    • 控訴権の棄権

[[平成28(皇紀 2676;2016)年12月20日>]] - 窓口

  • 期日の請書

提出待

書類の作成

令和** - 窓口

  • 訴状
  • 訴額
    • 印紙
      • 1,000円

乙からの書類、等

令和** - 受取

  • 乙 答弁書
    • 書面に、明記された、日付
      • 令和**
    • [[答弁書の一部>]]
      • 山小屋(万屋の Blog) 法学の研究::本人訴訟伝

丙からの連絡、送達、手交、等

平成29(皇紀 2677;2017)年02月09日 - 窓口

  • 手交
    • 判決の正本

平成28(皇紀 2676;2016)年12月12日

  • 事務の連絡 - 全て、未決(丙による、訴訟手続きの妨害を確認)
    • 併合の件
    • 期日の件
    • 送料 予納の件
      • 国庫立替金での対応を、拒絶

令和** - 窓口

  • 手交
    • 乙 答弁書

開廷

平成29(皇紀 2677;2017)年02月09日 - 第ニ回 口頭 弁論 - 判決

    • 欠席
    • 欠席

平成29(皇紀 2677;2017)年01月30日 - 第一回 口頭 弁論

    • 陳述
      • 訴状
    • 陳述
      • 答弁書
    • 訴訟の指揮
      • 弁論の終結

丙からの決定、命令、判決、等

平成29(皇紀 2677;2017)年02月09日付 - 判決の言渡

  • 主文
  • [[判決 正本 写>]]
    • 山小屋(万屋の Blog) 法学の研究::本人訴訟伝

郵送費の予納

東京 地方 裁判所 立川支部 事務局 庶務 第二課

平成29(皇紀 2677;2017)年02月09日 - 窓口

  • 民事 予納金 - 還付
    • 現金
      • 1,098円
    • 証明の申請
      • 民事 予納金

平成28(皇紀 2676;2016)年12月20日 - 窓口

  • 民事 予納金 - 郵送料
    • 現金
      • 3,000円
    • 保管金 受領 証書

記録

甲による、謄写

令和02(皇紀 2680;2020)年12月28日 - 東京 地方 裁判所 立川支部 民事 訟廷 記録係

  • 予納 郵便の切手 管理袋
  • 保管金 受払 一覧表
  • 電話 聴取 書
    • 平成29(皇紀 2677;2017)年01月24日 13時35分頃
    • 平成28(皇紀 2676;2016)年12月16日 13時10分頃
    • 平成28(皇紀 2676;2016)年12月15日 13時50分頃から、15時30分頃
    • 平成28(皇紀 2676;2016)年12月09日 16時00分頃から、16時40分頃
  • 口頭 弁論 調書
  • 民事事件記録等、閲覧・謄写票
  • 民事 事件 記録 等、閲覧・謄写 票
    • 平成29(皇紀 2677;2017)年04月24日付
      • 申請人 - 甲
    • 平成29(皇紀 2677;2017)年02月09日付 そのニ
      • 申請人 - 甲
    • 平成29(皇紀 2677;2017)年02月09日付
      • 申請人 - 甲
    • 口頭 申述 聴取 調書
      • 平成29(皇紀 2677;2017)年02月09日 15時10分
      • 控訴権の棄権

書記官との対話(音声)

後書き

成果

関連する書記官との対話(音声)

期日の件 紛争と、成った、事案

 後日に、全容の公開を、予定。

 また、担当裁判官は、「H.20.10.16 ~ H.23. 3.31 長野地家裁松本支部判事補・松本簡裁判事、H.20. 4. 1 ~ H.20.10.15 長野地家裁松本支部判事補を努めていた」らしいが、「嘗て大規模な無差別殺人(松本さりん*2)事件に付いても、僕が立川支部から受けたような行為によって引き起こされた(裁判所が誘発を行った)のか」と、疑うに至る。

 ちなみに僕の経世済民活動では、松本さりん事件を発生させた集団、及び、誘発を試みた他の宗教、思想や個人を含め、それらを『脅威』として、憲法の前文に習い、この球上から根絶する事を求めている。

 よって、実行者も悪いが、それへと誘導を行った者達も等しいと判断しつつ、合法的に排除する事を促進する。

平成28(皇紀 2676;2016)年12月12日

  • **時**分 『裁判所からの候補日における最短』*3と伝えているのに、それを「それって、いつですかぁ」等と、言い返され論争。
    • また、「送料が予納されてない」とも指摘されているが、「他事件との併合を検討されたい」との旨を伝えていたので、それによる事情と書記官が把握を行っていながらが、故意で送料の予納を前提に、期日に付いても、関連して拒まれた。
    • 更に、当方で色々と事務的事情が有り、「今回の送達に限り、国庫立替金で対処されたい」との旨を伝え居てた。
  • 平成28(皇紀 2676;2016)年12月16日
    1. 13時07分
      1. 当方は、食事中だった。
    2. 14時01分
      1. 前回の謝罪が無く、反省が無い公務員として不信感が増すに至っている。
  • 平成29(皇紀 2677;2017)年01月30日 - 弁論 裁判官、書記官を始めて確認(身分証の確認は、無い)
    1. 弁論にて、始めて顔を合わせたが、前回の件における紛争の謝罪が無い。
      1. 訴訟手続きの妨害を行った自覚もないと判断。
      2. 法定内で「裁判官と連対で、故意に手続きの妨害が行われた件」の主張を行ったが、裁判官側でも否定が無かった。
  • 参考

成果

あとがき

関する、法規

民事訴訟法(電子的政府

※ 留意
 平成29(皇紀 2677;2017)年02月01日における記載時の時点

第七十一条(訴訟費用額の確定手続)

 訴訟費用の負担の額は、その負担の裁判が執行力を生じた後に、申立てにより、第一審裁判所の裁判所書記官が定める。

二項
 前項の場合において、当事者双方が訴訟費用を負担するときは、最高裁判所規則で定める場合を除き、各当事者の負担すべき費用は、その対当額について相殺があったものとみなす。
三項
 第一項の申立てに関する処分は、相当と認める方法で告知することによって、その効力を生ずる。
四項
 前項の処分に対する異議の申立ては、その告知を受けた日から一週間の不変期間内にしなければならない。
五項
 前項の異議の申立ては、執行停止の効力を有する。
六項
 裁判所は、第一項の規定による額を定める処分に対する異議の申立てを理由があると認める場合において、訴訟費用の負担の額を定めるべきときは、自らその額を定めなければならない。
七項
 第四項の異議の申立てについての決定に対しては、即時抗告をすることができる。


*1 男性だが、職員証、等にて、当人の確認を、行えて、ない、者。
*2 当時には、「創価学会による盗聴などの事件も発生しており話題に成っていたが、それを塗り潰すように発生した事件でもある」との認識が強い
*3 事前に、「候補日が幾つか有りまして」と言われていた」ので、『その公報日における最短』

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2021-01-29 (金) 23:59:32 (76d)